【ビルケンシュトック徹底解説】サイズの選び方とおすすめ7選 | 夏以外もOK‼︎履き心地にこだわったサンダル

URLをコピーする
URLをコピーしました!

THE OLD RIVER

□「月間10万pv」革靴特化のファッションブログ
「THE OLD RIVER BLOG」
□革靴インスタグラマー(毎日更新中)
(フォロワー6,700人以上)
□革靴歴7年・20足以上の革靴を所有
□理系出身
□元エンジニア&元アウトドアショップスタッフ
□経験とリサーチで「こだわりのモノ」を紹介

  • ビルケンシュトックのサイズの選び方が知りたい
  • どんなモデルがあるのか知りたい

サンダルの中でも人気のあるブランドといえばビルケンシュトック。名前だけでも聞いたことがある人も多いと思いますし、実物を見たら「このサンダル見たことある」となる人も多いはず。

そんなビルケンシュトックはインソールにルーツを持つブランド。そこから現在はサンダルのブランドというイメージが定着しました。

インソールをルーツに持つことから、インソールのこだわりは強く、サンダルなのに履き心地は他ブランドを圧倒します。

足の裏にピタッとハマる感覚があり、それがフィット感の良さに繋がります。しかし、最初の方は痛かったりも…

フィット感を良くするためにサイズ選びも重要。ビルケンシュトックの店員さんは「指先に少しの隙間がある方がいい」と言っています。この隙間は歩行の際に足が動いたとしてもつま先がサンダルの縁に当たらないようにするためです。

こういったサイズ選びを間違えるとビルケンシュトックの持つフィット感を得ることができません。

また、ビルケンシュトックは都市名を関したモデルを多く展開しています。

有名どころの…

  • ボストン
  • アリゾナ
  • チューリッヒ

この他にも日本の都市名であるキョウトもあります。

都市名でデザインが違いますので、好きなものを選んでください。

この記事ではビルケンシュトックのサイズ選びからおすすめモデルまで紹介していきます。

この記事でわかること

ビルケンシュトックのサイズ選び方とフィッテング

ここではビルケンシュトックを購入検討している方へサイズ選びとフィッテングを解説します。

サイズ・フィッティングについて

ビルケンシュトックはフットベットが特徴的です。そのため、フィッティングが重要となります。

公式サイトと専門店スタッフの説明によると、つま先と踵に数㎜のスペースが必要とのことです。歩行の際に足を自由に動かせるよう少し余裕が必要です。

また、つま先にはコルクの縁があります。歩いていると足が前に押し出されます。ぴったりなフィッティングですと、前に押し出されたつま先がコルクの縁に当たってしまいます。

特に素足で履く場合はダイレクトに当たってしまい、痛みの原因になります。少しのスペースでそれは解消できますので公式サイトと専門店スタッフのフィッティングを参考にしましょう。

さらに足幅に合わせ、ビルケンシュトックでは2種類のフットベットがあります。

  • レギュラー幅
  • ナロー幅

幅広がレギュラーで、幅が狭いのがナローです。ちなみに私は、レギュラー幅です。革靴はDウィズです。

サイズ表記にも注意しましょう。

日本人に馴染みがあるのは○○cm表記ですが、ビルケンシュトックはEU表記です。下記にEUとcmの換算表を示しますので参考にしてください。

サイズ表

スクロールできます
EU242526272829303132333435363738394041424344454647484950
UK788.59101111.51313.5122.53.5455.577.5899.510.511.512131414.5
cm151616.5171818.5192020.5212222.5232424.5252626.5272828.529.53030.5313232.5

フィッテングについて

参考:ビルケンシュトックHP

健康的な歩行を実現するための完璧なフィット

ビルケンシュトックは2種類の幅の深いフットベッドがあります。

  • 足の幅が広い方はレギュラー幅
  • 足の幅が狭い方はナロー幅

さらに完璧なフィット感を実現させるため、アッパーもそれぞれのフッドベッド幅に適応させています。

調節可能なストラップで、一人一人の足のサイズに合わせることが可能。

ビルケンシュトックを選ぶ際には、必ずヒールとつま先に数ミリ程度のスペースがあることが重要。歩く時に足を自由に動かせるよう、つま先に少し余裕が必要です。

STEP
ベルトを全て開けて、足をフットベッドに載せる

踵と指の部分に数ミリ程度の余裕があることを確認します。

この空間は足の自然な動きをさせるために必要なスペースとなっています。

足がサンダルの縁を踏まないことを確認し足型にフィットしていることを確認します。足型に合わせてレギュラー幅とナロー幅のフットベッドを選べます。

STEP
ベルトを締める

あまりきつくはせず、ピッタリと足を包むようにベルトを締めます。

歩行の際に、足が締め付けられることがないように少しゆとりを持たせるのがポイントです。

STEP
踵のストラップを確認する

踵にストラップがついているモデルはストラップが足を締め付けていないかを確認します。

STEP
少し歩きフィット感を確かめる

フィット感の調整をしたあと、実際に少し歩きます。歩行中に足がストレスなく動かせること、フットベッドの縁に足が当たらないことを確認します。

全てOKならぴったりのサイズです。

素材について

ビルケンシュトックのアッパーには様々な素材が使われています。

レザーといってもスウェードレザー、ナチュラルレザー、オイルドレザー、ヌバックレザーなどがあります。レザー以外もありますので、素材選びを楽しめます。大別すると下記になります。。

ビルケンシュトックの素材
  • レザー
  • 合成素材
  • テキスタイル素材

天然素材のレザーは経年変化を楽しむことができる素材です。長く履いて自分の1足に育てたい方におすすめです。特に味を出したいなヌバックレザーやナチュラルレザーがおすすめです。

