【イギリス靴入門】5万円以下で買える英国靴ブランド5選

URLをコピーする
URLをコピーしました!

THE OLD RIVER

□「月間10万pv」革靴特化のファッションブログ
「THE OLD RIVER BLOG」
□革靴インスタグラマー(毎日更新中)
(フォロワー6,700人以上)
□革靴歴7年・20足以上の革靴を所有
□理系出身
□元エンジニア&元アウトドアショップスタッフ
□経験とリサーチで「こだわりのモノ」を紹介

  • イギリス靴が欲しいけど価格が…
  • やぱりイギリス靴が欲しい
  • お手頃なイギリス靴がないか探している

革靴のメッカといえば…

イギリスのノーザンプトン

そのため、イギリス靴は革靴好きからすると憧れでもあります。

しかし、イギリス靴は結構高い

品質やブランドヒストリーを考えれば、妥当と言えば妥当ですが、やっぱり手が出しづらい。

10万円を超えることも多いイギリス靴ブランドの中で、5万円以下で購入できる革靴ブランドも存在します。

この記事では5万円以下で購入可能なイギリス靴ブランドを5つピックアップし徹底解説します。

この記事でわかること

はじめに

今回紹介するブランドはネットでの販売価格が5万円以下のものです。

なので、実店舗での販売価格とは違います。

基本的に店舗で販売されている革靴は仲介料や関税などの影響で、日本での販売価格は海外に比べると高いです。

そして、ネットで販売されているものは並行輸入品がほとんどで、海外の販売価格に近い価格となっています。

並行輸入品とは?

海外ブランドとは無関係の個人や会社が、海外の直営店や量販店、ネットショップなどで一般に流通している商品を購入し、それを輸入販売している製品のこと。

流通経路の違いで店舗とネットで価格差が出ています。

そのため、ネットの方が価格的にはお得に買うことができます。

今回はネットの販売価格から5万円以下で買えるイギリスブランドをピックアップしました。

Tricker’s :トリッカーズ

創業年1829年
ネット販売価格4万円前後
トリッカーズとは?

1829年創業の老舗イギリスブランド。

イギリスのノーザンプトンで現存する最古のシューメーカーとしても有名です。

カントリブーツのイメージが強く、ウイングチップにメダリオンがあしらわれたフルブローグは目にした方も多いはず。

堅牢な作りで、長く履けることから、日本での人気も高いブランド。

今回紹介する中では最も知名度の高いブランドと言えるのがトリッカーズ。

店舗での正規販売価格は8万円を超えますが、ネットでは4万円前後での購入が可能。

しかも、定番のウイングチップが販売されています。

そのため、サイズさえわかれば、店舗よりもネットでの方がお得に購入できます。

トリッカーズのおすすめモデル3選

ストウ(カントリーブーツ)

カントリーブーツといえば、トリッカーズのストウです。

貴族がアウトドアを楽しむために作られたブーツとあって、丈夫で堅牢な作りとなっています。

何十年も履いていけるような相棒として選ばれてはいかがでしょうか。

バートン(ウイングチップ)

カントリーブーツを短靴にしたモデルがバートン。

ストウとはラストが違い、少しぽってりとした幅広のラストが使われています。そのため、ボリューム感があります。

ジーンズなどカジュアルな服装にもマッチするモデルです。

ウッドストック(プレーントゥ)

シンプルなモデルが欲しいならプレーントゥのウッドストックがおすすめ。

シンプルながらボリューム感のあるフォルムが他のプレーントゥとは違った印象。

カジュアル使いしやすく、飽きのこないデザインのため長く愛用できます。

SANDERS:サンダース

創業年1873年
ネット販売価格5万円前後
サンダースとは?

イギリス国防省のオフィシャルサプライヤーとして、革靴を供給しているブランド。

供給元があるため、大量生産が可能。そのため、大量生産によるコストダウンが図れ、イギリスブランドの中ではコストパフォーマンスが高いブランド。

ミリタリーラインが人気で、ミリタリーファッションとの相性も良いモデルが多いのも特徴的。

サンダースは店頭販売価格も5万円台のため、ネットと店舗での価格差が比較的小さいブランドです。

そのため、店舗に足を運んで、実際に試着し購入しても良いと思います。

しかしながら、取扱店が近くにない場合もあるので、そんな時はネットをご利用ください。

サンダースのおすすめモデル3選

1128(ミリタリーダービーシュー)

