【革靴紹介】Church’s Shannon Review:コードバンのシャノン。そうコードバン。大事なので2回言いました。

はじめに

プレーントゥといえばなんでしょう?

こういうお題があった時、上位に選ばれるのがこのChurch’sのShannonではないでしょうか。

Shannonといえば、ポリッシュドバインダーカーフが使われており雨に強い靴という印象があるのではないでしょうか。

しかし、私の持つShannonはこの素材ではありません。

では何でしょうか?さっそく基本情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

基本情報

ブランド名Church’s (チャーチ)
モデルShannon(シャノン)
ラスト103
素材コードバン

普通のShannonと違うのはズバリ、素材です。こちらはコードバンを使ったShannonとなります。つまり、雨に弱いShannonです。

ちなみに雨に弱いパラブーツも持っています

そして、このコードバンは光が当たると赤みが強いのが特徴的です。また、色むらもあります。

写真で見るとこんな感じ↑

結構赤いですよね。バーガンディのコードバンを持っていますが、明らかにShannonのコードバンの方が赤いです。

いったい何色なんでしょうか?

基本情報はこの辺で、写真で詳細を見ていきましょう。

写真で見るShannon

Front

なんとなく王道と言いたくなるようなプレーントゥのデザイン。

中古で購入したため、履き皺は前オーナーのもの。左右同じような皺なのでこれはこれで気に入っている。屈曲したときの皺がたまらない。

最高です

Side

Outside
Inside

続いてサイド

ステッチもなくスッキリした感じです。simple is bestです。

そして、私が好きなのは外羽根を縫い付けている終わりの部分のステッチ。Shannonと言う名前の可愛らしさがこのアーチに現れている感じがします。完全に主観ですが…

Back

続いて後ろから。

ここが通常のShannonとコードバンのShannonの違うところです。

コードバン仕様↑は一枚革が縫い付けられていて補強されています。

通常仕様↑ですと縫い目だけです。

そして、くるぶし周りもチェックしましょう。

くるぶしに当たらないような形状になっています。実際、全然当たりません。カバーソックスでも接触している感じは全くありません。

Outsole

アウトソールはレザーです。そして、ダブルソール。103ラストは甲高幅広といったラストです。なので、AldenのBarrieラストに似ていると個人的に思います。

ダブルソールと言うと硬いイメージもあるかもしれませんが、私の感覚として柔らかい感じがします。ソールの返りも悪くないので足運びもいいですし、ダブルソールがクッション性を増しているように思います。

コバは張り出してるので、存在感があります。上から見ると、幅広のラストも相まってか、靴が大きく見えます。ポテっとしたフォルムがカジュアルな服装に合います。

Insole 

インソールにはChurch’sのロゴと都市名、その下にGenuine Cordovanの文字があります。金の文字なので高級感があります。

都市名は、LONDON、PARIS、MILANO、NEW YORKの4都市です。現行品はTOKYOが追加された5都市がプリントされています。

都市名の数で年代が変わり、3都市以下が旧チャーチやオールドチャーチなどと呼ばれているようです。

Church’sは、Pradaに買収されているのは有名な話ですが、Pradaに買収される前の旧チャーチはデザインやラストが異なるらしく、質も良いと言われています。

あまり詳しくはわからないので、今後調べていくつもりです。

エイジングサンプル

中古で購入したモノですが、あまりエイジングは進んでないように思います。

光の当たり具合で色味が変わるのがこの靴の面白いところです。

Instagramで他の写真も見れます。

おわりに

コードバンのShannonはいかがだったでしょうか?

やっぱりプレーントゥのコードバンは履き皺がダイナミックに入るので良いですね。

そして、Aldenのコードバンよりは硬い感じがします。なのでChurch’sのコードバンはHorween社の革ではないのかなと思います。

どこのタンナーか知っている方がいたら教えて欲しいです。

Shannonはここで買える

私が購入したのは中国のフリマアプリです。

中国のフリマアプリに興味がある方はこちらからご覧ください。

チャーチ コードバンのキーワードでググってみると、こちら↓のお店が不定期で入荷しているようです。

British Made

某YouTube動画で知ってる方も多いと思います。

名前の通り英国ブランドを取扱うお店。その中にはもちろんChurch’sがあり、たまにコードバンのChurch’sが入荷しているようです。いつ入荷するのかはわかりませんので、気長に待って入荷したらすぐ買うと言った感じになりますね。

気長に待てない場合は、ポリッシュドバインダーのShannonでもいいかもしれません。ポリッシュドバインダーカーフは簡単に言うとガラスレザーのようなものです。

ガラスレザーと聞くと履き皺がひび割れて、みすぼらしくなったりするのを心配されるかもしれません。

しかし、ポリッシュドバインダーカーフはガラスレザーのような履き皺が入りません(Instagramで他の方のShannonを見た限り)。きめ細やかな履き皺が入ります。

そして、ポリッシュドバインダーカーフ雨に強いです。樹脂加工されているので、撥水性や耐水性があります。雨でも履ける靴として持つのもいいと思います。

さらに、光沢もあります。コードバンのように全体が輝きます。コードバンのような光沢を持ち、雨に強いとは素晴らしいですね。

私も欲しくなってきました

では、ここでShannonの価格を見てみましょう。こちらはポリッシュドバインダーカーフです。

British madeでの購入価格は

税込10,3400円

なかなかのお値段。一生モノの英国靴と考えれば買えなくもないが、やっぱり高い。

他のお店でも探してみましょう。

こちらのお店で

70,072円

3万円安くなると買いやすくもなりますね。

7万円切るお店もありますので探してみてはいかがでしょうか。

では、今回はこの辺で

次回もお楽しみに
スポンサーリンク
おすすめ記事
update記事