『革靴好き100人が選ぶ好きなブランド』トップ10‼︎ ランキング1位は……【革靴選びの参考に】
スポンサーリンク

革靴好き100人が選ぶ好きなブランド

皆さんはこちら↓の投稿をご存知ですか?

これは @kotetsu.okinawa さんがInstagramでアンケートを実施・集計し好きなブランドランキングを作成したものです。

なんと100人の方からアンケートを取っています
@kotetsu.okinawaさん

Instagramで革靴の投稿を数多くされている方。足元や靴磨きの写真など素敵な写真がいっぱいです。ストーリーズではいろいろなアンケートも実施しています。

革靴好きな方なら要チェック&フォローです。

▶︎ @kotetsu.okinawa

私自身もこのランキングは興味深く、実際皆さんはどんなブランドが好きなんだろうと思っていました。

そして、ランキングの結果を見たときに…

へぇーそうなるんだ

と、納得と意外な一面も見られました。

ランキングが面白かったので、@kotetsu.okinawa さんに連絡をとり、今回私のブログでも紹介させて頂けることになりました。

ありがとうございます

ということで早速ランキングを見ていきましょう。

第10位 Paraboot

10位に選ばれたのはパラブーツでした。

これを見た時の率直な感想は…

意外…

でした。

Instagramで見ない日はないくらいの人気ブランド。トップ10には確実に入ってくると思っていましたが、まさか10位とは。

トップ5くらいだと思っていました

【関連記事】【革靴ブランド解説】さくっとParaboot紹介。これを読めばParabootの特徴がだいたいわかる。

おそらくファッション好きの方からの人気は高いブランド。しかし、革靴好きからすると3、4番手くらいの実用靴って感じなのでしょうか。

確かに私もパラブーツを所有していますが、1番好きかって言われると…。雨でも履ける実用靴なら1番ですね。

といってもパラブーツは魅力的なブランド。自社生産のラバーソールや登山靴に使われるノルヴェージャン製法、雨にも強いリスレザーなどなど。

実用性を求めるなら買って損はないブランドです。

特にシャンボードは雨の日に履ける革靴として、もはや絶対の定番モデル。ファッション性も高くカジュアル使いできます。30代以上になって、「スニーカーだとな〜」と思ってきた方や「大学生だけど大人っぽくなりない」方などなど。そういった方達の最初の一足としてもおすすめです。

【関連記事】【革靴】初めてのパラブーツにおすすめする4モデル。この中から選べば間違いない。

【関連記事】【革靴】Paraboot購入ガイド。店舗や通販で買う前に知っておきたい4つのこと。

逆にパラブーツが10位ということで、このランキングは「ガチの革靴好きが答えたのでは⁉︎」という思いになりました。この後のランキング結果がすごく気になってくるはずです。

第9位 JOSEPH CHEANEY

9位に選ばれたのはチーニーでした。

やはりアニ散歩でお馴染みのアニキ、いやっキーアニの影響が大きいのではないでしょうか。

知らない方がいたらすいません

【関連記事】【アニ散歩】アニキが訪れたお店まとめ−2018年版−

チーニーは1886年に創業し、すでに130年以上の歴史があるブランド。2011年の125周年時には新しく125ラストを開発。アーカイブにあったラストを現代人向けにアップデートしたラストです。ヒールがタイトになっているので小ぶりな踵の多い日本人にもあいやすいラストです。

ドレスシューズとしては、この125ラストを使った125コレクションシティコレクションがメインです。125コレクションはクラシックなフォルム。シティコレクションは現代的なモダンなシルエットです。服装や好みに合わせて選ぶことができます。

また、カジュアル向けのコレクションもあります。

それがカントリーコレクション

その中でケンゴンは気になる存在。コマンドソールにバーガンディのシボ革、そしてミリタリーラストを使っており男心をくすぐってきます。私もチーニーの中で1番気になっているモデル。シボ革ってのがいいんですよね。耐久性が高く、雨にも強いので、ガシガシ履いてヤレさせたいです。

