【ユニクロ】「+J」コレクションの発売前レビュー。ジル・サンダーをよく知らなくても楽しめるラインナップ。

最近「ユニクロ」が熱い。

と思うのは私だけでしょうか。

そんなユニクロがなんと「+J」コレクションを復活。あの伝説的なデザイナーであるジル・サンダー氏とユニクロのコラボが実現しました。

と書いてますが…

実は「ジル・サンダー」のことをよく知らないんですよね私…

ファッション関連のアイテムは好きなのですが、あまりデザイナーに注目したことがなく…そしてファッションデザイナーの知識は疎く…

ですが、ファッション業界の盛り上がりを見るとその凄さが伝わってきます。

ということで今回は「+Jコレクションの発売前レビュー」と題しまして、ジル・サンダーのことを知らないなりに語っていきます。

どちらかというとファッションに疎いけど流行り物が好きな一般ユーザー目線のレビューになると思います。

+Jとは

2009年、ユニクロとファッションデザイナー、ジル・サンダー氏が前例のないパートナーシップを結び「+J」を立ち上げました。 シンプルかつモダンなデザインで、生活をより快適にすることをミッションとし、ラグジュアリーとアクセシビリティの融合を実現しました。 2020年、ジル・サンダー氏とユニクロが再びパートナーシップを結び、進化した+Jが戻ってきました。 あらゆる人の個性を表現する、今の時代に必要なグローバルユニフォームを提案します。 モダニティ、耐久性、ゆとりのあるスタイルをベースに、サステナブルな、自立したライフスタイルを大切にしています。 コンパクトなコレクションの展開は、世の中の流れに沿った柔軟な提案を可能にします。 過去にはとらわれず、今の時代を反映したエッセンシャルにフォーカスし、 グローバルなコミュニティに目を向け、あらゆる人を日常のタスクから解放することをビジョンとしています。

※ユニクロより

実は2009年から数年間、+Jは展開されていました。確かに私も思い返すと+Jのことをよく知らずにパーカーを買った記憶があります。

そこから約10年の時を経て、2020年に復活を遂げました。ファッション好きな方は待ち侘びていたコラボなのではないでしょうか。

今回は2020AWの+Jコレクションの中からルックブックで紹介されているアイテムを簡単にレビューしていきます。

ではいってみましょう。

※画像の出典は全てユニクロHPより

ロングダウンコート

まずはこのロングダウンを主軸としたコーデから。

着用アイテムは…

  • ライトダウンボリュームロングフーデッドコート
  • ウールテーラードジャケット セットアップ可能
  • スーピマコットンオーバーサイズシャツ(長袖)
  • ウールスリムフィットパンツ セットアップ可能

ここではダウンを見ていきましょう。

ライトダウンボリュームロングフーデッドコート

ダウンのロングコートです。

ダウンは640FP以上の良質なダウンが使われています。90%がダウン、10%フェザーという内訳です。

これがどういうことかというと…

アウトドアブランド並みの暖かさ

ということです。

FP(フィルパワー)とは

ダウンの品質を示す単位のこと。

ダウンの嵩高を表し、数値が高ければ少ない量でも暖かい空気を溜め込むことができます。

550〜700FPが良質なダウンと呼ばれ、それ以上は高品質ととなります。

アウトドアブランドでは700FP以上のダウンを使うことが多いですが、これはスペックが重要視される状況下で使われるのを想定しているためです。タウンユースならそこまでのFPは必要ありません。

