【Alden63088レビュー】54321とは違うVチップコードバン‼︎香港のTassels別注のトゥルーフレアラスト

URLをコピーする
URLをコピーしました!

THE OLD RIVER

□「月間10万pv」革靴特化のファッションブログ
「THE OLD RIVER BLOG」
□革靴インスタグラマー(毎日更新中)
(フォロワー6,700人以上)
□革靴歴7年・20足以上の革靴を所有
□理系出身
□元エンジニア&元アウトドアショップスタッフ
□経験とリサーチで「こだわりのモノ」を紹介

  • オールデンのVチップが気になる
  • 別注モデルは何が違うの?

オールデンの人気モデルといえば、Vチップ。

54321という型番のモデルが有名です。

54321はバーガンディコードバンで、ラストはモディファイドラストが使われています。

  • Vチップ=54321
  • モディファイドラスト=54321
  • Vチップ=モディファイドラスト

と思っている方も多いと思います。

しかし、Vチップでもモディファイドラスト以外があるんです。

それが今回レビューする63088です。

63088は香港のTasselsというショップ別注品。

54321と同じくバーガンディコードバンが使われていますが、ラストは違います。

63088のラストはトゥルーフレアラストというものです。

現行モデルでは採用されていない昔のラスト。

なかなか珍しいモデルです。

この記事ではTassels別注のVチップを徹底解説していきます。

\ YouTubeでも紹介しています /

この記事でわかること

Alden 63088のスペック

ブランドAlden(オールデン)
モデル63088
素材コードバン
ラストTruflare

こちらは香港のTassels別注モデル。

デザインはVチップと呼ばれるもの。しかし、日本でよく見る54321とは違います。

大きく違うのはラストです。

54321モディファイドラストで、この63088Truflareラスト。ラストが違えば、履き心地や靴の形状も変わります。

ラストが違うことでフォルムも変わってきます。

ディテールについて見ていきましょう。

Alden 63088の外観レビュー

Front:ぽってりとしたフォルムのVチップ

まずは正面から。

デザインはVチップ。

このようにつま先部分にV字のステッチ(モカ縫い)があることからVチップと呼ばれています。

これがあることでシャープな印象があります。

しかし、ラスト自体は意外とぽってりとした幅広のラストです。そのため、カジュアルスタイルでもばっちりハマってくれます。

また、アイレット(靴紐を通す穴)は6つ。

アイレットが多い方がカジュアルライクな印象。普通は4〜6。

6アイレットはサービスシューズとかに多く、無骨な印象もあります。

Vチップでシャープな印象がありつつ、ぽってりしたラストと6アイレットで、ドレスとカジュアルのバランスが取れてたモデルです。

Side:サイドのステッチワークがたまらない

Outside
Inside

続いてサイド。

コードバンの輝きとワックスの輝きで、サイドの表情はとてもカッコいい。

また、Vチップのステッチが外羽根のステッチにつながるのが個人的には好きです。

Back:フィット感の良いヒールカップ

続いて後ろ側

履き口が外側へ下がっているのがわかります。

これによってくるぶしが当たりにくくなります。私は全く当たりません。

ヒールカップも絞られており、フィット感は良好です。

Out sole:水にも強いウォーターロックソール

続いてアウトソール。

ソールはレザーソール。ウォーターロックソールが採用されてます。

名前の通りオイルをたっぷり染み込ませ、水が入りにくくなっています。

とはいっても20〜30分くらい雨の中を歩くと水が染み込んできます。レザーソールは極力雨の日には履かないようにしましょう。

どうしてもという方はラバーを貼ると良いです。

また、ウォーターロックソールはオイルがたっぷり含まれていることからフレキシブルに曲がってくれます。屈曲性が良いので歩きやすいです。

参考までに下記のインスタの投稿をスワイプすると屈曲させた写真があります。

Alden 63088のTruflare ラストってどんな感じ?

オールデンのラストの中では聞き馴染みのないTruflareラスト。ここではこのラストについて見ていきましょう。

まず、Truflareを採用しているモデルって何があるの?ってことです。

私が知っているのはこの63088のみ。

ちなみにこちらは香港にある革靴店のTassels別注品

さらに、63088で検索すると韓国にある革靴店のunipareでも同様のモデルがありました。

日本では、おそらく無いと思います。

Tassels の説明によると、こちらのTruflareは

  • 土踏まずのアーチサポートがある
  • トゥにゆとりがある

とのこと。つまり、足幅の広いアジア人にフィットするラストになっています。

実際にラストを見比べてみましょう

ここでは3種類のラストを比較します。

順番にTruflareModifiedBarrieです。

土踏まず部分を見ると、Modifiedが一番絞られています。次にTruflare、そして、Barrieの順です。

幅を見るとあまり変わらないように見えます。それぞれのラストの特徴でトゥにゆとりがあるためだと思います。

私はBarrieラストの靴を所有しています。

履いた感じはBarrieラストに近い感じがします。しかし、Barrieラストよりは若干小さめの作りです。そして、Modifiedラストほどのアーチサポートはないです。

Alden 63088の履き心地はどうなの?

履き心地の面では、痛くなる箇所もなく、圧迫感もない。紐を締めて程よいホールド感がある感じです。

ソールもシングルソールでフレキシブルなので、歩きやすいです。

履き下ろしたその日に、数時間歩きましたが、靴擦れはありませんでした。今でも、旅行などたくさん歩く場面で使っても、靴擦れはありません。単純に足が疲れて痛くはなりますが。

今まで靴擦れがあって、革靴を毛嫌いしてた方にはオススメです。

そして、外回りなどでよく歩く方にも歩きやすく靴擦れが起きにくいのでオススメできると思います。

Apden 63088のエイジングサンプル

エイジングサンプルとして私のオールデンを見てください

Instagramで他の写真も見れます。

人生初のオールデン。香港で買ったため日本より安く手に入れました。今後、海外の革靴店についても書いていきたいと思います。

この靴を履いてから1年が過ぎ、いい感じにエイジングが進んでいます。

この靴からいろいろと他のブランドにも手を出していった気がします。

まとめ・Alden 63088はここで買える

Alden63088は残念ながら日本で取り扱いの商品となります。

香港にあるTasselsというお店で購入可能です。

Alden63088の価格は6900香港ドル。現在(2019/11)のレートで96,000円ほどです。コードバンのAldenで10万円を切るならお買い得ではないでしょうか。日本で販売されたら13万円くらいでしょうから。

ちなみにTasselsは香港に3店舗、北京に1店舗あります。そのうち私がいったのは香港の2店舗。アジア圏の革靴店を下記の記事にまとめました。よろしければご覧ください。

 TasselsのInstagramはこちらから↓

では、今回はこの辺で

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事が気に入ったらシェア‼︎
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事でわかること
閉じる