【関連記事】【妄想レビュー】チーニーが欲しーにー。-素晴らしいエイジングを見せるケンゴン-

選択肢が多いのも魅力ですね

YouTubeなどのメディアでも取り上げられているため、最近のイギリス靴の中では最も注目されているブランドではないでしょうか。

第8位 Crockett & Jones

8位に選ばれたのはクロケット&ジョーンズ。

007記念モデルが発売されましたね

長くOEMをしていただけに、ラストの豊富さは世界一と言われています。そのラストの中には日本人向けに改良されているものもあり、イギリス靴好きの日本人からも愛されるブランドです。

ドレスシューズのイメージが強く、ビジネスマンからの熱い支持もあったのではと予想できます。

履き心地とビジネスシューズとしての質の良さが評価されてランクインしたのではと思います。

また、イギリス靴では珍しくホーウィン社のコードバンを使ったモデルもいくつか展開しています。レアカラーと呼ばれるウイスキーや珍しいネイビーやグリーンカラーもあります。ローファーに関してはコードバンのアンラインドで履き心地もいいです。

コードバンだと価格は高くなりますが、希少性の面から見ても見つけたら買いの一足です。

【関連記事】【革靴情報】Tassels香港でCrockett & Jonesのコードバン祭り。レアカラーも網羅。

第7位 CARMINA

7位に選ばれたのはカルミーナ。

ランキングで唯一のスペイン靴

カルミーナはスペインのブランド。

スペイン靴?

あまり聞き馴染みがない方もいるかと思いますが、実はヨーロッパでも有数の靴生産国。スペイン靴はイギリス靴のような正統派な革靴もあればイタリア靴のような甘美な革靴もあるというのが特徴です。

カルミーナは伝統的なグッドイヤー製法を使っており、イギリス靴のような印象を持ちます。

カルミーナというブランドは1997年に誕生した比較的新しいブランド。ですがルーツは1886年まで遡ります。詳しくは下記のカルミーナの歴史をご覧ください。

コードバンを使ったモデルも豊富にあることから私も気になっているブランドです。特にダブルモンクストラップのコードバンはコードバンシューズで有名なオールデンにないデザインです。

カルミーナのHPでは靴のカスタマイズもできます。自分だけの一足を既製靴価格で手に入れれるのは素晴らしいです。

これからさらに注目されるようなブランドです。

第6位 Tricker’s

6位に選ばれたのはトリッカーズ。

「カントリーブーツやウイングチップといえば?」で真っ先に思い浮かぶブランドです。

【関連記事】【革靴ブランド解説】さくっとTricker’s紹介。これを読めばTricker’sの特徴がだいたいわかる。

1829年創業の老舗中の老舗だけあって、やはり根強い人気がありランクインしました。個人的にはもう少し上の順位だと思っていましたが…

所有しているブランドは贔屓しがちです…

おそらくトリッカーズを所有している大半の方がウイングチップのバートンかカントリーブーツのモールトンだと思います。

私はプレーントゥですけど

【関連記事】【革靴紹介】Tricker’s Woodstock Review:シンプルだけどごっついプレーントゥ。カントリーブーツと同じラスト(木型)

堅牢な作りで長く履けるだけあって、昔からのファンが多いブランドだと思います。Instagramを見ていると中には20年選手のものも。私もそこまで履いていきたいです。

「長く履けるおすすめの革靴は何ですか?」と聞かれたら、やっぱりトリッカーズと答えますね。実際に履いていてそう感じます。ですが、馴染むのに時間がかかるのでその点はちょっとしたデメリットです。

