【革靴紹介】Alden909 review:オールデンだってセミブローグがあるんだよ。

はじめに

普段はスーツを着ないで、もっぱらデニム生活です。そのため、外羽根式の革靴しか持っていませんでした。

でも、InstagramやYouTubeを観ていると、やっぱり気になってしまう内羽根式。そんな葛藤をしている中で、中古でお安いオールデンが出品されているのを見つけてしまった。セミブローグのオールデンは、なかなか見かけることも少なく珍しい。内羽根式でドレスよりだが、メダリオンやピンキングが施されていてカジュアルにも合いそうと言うことで買いました。

それでは、基本情報を見ていきましょう。

オールデン についてはこちらをチェック

スポンサーリンク

基本情報

ブランドAlden
モデル909
素材カーフ
ラストハンプトンラスト

デザインはセミブローグ

メダリオンやブローグ、ピンキングが施されていて華やかな印象。スーツとの相性はもちろん、デニムとの相性も良いです。

写真で見る909

Front

内羽根式キャップトゥメダリオン。呪文のようですがセミブローグです。

つま先部分にメダリオンと呼ばれる穴飾りがされており華やかです。

私の持つAlden9753とはメダリオンのデザインが違います。

909
9753

こんな↑感じで違います。Alden909の方がより上品なデザインに見えます。

Side

Outside
Inside

内羽根式は統一感がありスマートに見えます。パーフォレーションとピンキングもなされており、華やかさもあります。私にとっては内羽根式が初めてですので、とても新鮮な横顔です。

Back

ヒールの下の方が膨らんでおり、履き口に向かって少しすぼまっています。そのため、ヒールの収まりがいいです。

くるぶし部分はこのように下がっていますので、当たる心配はありません。

Outsole

Alden909のラストはハンプトンです。Aldenの中では細身のラストです。ドレッシーな印象です。土踏まずが少し絞られています。そして、トゥに向かって細くなって行きます。

バリーラストと比べるとわかりやすいと思います。

ハンプトンラスト

バリーラスト

2つを比べるとヒール、土踏まず、トゥの部分が違います。ハンプトンは全体的に細く、バリーは広いです。

そのため、サイズ感も違います。ハンプトンラストはus7.5、バリーラストはus7で履いています。バリーラストを基準にするなら、ハンプトンラストはハーフサイズアップしてちょうどいいと思います。

履き皺

トゥと内羽根の間に皺が入ります。2本線の皺と細かい皺が入っています。そこまで深い皺は入っていません。

エイジングサンプル

Instagramで他の投稿もチェック

View this post on Instagram

#オールデンの話 革靴の秋 物欲の秋 と言いたいほど、革靴の物欲が止まりません。 先日、ウイングチップのオールデンを買い。 今回もまた中古でオールデンを買ってしまいました。 内羽根式セミブローグのオールデン909。 ラストはハンプトンラストで細め。よりドレッシーさがあります。 普段からデニムを履いてスーツを着ないので、内羽根の革靴は自分の中の欲しいモノランキングでは下位でした。 しかし今回、安かったというのもあり買ってみました。セミブローグなので若干のカジュアル感もあり、デニムにも結構合うなというのが私の印象。 皆さんはどう思うでしょうか? 中古なので、付属品(箱、靴袋)無し。つま先に小さな削れたような傷が有り、といった状態。臭いも埃っぽく土臭い感じ。 ということで、サドルソープで洗浄→乾燥→クリーム塗布→ワックス磨きをして写真のような仕上がり。 ヤレ感を残しつつも、中古靴としては満足いく感じ。 あと、写真を見ると左右で製造年数が違うんですよね。買う時は片方の足の番号しか見なかったので、届いてびっくり。まぁいっかサイズは同じだし。 こんなことはよくあることなんですかね? 実はもう一足、中古で革靴を買ってまして(オールデンではありません)届くのを待っています。 今年はこれで買い納めですね。たぶん。 #alden #aldenarmy #aldenshoes #alden909 #resolute #resolute710 #shoeshine #shoesstagram #shoegazing #オールデン #オールデン909 #オールデンカーフ #リゾルト #リゾルト710 #セミブローグ #革靴 #革靴倶楽部 #足元倶楽部 #米靴倶楽部 #今日の靴 #今日の足元 #革靴の話

A post shared by THE OLD RIVER (@the_old_river) on

おわりに

私にとっては初の内羽根式。普段はデニム中心ですのて、ドレスよりな内羽根式は避けていましたが、セミブローグですとデニムとの相性がいいと思います。もしかしたらAldenだからというのもあるかもしれませんが。

皆さんはデニムと内羽根で合わせたりしますか?

こうなるとストレートチップにも手を出したくなりますが、うーん悩むところです。

Alden909はここで買える

私は中国のフリマアプリで中古で購入しました。こちらで紹介しています。

日本でオールデンを買うならラコタハウスです。しかし、909を取り扱っているかはわかりません。すいません。

ということでネットで探してみましょう。

価格は67,017円

コードバンではないので、価格は少し控えめです。Aldenの中では比較的手が出しやすい値段ではないでしょうか。

こちらはAlden905。メダリオンがない内羽式のキャップトゥです。ビジネスでスーツに合わせる場合はこちらの方が使いやすと思います。こちらもハンプトンラストで細身の形状です。

Aldenは人気があるため、ネットでも品薄の状況です。欲しいモデルが販売されていたらすぐに買った方がいいと思います。まぁ10万円を超えるモデルですと即決できるか微妙ですが。

私は中古で買いましたので、中古市場を見てみるのもいいと思います。Aldenはカーフモデルだと値段が下がっていたり、掘り出し物がある場合もありますのでおすすめです。では今回はこの辺で

次回もお楽しみに
スポンサーリンク
おすすめ記事
update記事