お手入れを面倒に感じる方はスウェードがおすすめ。温かみのある素材でもあるので、秋に使うのにも良いですね。

合成素材はお手入れをしなくても良い素材。汚れがあれば洗う必要はありますが、レザーのようにクリームを塗ったりする必要はありません。気軽に履いていきたい方におすすめです。

一方でネット購入の際は気をつけてください。ビルケンシュトック公式サイトに素材についての説明があります。下記よりご覧ください。

ビルケンシュトックのおすすめモデル

Boston:ボストン

足の甲から指先まで覆ったタイプのサンダルです。

デザインとしては、踵のストラップがないクロックスをレザーで作った感じです。

革の範囲が広いため、革の質感とエイジングが楽しめます。

個人的にはスウェードではなく、ヌバックレザーナチュラルレザーを使ったタイプの方が革の経年変化が楽しめるのでおすすめしたいです。

靴下を履いても履けるため通年通して履きやすいです。指先も見えないため、カジュアル過ぎないのもポイントです。

サンダルをきれいめに、そして通年履きたい方におすすめです

ZURICH:チューリッヒ

つま先は空いていて、甲を覆っているタイプのサンダル。2つのストラップがついているのもポイントです。

ストラップでサイズ調整ができるため、甲の高さによってフィット感を調整することができます。

靴下を履いたままでも履けるたため、靴下の色やデザインでコーデを考えるのも楽しそうです。

そして、サンダルとしての通気性を備えながら、素足の見える範囲は少ないため、カジュアル過ぎない印象です。

大人が履いてもキマるサンダルです

Arizona:アリゾナ

ストラップ2本で足の甲を押さえるタイプです。

チューリッヒを中抜きしたようなデザインです。素足が見える範囲が広いため、サンダルらしさがあるモデルです。

靴下を履いたままでも履けるためお気に入りの靴下と合わせられます。もちろん素足で履いてもOK。

素足で履けば夏らしさが出ます。ハーフパンツなどの夏アイテムとの相性が良いです。

夏場のレジャーにもおすすめです

London:ロンドン

ワンストラップで踵もあるタイプ。もはやサンダルではありませんが…

ボストンを踵まで革で覆ったようなデザインです。

靴下と合わせてオールシーズン行けそうです。夏場は素足で履いても良いですね。

サンダルとスニーカーの中間くらいのイメージでしょうか。革が使われていることで、スニーカーよりはカジュアル過ぎない印象です。

きれいめなファッションの外しとして履いても良いですね。

スリッポンタイプで楽に履けるのもポイント。

とにかく楽な靴が欲しい方におすすめです

Montana:モンタナ

こちらは紐靴です。

ぽってりとして可愛らしいデザインです。

革の素材によっては経年変化も楽しめます。ビジネスで使うような革靴とは全く違うため、カジュアル使いしやすいです。ボリュームもあるので、カジュアルパンツとの相性はバッチリ。

紐があることで、登山靴のようなアウトドアシューズにも見えます。

アウトドアスタイルが好きな方におすすめです

EVA素材のアリゾナ

こちらはEVA素材のアリゾナになります。

ネットで買う際は注意してください。価格が安いので、デザインだけ見て買うと届いた後にびっくりすると思います。素材の確認は忘れずに

簡単に言うとクロックスみたいな素材感(ちょっと違いますが…)で水に強いです。そのため、海や川などの水遊びの際に最適です。

水辺で履きたい方におすすめです

インソール

ビルケンシュトックはインソールのブランドであったことからインソールだけの販売もあります。

このインソールをお持ちの靴に入れるだけでビルケンシュトックのサンダルのような履き心地が得られます。ビルケンシュトックの履き心地が好きな方におすすめ。

実は私も愛用しているインソールです

このインソールはアーチサポートがあるため、入れるだけで土踏まずのフィット感が増します。それによって歩行が安定し疲れにくくなります。

また、前足部はなく、踵から土踏まずにかけてのインソールのため、靴に入れた時の圧迫感も少ないです。サイズ感をあまり変えることなく、フィット感を変えることができます。

お手持ちの靴のフィット感がイマイチの時にぜひお試しください。

一つデメリットがあるとすると、インソールの裏の金具が靴のインソールに跡として残ることです。

安全ピンのような形状が靴のインソールにプリントされてしまいます。特に革靴だと。

インソールを常に入れていれば気になりませんが、インソールをとった後に気になります。できるだけオリジナルの状態を残しておきたい方にはデメリットです。

サイズがわかる方はネットで購入

やっぱり便利なのはネットです。販売店が近くにない方はネットで買えます。

ネットですと価格が安いです。

ちなみにチューリッヒの定価は15,400円です。

ネットで検索するとこれよりも安いです。

8000円〜15,000円まで値段にばらつきがあります。おそらく海外買い付けのモノが安くなっています

店舗でサイズを確認し、ネットに在庫があればお得に買うことができます。

しかし、店舗限定品などネットで売っていないモデルもあリます。今回紹介した定番モデルはネットで購入可能なのでぜひチェックしてください。

まとめ

ビルケンシュトックのサンダルはいかがだったでしょうか。

インソールにこだわった履き心地の良いサンダル。そして、レザーといった天然繊維を使っているため上品で経年変化を楽しめます。

しかし、レザーを使ったものはやはり水に弱く、水辺での使用には向いていません。どちらかといえば、街での着用がおすすめです。

海や川など水辺で使いたい場合はEVA素材のものを選ぶと良いです。

素材によっても用途を変えて複数所有しても良いですね。

ぜひお気に入りの一足を見つけてください。

ということで今回はこの辺で。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事が気に入ったらシェア‼︎
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事でわかること
閉じる