【革靴紹介】ドレス顔のパラブーツ。スーツ/ビジネススタイルにおすすめなモデルを紹介します。

はじめに

パラブーツといえばなんでしょうか?

日本でならシャンボードが頭に思い浮かぶのではないでしょうか。シャンボードといえばカジュアルな革靴という印象が強いです。そして、パラブーツの成り立ちをみるとアウトドアシューズをルーツに持ちます。

さらにパラブーツの代名詞であるラバーソールなどカジュアルテイスト強めの革靴ブランドです。

ですがパラブーツの中にもドレスライン。つまりスーツに合わせるモデルもあります。シャンボードだとスーツに合わせにくい。だけどスーツにパラブーツを履きたい。

そんな方にドレスラインをおすすめします。

スポンサーリンク

パラブーツの展開ライン

まずはパラブーツが展開するラインをみていきましょう。

パラブーツのHPをみると4つのラインに別れています。

  • ビジネス
  • スマートカジュアル
  • スポーツウェア
  • アウトドア

この中でスーツにもあわせられるのは…

もちろんビジネス

さらにオフィスカジュアルやジャケパンスタイルにも合わせられるのは…

スポーツカジュアル

ということで、

今回はビジネスとスポーツカジュアルで展開されているモデルの中で個人的にいいなと思ったモデルを紹介していきます。

その前に問題があります。

シャンボードはどのラインに含まれているでしょうか?

正解はこちらをクリック

シャンボードはスポーツウェアに分類されています。

ビジネスラインのパラブーツ

※画像の出典はパラブーツHPより

https://www.paraboot.com/ja

内羽根式ストレートチップ

Kensington

デザイン内羽根式ストレートチップ
素材Demasqué noir
製法グッドイヤー製法
アウトソールレザーソール

ファーマルなデザインといえば黒のストーレートチップ。トゥと甲の境のところにステッチがあるデザインです。

写真で見る限りは光沢感のあるレザーです。

ヒールの部分がグッと持ち上がったようになっています。ヒールの抜けを防ぎ、フィット感を高めてくれそうです。

上から見るとパラブーツらしさが残っています。写真を見る限りロングノーズではなく、ふっくらしたような印象があります。ぽてっとしたフォルムがパラブーツらしい感じがします。これくらいのフォルムならカジュアルにも落とし込めそうです。

Oscar

デザイン内羽根式ストレートチップ
素材Teinté scotch
製法グッドイヤー製法
アウトソールレザーソール

明るいブラウンのストレートチップ。明るめのスーツに合わせられる一足です。

先程のKensingtonに比べるとノーズが長めです。羽根のところのステッチがヒール近くまで伸びています。

上から見ても、トゥに向かって細くなっています。よりドレッシーな印象です。

Lodi

デザイン内羽根式ストレートチップ
素材Lisse noir
製法グッドイヤー製法
アウトソールレザーソール

黒のストレートチップ

黒のストレートチップですと先程のKensingtonがあります。異なる点は素材とデザインです。素材はLodiの場合、リスレザーが使われています。シャンボードにも使われている水に強いレザーです。デザインの違いは次の写真で見ていきましょう。

横から見るとステッチのデザインなど細かな部分が少し異なります。また、ノーズが長めになっています。

上から見てもノーズの長さがわかります。また、トゥがスクエアになっています。ビスポークシューズなどによく見られるデザインです。この辺はデザインの好みが別れるかもしれません。

内羽根式プレーントゥ

Allegro

デザイン内羽根式プレーントゥ
素材Lisse noir
製法グッドイヤー製法
アウトソールレザーソール

内羽根式のプレーントゥ。こちらもフォーマルな場面でよく履かれるデザインです。素材はリスレザーで雨でも安心です。

ノーズは長めになっているように思います。ステッチの感じなど先程のOscarに近いデザインです。

上から見ても、トゥがシャープになっており、より細身でドレッシーな印象を持ちます。スーツに合わせると映える一足ではないでしょうか。

外羽根式ストレートチップ

Schubert

デザイン外羽根式ストレートチップ
素材Lisse noir
製法グッドイヤー製法
アウトソールラバーソール

外羽根式のストレートチップ。内羽根式に比べるとフォーマル度が落ちますが、日本のビジネスの場ではよく履かれています。さらに内羽根式に比べ甲の部分のフィット感も良くなります。

