【革靴紹介】Paraboot Sand Review:雨に弱いパラブーツ。えっどうして?コードバンだから…

はじめに

パラブーツだけど、ちょっと変わり種のパラブーツを紹介します。

ちなみに私が持っているパラブーツはこちら。

Avignon(アヴィニョン)というUチップタイプの靴です。

今回紹介するのもUチップですが、アヴィニョンとは少し違います。アヴィニョンとの違いも踏まえて紹介していきましょう。

ではさっそく基本情報から。

パラブーツをまだよく知らない方はこちらをチェック。

スポンサーリンク

基本情報

ブランドParaboot(パラブーツ)
モデルSand(サンド)
素材コードバン(Horween社製)
アウトソールギャラクシーソール

そう、こちらはコードバンのParabootです。コードバンのParabootはシャンボードやミカエル、アヴィニョンでも見られますのでそこまで珍しくないかもしれません。しかし、これはSandという聞き慣れないモデルです。

皆さんはどこかで見たことあるでしょうか?

私はこれを買うまで存在を知りませんでした。

Parabootの中にROUSSEAU(ルソー)というモデルがあります。Uチップですが、Parabootのタグもなくスッキリとしたドレスよりの靴です。

こちらはリスレザーを使っています。対してサンドは同じ形状でコードバンを使っています。

なので、Sandはルソーのコードバン仕様ということになります。

それでは、写真で詳細を見ていきましょう。

写真で見るSAND

Front

アヴィニョンに比べてシュッとしていてスマートな印象があります。スーツにも合いそうなシルエットです。そしてコードバン特有の皺もバッチリ入っています。

Side

ステッチもパラブーツのタグもなくスッキリしたデザインです。横から見るとアヴィニョンとの違いがわかりやすいです。

ちなみにアヴィニョンはこんな感じ↓

Back

ドッグテイルでシンプルです。くるぶし部分はしっかりと下がっていて当たる心配はありません。履き口周りのフィット感はアヴィニョンよりいいです。

Outsole 

ギャラクシーソールと言うラバーソールが使われています。厚みが抑えられたソールです。若干の硬さはありますが、薄い分ソールの返りがよく歩きやすいです。そして、ラバーなので滑りにくい。

ヒールは積み上げヒールです。全体的に厚みが抑えられているため、横から見るとレザーソールのようなエレガントさがあります。スーツなどにも合わせやすいと思います。

履き皺

コードバン特有の皺が出ています。凹凸がハッキリ現れている、いわゆるモコ皺になっております。手持ちのコードバンではこれが一番、凹凸が現れてコードバンらしい履き皺です。

ブラックというのもいいです。この光沢はまるでゴキブ…。いえっなんでもありません。

兎にも角にも美しい履き皺です

スポンサーリンク

エイジングサンプル

世にも珍しいサンドのエイジングです

Instagramで他の投稿チェック。

おわりに

サンドはいかがだったでしょうか。

あまり見ない珍しいモデルだと私は思っています。実際、ネットでの情報がほとんどありません。Instagramでは私のサンド以外見たことがありません。

コードバンの皺とシュッとしていてスッキリしたデザインが気に入っています。パラブーツ?と思わせるような一足です。

サンドはどこで買える?

タイトルの通りサンドはどこで買えるのでしょうか。私は中国のフリマアプリで買いました。こちら↓で紹介しています。

タオバオにも売っていますので、中国在住の方はチェックしてみてください。

楽天ではサンドはありませんでした。

リスレザー仕様のルソーはありましたので紹介します。

雨でも履ける革靴をお探しの方はこちらもチェックしてみてください。シャンボードやアヴィニョンよりもドレス寄りなのでスーツに合わせやすいと思います。

コードバンのパラブーツ

シャンボードとアヴィニョンはコードバンモデルがあります。

コードバンと言うだけあって10万円オーバーです。Horween社のコードバンですので品質は問題ないと思います。後は値段との相談。

買うか買わないかはあなた次第です

ということで変わり種のパラブーツサンドの紹介でした。

次回もお楽しみに

スポンサーリンク
コメントを残す

関連キーワード