【関連記事】【革靴】トリッカーズのおすすめモデル5選。長く履けてエイジングを楽しみたいならやっぱりトリッカーズ。

伝統と格式があり、定番モデルは今も作り続けているブランド。流行に流されることなく、ずっと愛されるようなブランドです。

このランキングが何回行われてもトップ10には入り続けるはずです。

第5位 Edward Green

第5位に選ばれたのはエドワードグリーン。

イギリス靴の最高峰の呼び声高いエドワードグリーンが5位にランクインです。

エドワードグリーンといえばUチップのドーバー

王道ストレートチップでスワンステッチの入ったチェルシー

が有名です。ともに15万円以上もするいわゆる高級革靴。憧れを持つ方も多いのではないでしょうか。

私もいつかはドーバーを。いやっチェルシーもいいな。

既製靴の中では最高級品。流石に何足も所有するのは難しいです。その分、一足一足に愛情を持った方が多いのではないでしょうか。

それが好きな革靴ランキングに反映されたと思います。

【EDWARD GREEN / エドワードグリーン】DOVER / ドーバー

第4位 SCOTCH GRAIN

第4位に選ばれたのはスコッチグレイン。

来ました。日本のブランド

革靴といえば、やはり欧米の文化。そのためこのランキングも欧米ブランドが中心。

その中で4位に来たのが日本のブランドであるスコッチグレイン。

失礼かもしれませんが、個人的には4位になったことが意外。トップ10には入れてもトップ5に入れるとは思っていませんでした。それくらい欧米ブランドが優勢と感じてるためです。

スコッチグレインはやはりコスパの面で欧米ブランドよりもはるかに優れています。3万円台から本格革靴が購入可能。

イギリスブランドなら8万円以上ですよ

【関連記事】【革靴初心者向け】3万円台(以下)で買えるコスパのいい革靴ブランド5選。【大学生にもおすすめ】

しかし、コスパが優れているからと言って好きなブランドになるかは別問題。それでも4位にランクインしたということは、コスパ以外も評価されたからです。

履き心地、革質、製法など。これらは所有していないと本質はわかりません。

そのため、4位という結果は知名度や憧れからくるものではなく、所有者が実際に履いて好きになったということだと思います。

この結果は日本の革靴ブランドが欧米ブランドに勝るとも劣らないことの証明になったのではないでしょうか。

なんか盛大な話になりました。深読みかもしれませんが…

第3位 Church’s

3位に選ばれたのはチャーチ。

やはり来ました大本命のイギリスブランド

イギリス靴、いやっ革靴を語る上で外せないブランドです。

なぜなら「革靴の常識を変えた歴史」があるからです。

1870年代当時、靴というのは左右の区別がない形状が多くを占めていましたが、チャーチは左右を別にして製造しました。さらにはハーフサイズを取り入れるなど当時の常識を変えました。

そして熱狂的なファンの存在も大きいです。チャーチはプラダの傘下というのは有名な話。プラダ傘下に入ってからは、よりトレンドを意識したモデルが販売されました。しかし、旧モデルとのギャップが強くプラダ傘下前のモデルがフューチャーされる結果となりました。それ故「オールドチャーチ」というのはプレミアがついたり、高値で取引されたりなどしています。

オールドチャーチの見分け方も比較的簡単で、インソールのロゴにある都市名の数で判断できます。現行モデルは5都市。この都市名が少なくなるほど古い年代となります。オールドチャーチや旧チャーチと呼ばれるものは3都市以下のモデルを指します。

もちろん現行モデルも素晴らしいのですが、こういった宝探し感を持つブランドというのは男のロマンを掻き立てます。これもチャーチを好きな理由として今回のランキングに反映されたはずです。

ちなみに私はシャノンの愛用者です

【関連記事】【革靴紹介】Church’s Shannon Review:コードバンのシャノン。そうコードバン。大事なので2回言いました。

第2位 Alden

2位に選ばれたのはオールデン。

ついに来ました私の本命オールデン

ちなみに私はオールデンに1票入れています。

晴れた日にはInstagramでコードバンのオールデンがこれでもかってくらい見れます。

それくらい人気があります。

【関連記事】【革靴ブランド解説】さくっとAlden紹介。これを読めばAldenの特徴がだいたいわかる。

正直言って1位だと思っていましたが、結果は2位。

1位のブランドを知ったら納得はしました

オールデンの魅力をいろいろと語りたいところですが、今回は2つの魅力を語ります。

それが…

コードバン

ラスト

オールデンといえばコードバン。革靴好きなら知っているはずです。希少性が高く、デリケートな素材、そして価格が高いながらもコードバンに魅了され購入する人は後を立ちません。