そして、表面の生地には耐久撥水加工をプラスした素材が使われています。おそらく防風性もあると思うので、ダウンとの組み合わせで保温性は良いはずです。

スペックとしては申し分ないです

デザインはフード付きのロングコート。大きめのフラップがついたポケットが2つ付いているというシンプルなデザインです。

ホワイトの場合はジップが黒。真っ白な中に黒のラインが際立ちます。

ホワイトの他に色はブラックとネイビー。

ブラック

ホワイト以外はジップも同系色になっています。

真っ黒というのもかっこいいですね。ダウンはモコモコしたデザインなので大きく見えるものですが、黒にすることで締まって見えます。

あとは単純に黒が好きです

良質なダウンのロングコートなので寒い地域に住んでいる方にはデザイン性と機能性からも買いなのではないでしょうか。

そして価格は17,900円

ダウンの質を考えればコスパに優れています。ユニクロと考えるとちょっとお高めになりますが…

私が住んでいる地域はそこまで寒くならないので、私は買わないと思いますが…

関連記事

ハイブリットダウンパーカー

モデルさんが男前ですね。

ハイブリットダウンパーカーを主軸としたコーデを見ていきます。

着用アイテムは…

  • ハイブリッドダウンオーバーサイズパーカ
  • スーピマコットンオーバーサイズシャツ(長袖)
  • ウールスリムフィットパンツ セットアップ可能

ここではダウンパーカを見ていきます。

ハイブリッドダウンオーバーサイズパーカ

ハイブリッドという名前からも推測できるようにダウンと吸湿発熱綿のハイブリッド仕様です。

ダウンは先ほどと同じく640FPのものが使われています。ハイブリッドということで、通常のダウンジャケットよりはスペック的には劣ると思いますが、タウンユースの使い方であればこれくらいが使いやすいのではないでしょうか。

表地には耐久撥水性のある高密度な合成繊維を使用。マットな質感の生地のようです。ダウンジャケット特有のテカテカした感じはありません。キルティングもないので、ダウンっぽくない見た目になります。

ダウンのモコモコしたデザインが好みではない方にはおすすめです

デザインは顔が半分くらい隠れそうなフードがついています。そして前面には大きめのポケットが2つ。ジッパーが見えるのでジッパー付きのポケットだと思います。マチもありそうなので、財布やスマホなど結構入りそうですね。

色はブラックの他に、ダークグレー、ワイン、ダークグリーンがあります。個人的にはブラックかダークグレーですね。マットな質感に合いそうなので。

そしてこのマットな質感にこのデザインは…

単純にかっこいい

これは人気が出そうな気がします。

個人的にはダウンが入っていなくてもいいなと思っています。暑い地域に住んでいるので…

価格は15,900円

下手に他ブランドのダウンパーカを買うくらいなら、機能性・デザイン性に優れているこのハイブリッドダウンパーカの方が良さそうですね。

 

ダウンパーカ

THE ダウンパーカっていう感じですね。

着用アイテムは…

  • ライトダウンボリュームパーカ
  • メリノブレンドタートルネックセーター(長袖)
  • ミドルゲージリブフルジップセーター(長袖)
  • チノパンツ

ここではダウンパーカを見ていきます…

ライトダウンボリュームパーカ

先ほどのロングコートのダウンを普通のダウンパーカにした感じです。640FPのダウンを使い、撥水加工されている表地。機能性も同じですね。

THEダウンパーカという感じで、個人的にはあまり面白みがないかなと思います。この手のデザインならすでにお持ちの方も多いのではないでしょうか。

私も似たようなものを持ってます

なので、これを買うなら写真にあるようなホワイトやブラウンなど持っていない色味を買うのをおすすめします。

あとは表面生地の光沢が気になるところ。変に光りすぎていると安っぽい感じが出てしまいます。実物を見ないとなんともいえませんね。

価格も12,900円とダウンとしてはお手頃なので、今持っているダウンと違う色味が欲しい方には良いのではないでしょうか。

関連記事

チェスターコート

暑そうなコーデですね。

着用アイテムは…

  • カシミヤブレンドオーバーサイズチェスターコート
  • ライトダウンボリュームロングフーデッドコート
  • カシミヤブレンドクルーネックセーター(長袖)
  • チノパンツ

コートにコートを合わせ、カシミヤでサンドイッチするという私には思いもつかないコーデです。こういうのをオシャレって言うんですかね。

ここではチェスターコートを見ていきましょう。

カシミヤブレンドオーバーサイズチェスターコート

お値段から最初に見ていきましょう。

価格は24,900円

ユニクロとしては高額です。

ですが、素材はウール84%、カシミヤ14%、ポリエステル2%。これだけ見るとだいぶ上質な素材だと思います。

カシミヤが入っている分、素材感も高級感がありそうです。これを考えれば値段も納得いきますね。

ユニクロじゃなかったらいくらになるんでしょうか?