ソールがラバーソルであるため、横から見ると若干厚みがあることがわかります。ですが、パラブーツの中のラバーソールの中では厚みが抑えられたソールです。また、リスレザーを使っていることもあり、ラバーソールとの組み合わせで雨でも履ける一足です。

ギャラクシーソール

そこまで細すぎない感じがします。スーツに合わせるのがいいと思いますが、カジュアルでも履けそうです。

内羽根式クォーターブローグ

Brahms

デザイン内羽根式クォーターブローグ
素材Lisse noir
製法グッドイヤー製法
アウトソールレザーソール

パーフォレーション(穴飾り)が美しいクォーターブローグです。通常のストレートチップよりも華やかない印象があります。

ヒールの部分までパーフォレーションが伸びているのが特徴的です。

トゥの部分の切り替えしと羽根の部分にパーフォレーションが施されています。一見シンプルながら、シンプルすぎないデザインです。

内羽根式フルブローグ

Fullham

デザイン内羽根式フルブローグ
素材Lis noir
製法グッドイヤー製法
アウトソールラバーソール

ウイングチップ、メダリオン、パーフォレーションなど華やかな印象があるフルブローグです。

ヨーロッパの靴らしくショートウイングです。横から見るとパーフォレーションが実に美しいです。

トゥの部分はウイングチップとメダリオンが施されています。ウイングチップの面積も広いように感じます。

外羽根式プレーントゥ

Chopin

デザイン外羽根式プレーントゥ
素材Lisse noir
製法グッドイヤー製法
アウトソールラバーソール

一枚革で作られているプレーントゥです。素材はリスレザー、ソールはラバソールですの雨の日も安心です。

羽根の部分以外、余計なステッチなどがなくシンプルな横顔です。ラバーソールですので若干のソールの厚みが見て取れます。

細すぎない感じがします。ノーズが少し長めになっているので、品の良さを感じます。

こちらは茶色(Choco)もありますので、スーツの色によって靴の色も選べます。

ダブルモンクストラップ

Vivaldi

デザインダブルモンクストラップ
素材Lisse chêne
製法グッドイヤー製法
アウトソールラバーソール

ダブルモンクストラップです。紐靴よりもフォーマル度は落ちてしまいますが、スーツに合わせられる一足です。

2つのストラップでフィット感を調整します。紐靴よりもフィット感が落ちてしまうと思いますが、その分着脱のし易さが増します。

トゥの部分にステッチが入り、ストレートチップになっています。そこまで細身の印象はないのでカジュアルにも履けそうです。

ちなみに黒色もあります。

スポンサーリンク

スマートカジュアルライン

内羽根式ストレートチップ

Montaigne

デザイン内羽根式ストレートチップ
素材Lisse noir
製法ノルヴェージャン製法
アウトソールラバーソール

内羽根式のストレートチップ。リズレザーとラバソールですので雨の日もあんしんです。

製法はノルヴェージャン製法ですので、ウェルトにゴツさがあります。この製法は登山靴で使われる製法で堅牢性と防水性があります。

ノーズはあまり長くなく、ビジネスラインのよりもぽてっとした印象があります。ビジネスにもカジュアルにも使える一足だと思います。

外羽根式ストレートチップ

Londres

デザイン外羽根式ストレートチップ
素材Lisse noir
製法グッドイヤー製法
アウトソールラバーソール

外羽根式のストレートチップ。こちらもリスレザーとラバーソールです。

若干ノーズが長くなっています。

トゥはスクエアトゥです。全体的には細身の感じがします。

外羽根式プレーントゥ

Lazare

デザイン外羽根式プレーントゥ
素材Lisse wenge
製法グッドイヤー製法
アウトソールラバーソール

外羽根式のプレーントゥ。シンプルな見た目でスーツにもカジュアルにも合わせられます。

