【FEITレビュー】ハンドソーンウェルト製法で作られたこだわりの強い本格派レザースニーカー

URLをコピーする
URLをコピーしました!

THE OLD RIVER

□「月間10万pv」革靴特化のファッションブログ
「THE OLD RIVER BLOG」
□革靴インスタグラマー(毎日更新中)
(フォロワー6,700人以上)
□革靴歴7年・20足以上の革靴を所有
□理系出身
□元エンジニア&元アウトドアショップスタッフ
□経験とリサーチで「こだわりのモノ」を紹介

今回はレザースニーカーのFEITをレビューします。

FEITは知る人ぞ知る本格派のレザーシューズブランド。詳細は後述しますが、とにかくこだわりがすごいブランド。

そんなFEITのレザースニーカーは見た目はローテクスニーカーですが、使われている素材や製法は本格高級革靴顔負け。値段もそれなりにしますが、いいスニーカーが欲しい方におすすめです。

では早速見ていきましょう。

この記事でわかること

FEITの基本情報

ブランドFEIT (ファイト)
モデルHAND SEWN LOW 
素材ベジタブルタンニンレザー

シンプルなデザインのレザースニーカー。

一切機械を使用せずハンドメイドで一点一点作ると言うこだわりがあるブランド。そのため生産数も少ないようです。全ての靴に下記のカードが付属し、産数と製作者のサインが入っています。

私のは18/228で左文致さんによって作られました。名前を見てわかると思いますが、中国人の名前です。

正確には台湾人です

ちなみに、台湾の革靴作製技術は日本から伝わったようで、台湾にはオリジナルの革靴ブランドがあったりします。

環境へも配慮して革靴作りをしており、素材にはベジタブルタンニンレザーが使われています。

蒸れにくく汗や臭気を残さず通気性がいいのが特徴です。

スニーカーでも、経年変化を楽しめます。

ベジタブルタンニンレザーとは?

ベジタブルタンニンなめし(植物タンニンなめしともいう)は、天然植物(草や木の汁など)から抽出したタンニン(渋)を使って皮をなめす方法。イタリアのベジタブルタンニンなめしは、水質や土壌の違いから、日本では出せない色合いが魅力です。

FEITとは?

ブランド。FEITのシューズを制作する工程では、 一切機械を使用せず完全なるハンドメイドで一点一点が 職人の手作業によって丁寧に作られています。 アッパーは一枚革で製作され、グッドイヤーウェルテッド製法で仕立てられています。 一枚革の吸い付くような履き心地は足馴染みも良く、足の負担を感じさせません。

STOCK NYCより抜粋

FEIT レザースニーカーの外観レビュー

Front

一枚革をアッパーに使用し、つなぎ目のないシンプルなデザインです。

マットガードのようなところも、シンプルなデザインながら存在感があります。

オールブラックで、色々な服にも合わせやすいです。

さらにレザースニーカーですので、カジュアルになり過ぎず、きれい目なコーデにもバッチリハマると思います。

Side

一枚革ですので、つなぎ目はありません。ソールの茶色が少し見えて、いい感じのアクセントになっていると思います。個人的にすごく好きです。

くるぶし部分もしっかり下がっているため、当たる心配はないです。カバーソックスを履いても、くるぶしには全く違和感がありません。

ベジタブルタンニンレザーは蒸れにくく通気性も良いため、素足で履いても良さそうです。

Back

ヒールには縫い合わせの縫い目があります。

手の込んだ縫い目に見えます。

Outsole

本来はレザーソールですが、ラバーを貼っています。中古での購入のため、全オーナーが貼ったようです。

こちらの靴はグッドイヤーウェルテッド製法で作られています。ソールの修理・交換も可能です。

履き皺

こんな感じで皺が入ります。キメの細かい皺のように感じます。

Insoles

こちらの靴は、ハーフサイズの展開がありません。

そのため、サイズはインソールで調整します。付属するのはこちらの2種類。

コルクのインソールです。

私はインソールを入れずにジャストサイズですので使っていません。しかし、革靴は履いていくとアッパーの革が伸びたり、インソールが沈み込みサイズが大きくなることがあります。その際にもこちらのインソールで調整できます。

サイズが合えば他の革靴にも使えそうです。革のインソールですので、靴を脱いだ時の見栄えもいいです。

他の革靴に使ってもいいですね

FEIT レザースニーカーのエイジングサンプル

Instagramで他の投稿もcheck

おわりに

FEITの靴はいかがだったでしょうか。

こだわったレザースニーカーをお探しの方におすすめです。

素材、製法などにこだわっているため長く愛用できます。シンプルなデザインですのでどんな服装とも合いやすいです。

ファッション雑誌やネットなどでもあまり情報がないため、他の人たちとかぶりにくいです。

FEITはここで買える

中国在住者向け

私が購入したのは、中国のフリマアプリからです。こちらで紹介しています。

THE OLD RIVER BLOG
404: ページが見つかりませんでした | THE OLD RIVER BLOG
404: ページが見つかりませんでした | THE OLD RIVER BLOGTHE OLD RIVER □「月間9万pv」革靴特化のファッションブログ 「THE OLD RIVER BLOG」 □革靴インスタグラマー(毎日更新中) (フォロワー6,700人以上) □革靴歴7年・20足以...

購入はネットですが、中国の深センに取扱店があります。私はそこで初めて出合いました。

高級デパートの一角にあるお店です。

drivepro

なんとこちらのお店、FEITの他にポータクラシックも取扱っているんです。私にとっては中国でポータクラシックが見れただけで感動ものです。

FEIT取扱店(日本)

日本に取扱店がありますのでご紹介します。

実際に行ったことのないお店ですので店舗名と住所の紹介です。

VELVET

住所:大阪市西区京町堀1丁目10-2

吾亦紅

住所:東京都渋谷区神南1-18-2フレーム神南坂1F

STOCK

住所:石川県小松市古河町127-1 & 石川県金沢市里見町30番地

ネットで買う

取扱店も少ないですので、ネット購入が無難かと思います。上記の取扱店はオンラインストアもありますので、そちらから購入できます。

楽天で検索するとこちらがあります。

気になるお値段ですが…

69,800円

スニーカーとしては高額です。

しかし、随所に見られるこだわりを考えると、この値段になるのもうなずけます。

少量生産のハンドメイドなので、在庫がない場合もあります。

また、シーズンによって、素材違いが新しく販売されています。また、ソールの種類が変わってたりします。新製品はFEITのHPをご確認ください。

では、今回はこの辺で

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事が気に入ったらシェア‼︎
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事でわかること
閉じる