私もそのひとり

コードバンの特徴は光沢と履き皺。他の革にはない特徴。これが最高なんです。

これを求めてコードバンを手に入れていると言っても過言ではありません。

そしてコードバンは定番のバーガンディとブラックカラーの他にレアカラーと呼ばれるものがあります。

これを探し求めている方も多いはず。

私もそのひとり

レア」この言葉に男は条件反射で反応しています。レアカラーの存在がオールデンの魅力を引き立てているのかもしれません。

【関連記事】【革靴】Aldenを選ぶなら、コードバンか?カーフか?どっちがいいのか比較してみよう。

さらにラストも魅力的。代表的なものはバリーラスト、モディファイドラスト、ミリタリーラスト。

中でもモディファイドラストは熱狂的なファンがいます。

私はどっちかっていうとミリタリーラスト派ですけど

【関連記事】【革靴】Aldenの定番ラストモディファイドラストとミリタリーラストを比較する。

土踏まずが絞られ、持ち上げるようになっているのがモディファイドラストの特徴。これによって他のラストにはない履き心地が実現しています。

一度履いたらヤミツキになります。そして忘れられなくなりリピートを繰り返す。

いわゆるモディファイドジャンキーです。(こんな言葉はありません。初めてこの言葉を使いました笑)

ラストを語るとキリがないのでやめますが、オールデンの魅力は伝わったと思います。

【関連記事】【Alden】オールデンのラストまとめ。15種類のラストと個人的おすすめランキングを紹介。

そんな魅力的なオールデン。結果は2位。

これを抑えて1位になったのはなんだったのでしょうか?

第1位 J.M.WESTON

1位に選ばれたのはウエストン。

おめでとうございます

上位にくると思っていましたが、まさか1位とは。いやっまさかではなく、納得の1位です。

ウエストンを語る上で外せないモデルが…

ゴルフ

ローファー

説明不要の有名モデル。

そして「万力締め」も欠かせない言葉です。

【関連記事】【妄想レビュー】あなたはこの締め付けに耐えられるか⁉︎by J.M.Weston。万力締めと呼ばれるゴルフとローファーのフィッティング。

タイトフィットで馴染ませて、最高のフィット感にする。そんな履き方から言われている言葉です。最初は痛さのあまり半日しか履けない方もいるほどです。こんなこと言われたら「本当にいい靴なの?」と疑問に思うかもしれませんが、皆が口を揃えていうのが「ある時から最高のフィット感になった」ということです。

にわかには信じられませんが、これは履いた方にしかわからない履き心地です。

この履き心地こそがウエストンを好きな理由なはずです。

さらに、ウエストンは革の質がいいです。多くの方の履かれている写真を見てきましたが、「これって本当に何回も履いてるの?」ってくらい綺麗な見た目です。履き皺がほとんど見えないモノも多いです。

しかもオールデンのレアカラーのごとく、ウエストンでは「ロシアンカーフ」と呼ばれる革が存在します。現在は使われていないようなのですが、きめ細やかな革は現在のカーフとは違った印象を持つようです。

また、革の上品さを兼ね備えながら作りはタフ。特にゴルフはジャーナリストシューズと呼ばれています。ジャーナリストといえば歩いて、歩いて、歩いて、ひたすら歩いてってイメージがあります。そんな方達が履いてもへこたれないシューズ。それがゴルフなのです。

とウエストンも語り出したらキリがありません。

しかも驚くことに…

私はウエストンを所有していません…

そうなんです。私、ウエストン持ってないんです…

そんな持っていない私でもこれだけの魅力を語ることができる。これがウエストンであり、多くの方が好きな理由です。

ウエストンの1位。

納得の1位です。

まさかのランキング外ブランド

ここでは私が…

えっランキングに入ってないの?

