【革靴のお手入れ】Iron Boots First Maintenance:革靴を 買ったらまずやる プレメンテ by the_old_river

はじめに

Iron Boots のプレメンテを行います。このブーツについてはこちらをご覧ください。

新品の靴を買った後、最初に行うメンテナンスをプレメンテと言います。

靴箱で保管されていた革靴は乾燥状態にあります。そのため、革に栄養を与え保革をしていきます

では実際にしていきます。

スポンサーリンク

プレメンテ手順

以下の順にプレメンテを進めていきます。

①ブラッシング(埃落とし)

②汚れ落とし

③デリケートクリーム塗布

④油性クリーム塗布

⑤ブラッシング(艶出し)

⑥乾拭き

普段のお手入れとあまり変わりませんが、プレメンテではデリケートクリームを塗っていきます。

プレメンテ道具

馬毛ブラシ

埃落としに使います。

豚毛ブラシ

艶出しに使います。

デリケートクリーム

栄養・保革のクリームです。

油性クリーム

栄養・保革の他、ロウが含まれているので艶が出ます。

クリーナー

汚れ落としに使います。

布(コットン)

汚れ落とし、乾拭きに使います。

お手入れ道具はこちらでも紹介しています。

プレメンテ

実際にプレメンテを行なっていきます。

靴紐を外してスタンバイ。

①埃落とし

馬毛ブラシを使って埃落とし。ベロのところも忘れずにブラッシングしましょう。

②汚れ落とし

布にクリーナーをつけて、軽く拭いていきましょう。新品靴ですとそこまで汚れがないと思いますので軽くでいいと思います。

③デリケートクリーム塗布

乾燥状態の革に栄養を与えて保革しましょう。

④油性クリーム塗布

ロウが含まれるクリームを塗っ
て自然な光沢を出していきます。塗っただけではマットな感じですので、この後にブラッシングします。

今回は無色のクリームを使います。最初はこの色合いを楽しみたいので色クリームを使いません。

⑤艶出し

豚毛ブラシを使ってブラッシングします。ブラッシングしたところから艶が出てきます。全体を満遍なくブラッシングしてください。

⑥乾拭き

余分なクリームを除去します。余分なクリームは汚れになりますのできちんと拭き取っておきましょう。

完成

新品なのであまり代わり映えしませんが、若干艶が出ています。革に栄養も補給したのでこれから履いていきます。

履き下ろし

善は急げ。もう履き下ろしました。

おわりに

久々に新品の靴を購入しました。履き皺の入ってない靴はとても新鮮でした。今回は無色のクリームを使い、本来の色を楽しむことにしました。また、最初は鏡面磨きをせずに履いていこうと思います。ブーツですのであまりピカピカだと変かなと思うので…

でも、デザイン的にスマートな印象なのでピカピカにするのもありかもしれません。今後、どうするか考えていきます。

とりあえず、この状態で履いていきます。

ちなみに鏡面磨きの方法はこちらで紹介しています。

ではこの辺で

次回もお楽しみに

スポンサーリンク
おすすめ記事
update記事