デザインは外羽根のキャップトゥ。

小ぶりなキャップトゥがで、そこに施された3本ステッチが特徴的。

比較的丸みのあるフォルムであるため、オンオフ兼用で使える万能なモデル。

一足あると重宝するようなモデルです。

9877(ブリットチャッカ)

秋冬に履きたいスエードのチャッカブーツ。

特徴的なのは、アウトソールの側面に薄いゴムを巻き付けたマッドガードが付いていること。

これによって、スニーカーライクにも見えます。

革靴だとどこかかしこまった感じがありますが、マットガードがついたこのモデルはスニーカー感覚で肩肘張らずに履くことができます。

9734G(ギリーシューズ)

ウイングチップにメダリオンがあしらわれたフルブローグにシュータンを省いて、肉抜きされたようなデザインが特徴なのがギリーシューズ。

華やかでパンチの効いたデザインは他にはないオリジナリティを感じます。

お気に入りの靴下と合わせて、楽しむと良いと思います。

だけど、コーデを組むのは難しそう…

BARKER:バーカー

創業年1880年
ネット販売価格4万円前後
バーカーとは?

第一次世界大戦中に軍用ブーツを作っていた歴史もあるのがバーカー。

軍用の靴を作っていたということは国から認められた確かな技術があるということ。

そんな高品質な靴を作りながら、意外とリーズナブルな価格で提供しているのが特徴。

バーカーはクラシカルなフォルムの靴が多く、ビジネスシーンのスーツにも合わせやすいドレスシューズが多いです。

価格も3万円台のため、ちょっと良いビジネスシューズが欲しい方におすすめです。

バーカーのおすすめモデル3選

4302(パンチドキャップトゥ)

ビジネスシーンで活躍できるのが黒の内羽根ストレートチップ。

このモデルはパンチドキャップトゥという穴飾りが施されたデザイン。

ちょっとしたアクセントになり、ビジネスシーンでも問題なく履くことができます。

細すぎないクラシカルな印象なので、カジュアルシーンでも活躍してくれます。

セミブローグ

パンチドキャップトゥにメダリオン、ピンキング、パーフォレーションを付け加えたのがセミブローグと呼ばれるデザイン。

シンプルなストレートチップよりも華やかに見えます。

オフィスカジュアルも定番化された昨今、ちょっと足元もカジュアルな印象にしたい方におすすめです。

ロングウイングチップ

こちらはウイングチップにメダリオンが施された外羽根のフルブローグ。

特徴的なのはアメリカンライクなロングウイングチップになっていること。

サイドを真っ直ぐ伸びるピンキングとパーフォレーションが印象的です。

アメリカ靴に多いデザインですが、イギリスブランドのバーカーが作っているのが面白いですね。

GRENSON:グレンソン

創業年1866年
ネット販売価格4万円前後
グレンソンとは?

1974年制作のアメリカ映画「華麗なるギャツビー」に衣装提供していたことで有名なブランド。

幾度かの経営危機に陥りながらも今日まで靴作りを続けています。

著名なシューデザイナーのティム・リトル氏をクリエイティブディレクターとして招いたことで、現代的なモダンな要素がプラスされています。

今や伝統的なグッドイヤー製法を初めて取り入れたイギリスブランドでもあるグレンソン。

そんな伝統技術と現代的なモダンさを融合したデザインで人気があります。日本ではそこまで知名度がないものの世界的の紳士たちに愛されているブランドです。

グレンソンのおすすめモデル3選

バート(ストレートチップ)

ビジネスシーンはもちろん冠婚葬祭でも履けるのが黒のストレートチップ。

社会人なら一足は持っておきたい革靴です。

グレンソンのこのモデルはステッチが表に出ておらずつるんとした印象。

どこか色気を感じるようなストレートチップです。

LIAM(プレーントゥ)

シンプルなプレーントゥでカジュアルスタイルにもマッチしやすいモデル。

特徴的なのは色味。

ハンドペイントで染色された色は独特のムラ感があります。

革に表情が出て、ビンテージアイテムとの相性も良さそうです。

DYLAN (フルブローグ)

内羽根のフルブローグ。

シンプルなスーツスタイルをおしゃれに着こなしたい時におすすめなのがフルブローグ。

ドレスコードの厳しいかしこまった職業でなければ、ビジネスシーンで履いても大丈夫。

シンプルなストレートチップばかりになりがちなビジネスシューズにフルブローグを一足加えてみはいかがでしょうか。

Loake:ローク

創業年1880年
ネット販売価格4万円前後
ロークとは?