デザインは正直普通のチェスターコートにしか見えません。これは素材で勝負って感じでしょうか。

一応オーバーサイズということになっています。着てみないとサイズ感はわかりませんね。

個人的にはコートが欲しいと思っているのですが、結局毎年買えずじまい。まぁ何度も言いますが暑い地域に住んでいるので…

質感やサイズ感が良ければ思い切って買ってみようかなと思っています。

ダウンブルゾン

これは男らしい感じのコーデですね。

着用アイテムは…

  • ダウンオーバーサイズリブブルゾン
  • メリノブレンドタートルネックセーター(長袖)
  • チノパンツ

ここではダウンブルゾンを見ていきましょう。

ダウンオーバーサイズリブブルゾン

ぱっと見、MA-1ですね。

ですが襟がついているので、ミリタリー感が少し薄れ、きれい目な印象を持ちます。

現代的にアップデートされたMA-1って感じです。

こちらも640FPのダウンを使用。ダウンブルゾンなので着膨れするのが心配ですが、モデルの着用画像を見る限りではそこまで膨らんだ感じはありませんね。

表地は光沢感のあるナイロンツイルが使われています。

どんな光沢感なのか実物が気になるところです

個人的にはミリタリーアイテムが好きなので、これは欲しい方に心が揺らいでます。あとはダウンの量がどの程度なのかが気になりますね。

着た時のシルエットで買うか買わまいか検討したいです。

価格は12,900円

まぁ良い値段ではないでしょうか。

色はダークグリーンとワインもありますが、私は断然ブラック派ですね。

関連記事

オーバーサイズジャケット

トレンド感のあるオーバーサイズジャケットを着たコーデ。

着用アイテムは…

  • ウールブレンドオーバーサイズジャケット
  • スーピマコットンレギュラーフィットシャツ(長袖)
  • メリノブレンドVネックアーディガン
  • ウールブレンドイージーパンツ

ここではジャケットを見ていきましょう。

ウールブレンドオーバーサイズジャケット

トレンドを意識したオーバーサイズのジャケットです。モデルの着用画像では、そこまでオーバーサイズではないのではと思ってしまいます。

ほんとにオーバーサイズなのでしょうか?

素材はウールが90%、ナイロンが10%。これを見ると良い質感のジャケットに仕上がっているのではないでしょうか。

ユニクロユーでもジャケットの評判は高かったので、これは期待感のあるジャケットです。

ポケットのつき方やオーバーサイズシルエットなどカジュアル感があります。個人的にはミリタリーパンツと合わせてみたいところ。合うでしょうか?

サイズ感と光沢感が気になるので実物を見てみたいです。

価格は15,000円

結構高いですが、ウールのジャケットと考えればコスパがいいと思います。

普段はジャケットを着ませんが、最近着てみたくなったんですよね。試着していい感じだったら買いたいです。

セットアップ

もはやモデルさんがかっこいい。

着用アイテムは…

  • ウールテーラードジャケット セットアップ可能
  • ウールスリムフィットパンツ セットアップ可能
  • レザーメッシュベルト
  • スーピマコットンオーバーサイズシャツ(長袖)