革の切り替えしがあるプレーントゥです。

インソールが紫色なのがおしゃれです。若干細身な感じがします。色はダークブラウンですが、ブラックもあります。

Uチップ

Rousseau

デザインUチップ
素材Lisse noir
製法ノルヴェージャン製法
アウトソールラバーソール

トゥにステッチのあるスプリットトゥのUチップです。

ノーズが少し長めにとられています。横から見てもスマートに見えます。ノルヴェージャン製法ですのでウェルトも存在感があります。

Uチップだとカジュアルな印象もありますが、全体的に細身に仕上がっておりスタイリッシュです。スーツにも合わせられます。

私の所有するパラブーツの中にSandがあります。これはRousseauのコードバン仕様です。レビュー記事もあるのでご覧ください。

Chambord

デザインUチップ
素材Lisse/Grain
製法グッドイヤー製法
アウトソールラバーソール

パラブーツの中で良く耳にするシャンボード。こちらはスマートカジュアルラインのシャンボードです。

横から見ると通常のシャンボードとの違いがわかります。

  • 緑タグが無い
  • ラバーソールの種類が違う
  • 製法が違う

この3点が違います。緑のタグは上の写真を見てわかる通りありません。

アウトソールは薄いラバーソールを使っています。クッション性と横から見たときのソールの厚みが異なります。

また、製法はグッドイヤー製法です。通常のシャンボードはノルヴェージャン製法ですので製法が異なります。ウェルトのボリュームがグッドイヤー製法の方が少ないので、よりスマートに見えます。

上から見ると、よく見たことのあるシャンボードです。スーツとカジュアルに合わせるならこちらのシャンボードの方がいいと思います。

写真のシャンボードは、グレインレザーですがリスレザーもあります。色もブラック、ブラウン、ダークブラウンなど選ぶことができます。

まとめ

パラブーツのビジネスライン・スマートカジュアルラインの特徴をまとめると…

特徴
  • 細身のシルエット
  • グッドイヤー製法
  • レザーソール
  • 薄目のラバーソール

一部のモデルはノルヴェージャン製法ですが、多くのモデルは上記の特徴があります。

スーツに合うデザインとしてはやはり細身のシルエット。ビジネスラインは特に細身のモデルが多いです。

パラブーツの製法の中でノルヴェージャン製法というものがあります。これは登山靴に使われるような製法でウェルトがゴツくなります。それに対してグッドイヤー製法は、多くの高級靴に用いられる製法です。ノルヴェージャン製法に比べるとウェルトがすっきりしており、全体的な細身のシルエットのバランスを崩しません。ということで、ビジネスライン・スマートカジュアルラインに多く採用されている製法です。

アウトソールについて

アウトソールに関してはビジネスラインでレザーソールが採用されています。

レザーソール

パラブーツというとラバーソールのイメージですが、創業以来レザーソールを作り続けています。皮革の密度を上げる製法で作られており、革が硬く頑丈で水を通しにくい特徴があります。

ラバーソール

ビジネス・スマートカジュアルラインに使われているのはギャラクシーソールです。土踏まずの部分が薄くなっており、ソールの返りがいいのが特徴です。また、横から見た時もレザーソールのような見た目となり、エレガントさを持っています。

おわりに

スーツに合うパラブーツはいかがだったでしょうか。

パラブーツというと、どうしてもシャンボードやミカエルのようなカジュアルに合わせるようなモデルを思い浮かべます。ですが、パラブーツのラインナップを見ていくと、そこにはオンでもオフでも使えるモデルがありました。歴史のあるブランドですから当然と言えば当然ですが…

パラブーツをオン・オフ問わず履きたい方に今回の内容が参考になれば幸いです。

では、今回はこの辺で

次回もお楽しみに
スポンサーリンク
おすすめ記事