英国王室御用達の称号であるロイヤルワラントを授与されています。

正統派の革靴作りをしている一方で、モッズとの関わりもあるブランド。伝統的な製法で作られる革靴を比較的手に取りやすい価格で販売しています。

ロイヤルワラントを授与されている正統派な英国靴といったイメージですが、モッズとの関わりがあり、ちょっと変わったタッセルローファーを作っていたりします。

ビズネス用途で履ける革靴からモードファッションでも履けるような革靴まで幅広いモデルを展開しているのが印象的。

5万円以下で比較的多くのモデルが販売されているため、お気に入りの一足が見つかるはずです。

ロークのおすすめモデル3選

BRIGHTON(タッセルローファー)

タッセルローファーにキルトがついたモデル。

モッズ御用達のモデルです。

ガラスレザーで光沢感があり、厚みのあるラバーソールでボリューミー。華奢なイメージのあるローファーですが、こちらのモデルは存在感があります。

モード系のファッションにも取り入れやすいモデルですので、そういったコーデが好きな方におすすめです。

BYRON(セミブローグ)

外羽根のセミブローグ。

内羽根のイメージが強いセミブローグですが、ロークからは外羽根のセミブローグが展開されています。

内羽根よりも外羽根の方がカジュアル感があり、オンオフ兼用で使えるモデルです。

また外羽根は甲のフィット感をある程度調整することができるため、甲高の方にもおすすめです。

Hutchinson(サイドゴアブーツ)

シンプルなデザインのチェルシーブーツ。

履き口にサイドゴア(ゴム)が付けられていることからサイドゴアブーツとも呼ばれています。

ブーツなのに履きやすく、履くときれい目なファッションになるため、春秋冬の3シーズンで活躍してくれます。

ジーンズなどカジュアルパンツとの相性もよく大人っぽいコーデをしたい方におすすめです。

イギリス靴の特徴

  • 100年以上続く歴史のあるブランドが多い
  • 長く履けるグッドイヤーウェルト製法
  • 流行に流されないクラシカルなフォルム
特徴

イギリス靴はトリッカーズに代表されるように100年以上続く老舗のブランドが多いです。

ブランドヒストリーがしっかりしているため、所有したくなるブランドばかりです。その分、値段が高くなってしまいますが、今回紹介したブランドのように手が届くブランドもあります。

さらに、伝統的にグッドイヤーウェルト製法で作られています。

グッドイヤーウェルト製法はアッパーとソールを縫い付けて作る製法。ソール交換が可能で、長く履くことができます。また、アッパーとソールの間にコルクが入っているため、履いていくうちに自分の足型に沈み込んでいきます。

履けば履くほど、履き心地が良くなる経年変化を楽しむことができます。

そして、長く履けるのはデザインも重要。

昔ながらのクラシックなデザインを現代でも継続しているのが特徴。ブランドごとにアイコンとなるモデルがあり、何十年も愛されています。

フォルムも一般的にはノーズが短めでトゥに丸みがあります。これがクラシカルなフォルムとなり、流行に流されないデザインともなります。

今日まで、同じようなデザインが履かれているのも流行に流されていない要因だといえます。

まとめ

5万円以下で買えるイギリスの革靴ブランドはいかがだったでしょうか。

イギリス靴の中には10万円を超えるブランドもあります。一生ものとして、そういったブランドも買うのも良いと思います。

しかしながら、やはり高いですよね。

それなら、半額以下のブランドで日常的に履くのも良いと思います。

履けば愛着も出てきますし、履き心地も良くなります。それがイギリス靴の特徴。

気に入れば、ソール交換をして長く履けるのもポイントです。

いわゆる本格革靴が欲しい方には、今回紹介したブランドから選んでみてはいかがでしょうか。

ということで今回はこの辺で。

この記事が気に入ったら
Let’s share the post!!

アイテム一覧は楽天ROOMで見れます。

楽天ROOMではブログ内で紹介したアイテムをリストアップしています。

価格や在庫の確認等にご活用ください。

\ 紹介アイテムの価格をチェック /

YouTubeチャンネルを見る

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事が気に入ったらシェア‼︎
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事でわかること
閉じる