【革靴比較】ジョンロブとパラブーツのシャンボードを比較。名前は一緒だけど…

はじめに

時々、ブランドは違う角モデル名が同じ製品を目にすることがあります。それは、私の所有する革靴にもあります。

それが…

シャンボード

2つのブランドが同じモデル名を持っています。

その2つのブランドが…

ジョンロブパラブーツ

シャンボードと聞くとパラブーツのイメージが強いと思います。しかし、ジョンロブにもシャンボードの名を冠したモデルがあります。

今回はそれぞれのシャンボードの違いを見ていきましょう。

ジョンロブとパラブーツのシャンボード

まずはそれぞれのシャンボードの基本情報を見ていきましょう。

ジョンロブのシャンボード

素材カーフ
アウトソールレザーソール

パラブーツのシャンボード

素材リスレザー
アウトソールテックスソール

シャンボード比較

ジョンロブとパラブーツのシャンボードを比較していきましょう。

まずはデザイン。

デザイン比較

トゥの違い

デザインの種類としては、両方ともUチップになります。ですが、ジョンロブの方にはトゥ先端にステッチがあり、スプリットトゥとなります。

左:ジョンロブ 右:パラブーツ

さらにU字に縫われたモカ縫いにも違いがあります。

まずUの形が異なります。これはラストの影響が大きいです。ジョンロブの方はトゥ先端に向かって細くなります。そのため、Uの字もVに近い形になっています。パラブーツはきれいなU字です。

モカ縫いの違い

また、モカ縫いの種類も異なります。

ジョンロブが…

乗せモカ

パラブーツが…

拝みモカ

拝みモカ
甲部とサイドを持ち上げるようにして縫い合わせる手法。

このようにモカ縫いの種類も異なります。

甲の高さ

パラブーツは大きめの作りです。特に甲が高い印象があります。

対してジョンロブのシャンボードは甲が高くありません。

実際に比べてみましょう。

横から見てみる

横から見ると甲の高さの違いが見えてくると思います。奥にあるパラブーツの方が全体的に高くなっているのがわかります。

斜めから見てみる

斜めから見ても大きさの違いがわかります。

パラブーツの方が全体的に膨らんでいるような感じがします。実際に履いてみてもパラブーツの方が大きく、羽根が全て閉じます。

ジョンロブは羽根が閉じることなく全体的にタイトです。

パラブーツのシャンボード
インソールを入れた状態でも羽根が閉じる。全体的に大きめの作り。
ジョンロブのシャンボード
甲が低く羽根が閉じない。全体的にタイトな作り。

後ろから見てみる

後ろから見ても甲の高さの違いが分かります。

また、ヒールカップの深さも異なることがわかります。パラブーツの方が深さがあります。パラブーツは厚手の靴下を履くことを想定しているため、深めのヒールカップになっています。

ヒールカップの収まりでいうとジョンロブの方がいいです。

アウトソールとラストの違い

アウトソールの違いとラストの特徴を見ていきましょう。

ジョンロブのシャンボード

レザーソール

アウトソール

ジョンロブのアウトソールはレザーです。硬さのあるレザーソールで耐久性があります。路面によってはカツカツと音がなります。

長年履くためには耐久性がありいいと思いますが、慣れるまでに時間がかかります。

ラストの特徴

ボールジョイントのところは幅があり、そこからトゥに向かって細くなっています。細身の印象があり、エレガントなUチップです。

パラブーツのシャンボード

テックスソール

アウトソール

パラブーツの代名詞であるラバーソールです。シャンボードに採用されているのはテックスソールというものです。厚みのあるラバーソールですのでクッション製が抜群です。

ラストの特徴

土踏まずの部分にくびれが若干ありますが、ヒールからつま先まで同じ幅を維持しているような感じです。捨て寸がほとんど取られてなく、サイズを間違えると親指の先が靴の中で当たります。

製法の違い

ジョンロブとパラブーツで製法が違います。

  • ジョンロブはグッドイヤー製法
  • パラブーツはノルヴェージャン製法

それぞれの違いは以下の図を見てください。

参考文献

まとめ

比較した項目を表にしてみましょう。

ジョンロブパラブーツ
デザインスプリットトゥUチップ
モカ縫い乗せモカ拝みモカ
甲高さ低い高い
アウトソールレザーソールラバーソール
製法グッドイヤー製法ノルヴェージャン製法

いかがでしょうか。モデル名は同じでもブランドが違えば、デザインやソールなどが違います。

皆さんはどちらが好みですか?

私は………

決められないですね

どちらもいい。

ということで、皆さんも2つのシャンボードが気に入りましたら、是非手に入れてください。

では、今回はこの辺で

次回もお楽しみに
created by Rinker
¥51,300 (2020/02/18 13:29:58時点 楽天市場調べ-詳細)
おすすめ記事