と思ったブランドを紹介します。

JOHN LOBB

キングオブレザーシューズと呼び声高いジョンロブ。

そんな革靴の王様がまさかのランク外です。

Oh my god

ですが、なんとなく理由はわかります。

それは…

高嶺の花過ぎるってことです。

好きなブランドって言われたら、やっぱり自分の持っているブランドを選びますよね。

「好きな人は?」と言われて恋人や妻を選ぶように。(中には違う人もいるかもしれませんが…)

そうなると100人いたら全員が持っているようなブランドではないんですよねジョンロブは。

私は持ってますけど。もちろん中古で手に入れましたけど…

【関連記事】【革靴紹介】JOHN LOBB Chambord Review :シャンボードだけどジョンロブだよ。ジョンロブだけどシャンボードがあるんだよ。

【関連記事】【革靴紹介】JOHN LOBB LOPEZ:怠け者に見えない上品なローファー。

憧れが勝り、好きなブランドとしては後回しにされてしまい今回はランク外になってしまったと思います。

でもトップ10には入っていると思ってたなぁ〜

憧れの革靴ブランドランキングなら間違いなくトップ10。いやっ1位かも。

Regal

最初のビジネスシューズとしてお世話になった方も多いと思うブランド。

それが…

リーガル

私も最初のビジネスシューズはリーガルです

ビジネスマンの中では知名度が高いはずのリーガル。しかし結果はランク外。

おそらく理由は…

普通だから

特に頑張らなくても手に入ってしまう入手性と価格の安さ。

履き心地は特別良いわけでもない。ちなみに私は履いたその日に靴擦れで血が出ました。

正直普通な革靴ですので好きかって聞かれても…「まぁ」って感じだと思います。

だからランク外。これが私が考えた理由です。

あながち間違ってはないと思います

しかし、リーガルも素晴らしいモデルがあります。

ちなみに私が履いていたのはアウトレットで買った2足目無料になるような低価格モデル。

リーガルトーキョーでは、パターンオーダーで工房職人による九分仕立ての靴がオーダーできます。製造の9割が職人の手作業で行われることから九分仕立て。そんなこだわりの革靴も作っているのがリーガルです。

価格やこだわりの幅がありすぎて、悪い面も見えてしまうのが、ランク外になってしまった要因の一つだとも思います。

WHEEL ROBE

「もしかしたらランクインするかも」と思っていたのが…

ウィールローブ

Instagramの靴好きの間で広まった#靴縁。それがウィールローブで靴縁別注として販売されました。

そのため、今回のこの時期のランキングということで、もしかしたらランクインするのではと思っていました。

しかし結果はランク外。

まぁ予想通りでもあるわけですが…

2010年創業の日本ブランド。新しいブランドということもあり、まだまだ知名度は低いと思います。私も靴縁をきっかけに詳しく知りました。一応、靴縁前にも名前は知ってはいましたが…

海外ブランドは軒並み値上がりしている革靴業界。これからは比較的低価格の日本ブランドが注目されると思います。

【関連記事】【革靴】価格推移から見る革靴の買い時。いつ買うの?「今でしょ」

そんな中でウィールローブはどうなっていくのか注目です。

【関連記事】日本の革靴ブランド10選。【厳選おすすめブランド】

スポンサーリンク

まとめ

ランキングはいかがだったでしょうか。

予想通り

予想と似ていた

意外な結果だった

こんなにブランドあったんだ

などなど。

それぞれ思うところはあると思います。

そんな思いの一つとして、今回は私の思いを書いてみました。これを読みながら、「なるほどな〜」「私はこう思うな〜」「このブランド気になるな〜」などなど、色々と考えてみるのも面白いと思います。

また、革靴に興味を持ち始めて何か買ってみようなかなと思っている方には「このブランドが人気があるんだ」と購入の参考になると思います。

最後に

@kotetsu.okinawa さん。アンケートの実施・集計お疲れ様でした。そして、私のブログでの掲載を快諾して頂いてありがとうございました。

2回目のランキング実施やその他のアンケートなどあると思います。下記の投稿から@kotetsu.okinawa さんのInstagramアカウントにアクセスし、フォローするとお知らせがすぐにわかります。そして、皆さんも是非アンケート等に参加してください。

ということで今回はこの辺で。

スポンサーリンク
コメントを残す

関連キーワード