ここではジャケットを見ていきましょう。

ウールテーラードジャケット セットアップ可能

ウール100%のジャケットです。

日本を代表する毛織メーカーのNikke社の素材が使われています。

モデルの着用画像からも上質そうな光沢感が伝わってきます。下手にスーツブランドから買うよりも、+Jのセットアップの方がいいのではないでしょうか。

私は普段はスーツを着る仕事でもないですが、一つは良いスーツが欲しい。それならこれでいいのかもしれません。

価格は19,900円。パンツは9,900円なのでセットアップで約3万円

ウール100%のスーツと考えればお手頃価格ですね

これは良いかもしれない。

あとは着たときのサイズ感とシルエット。どうせならカジュアル使いもできるシルエットがいいです。

フルジップセーター

セーターオンセーターのコーデ。

着用アイテムは…

  • ミドルゲージリブフルジップセーター
  • メリノブレンドタートルネックセーター
  • ウールブレンドイージーパンツ

ここではフルジップセーターを見ていきます。

ミドルゲージリブフルジップセーター

ウール80%、ナイロン20%の素材でリブあみのミドルゲージです。伸縮性がありそうですね。

上下から開閉できるダブルジッパー仕様。インナーを見せたりできます。某メゾンブランドのような雰囲気もありますね。

モデルの着用画像を見るとジャストサイズがタイトサイズな感じ。これをトップスにして、下にミリタリーパンツを合わせたらどうでしょうか。いい感じに見えますかね。試して見たいです。

春秋はアウターとして、冬はインナーとして活躍してくれる万能アイテムではないでしょうか。

着回しができますね

価格は6,990円

先ほどまでのアウター類に比べると手頃な値段な感じがしますね。

シャツ

シャツのラインナップは結構多めなのでまとめて見ていきましょう。

全てのシャツの素材はスーピマコットン。コットンの中でも上質なものです。

ブルックスブラザーズとかスーピマコットンですね

質感の良さそうなシャツです。

襟はレギュラーカラーかスタンドカラーの2種類。

サイズはレギュラーフィットとオーバーサイズの2種類。オーバーサイズは丈が長そうです。

デザインはシンプルなもの、切り返しが入っているもの、ちょっとしたグラフィックが入ったものがあります。

私はシャツが好きなので、どれか欲しいですね。シンプルなシャツと切り返しが入ったデザインのものとどちらが良いですかね。

実物のサイズ感などを見比べてどれか欲しいです

パンツ

ルックブックからだとパンツのシルエットがよくわかりません。

ここではパンツのラインナップをざっと見ていきましょう。

全体的にパンツは細身のものに仕上がっています。昨今のトレンドであるワイドパンツが一つもありません。ちょっと意外でした。トレンドが移り変わっているのでしょうか。

あとはジーンズもありませんね。個人的にはちょっと期待していました。

ユニクロユーのジーンズが良かったので…


基本的には秋冬ということもありウール系のパンツ。そして一つだけチノパンがあります。

ちょっとチノパンを見ていきましょう。

チノパンツ

チノパンツはウールではなく、コットン96%、ポリウレタン4%の混紡素材。

ポリウレタンが入っていることでストレッチ性があります。

さらに写真を見てわかる通り、カーブした形状になっています。これによって穿いた時にシルエットがきれいに見えると思います。

チノパンの野暮ったさが苦手な方には挑戦しやすいスッキリとしたきれいなチノパンに仕上がっています。

どんなシルエットになるのか試着必至です。

チノパンが好きな私には気になるアイテム。最近は太いチノパンばかり穿いているので、ここら辺で細身の綺麗なチノパンも欲しいかも。

ベルト

一つ気になったベルトがあったので紹介します。

レザーバックルベルト

こちらが気になったベルト。

レザーバックルベルトです。

ただ単に見た目に惹かれました。最近ミリタリーパンツをよく穿くので、それに合うのではないかと思っています。バックルがミリタリーっぽく、そこにレザーベルトなのできれい目にも見えます。

この組み合わせがなんともいい感じです。バックルが安っぽくなければ買ってみたい商品です。

まとめ

+Jコレクションはいかがだったでしょうか。

全体的にざっと見た感じだと、シンプルな見た目に上質な素材を使って表情を出しているようなアイテムが多いです。

なので値段もユニクロのコラボアイテムの中ではちょっと高めの値段設定です。どれが良いのか絞った方がいいですね。

これまでのユニクロコラボアイテムの傾向だと人気アイテムは即完することもあります。じっくり考えたいけど、考えているとなくなってしまうジレンマもあります。

+Jの販売は11月13日ということで、発売までは時間があります。発売までにじっくりとアイテムを選定し、発売した後にイメージ通りかどうかをチェックし購入してください。

ジル・サンダーを正直よく知らない方でも、今回のコレクションは上質で大人っぽい印象に仕上がっています。見た目と質感の良さで選ばれてみてはいかがでしょうか。

ということで今回はこの辺で

スポンサーリンク