【ニューバランス】初代990v1徹底解説 | 990シリーズはこのモデルから始まった

URLをコピーする
URLをコピーしました!

THE OLD RIVER

□「月間10万pv」革靴特化のファッションブログ
「THE OLD RIVER BLOG」
□革靴インスタグラマー(毎日更新中)
(フォロワー6,700人以上)
□革靴歴7年・20足以上の革靴を所有
□理系出身
□元エンジニア&元アウトドアショップスタッフ
□経験とリサーチで「こだわりのモノ」を紹介

  • 初代990が復刻されると聞いた
  • 990v1って何?
  • 定番や新型モデルと何が違うの?

ニューバランスといえば990シリーズ。

最新モデルの990v5に加え、定番モデルの996やファッショニスタの間で人気がある992など、名作と呼ばれるモデルが数多くあります。

そして、2022年。990が誕生して40周年という節目の年を迎えます。

それに伴い、初代の990v1からv4まで限定モデルとして復刻します。

しかしながら、990v1って聞き馴染みがないけど何?って思っている方も多いはずです。

990v1は990シリーズの最初のモデル。アメリカ製で復刻もされています。

最初のモデルながら、ニューバランスらしいデザインとなっています。

最新モデルの990v5といったハイテクなものより、クラシカルなデザインが好みの方には間違いなく990v1はハマるはずです。

この記事では990v1について徹底解説していきます。

\ 990v1を探す /

この記事でわかること

990シリーズについて

まずは990シリーズについて簡単に説明します。

990シリーズは…

「1000点中990点の性能」というコンセプトのもと誕生し、その当時、100ドルという高額な価格で販売されました。現在でも進化を続け、13種類のモデルが開発、販売されています。

ランニングシューズとして抜群の性能を持ちながら、現在ではファッションとして親しまれています。ニューバランスの最新テクノロジーが搭載され、ニューバランスの顔ともされるシリーズです。

990シリーズについては下記で解説しています。

【復刻版】初代990v1について

1982年に誕生した最初のモデルです

ここから990シリーズが始まりました。

2013年に復刻し、2020年にも海外では復刻版として販売されました。

当時のフラッグシップモデルとして

  • クッション性
  • 安定性
  • 高い耐久性

これらを備えています。

また、復刻モデルでは、ソールがビブラムソールになっているため更なる耐久性があります。

クラシカルでレトロな雰囲気のデザイン

全体的にクラシカルでレトロなデザイン。

真っ白で縁取りがされていない大きめなNのロゴが特徴的。

他の990モデルに比べるとロゴが大きいため野暮ったい印象があります。しかし、このクラシカルなフォルムと相まって可愛らいしさを感じます。

また、スエードとメッシュの切り替えしデザインはM1300を彷彿とさせます。

実物を見た時は1300かと思いました

上から見ると、結構細身になっています。

こういったハイテク系のスニーカーはボリューム感があり、苦手に感じる方も少なくないと思います。

その点で、990v1はだいぶ細身に仕上げっており、履いてみるとシュッとしています。

クラシカルで野暮ったさを感じる一方で、履いてみるとスタイリッシュさがあります。

ジャケパンスタイルなどきれいめなコーデの外しとしてもおすすめできます。

また、シュータンにあしらわれたロゴもレトロさを感じさせます。

ただNBのロゴがあるだけで、モデル名などは一切書かれていません。

個人的にはこのシンプルさに惹かれてしまいます。履き込んで少しヤレた時に、このロゴが良い具合のヴィンテージ感を出してくれそうです。

990v1のテクノロジー

ニューバランスはさまざまなテクノロジーがあり、モデルによってアップデートされてきました。

有名なテクノロジーでいうと…

  • C-CAP
  • ENCAP
  • ABZORB

初代990ではどんなテクノロジーだったのか見ていきましょう。

990v1では特にテクノロジーの名称は付けられていないようです。

ミッドソールは異なる素材の2層構造となっています。

1982年当時としては、厚めのソールになっています。現行のニューバランスのモデルに比べるとシンプルなソールに見えます。

あまりハイテク感を出しておらずスッキリした見た目ですね

そして、ソール以外に注目すべきがヒール。

ヒールにはM.C.D(モーション・コントロール・デバイス)、踵を安定させるパーツが組み込まれています。

また、踵の縁がせり上がった深さのあるカップインソールとなっています。

M.C.Dと深さのあるカップインソールによって、踵のフィット感がよくなっています。

踵を安定させるテクノロジーや深めのカップインソールなど現在の990にも受け継がれています。

アウトソールはビブラム社のものが採用されています。

グリップ力もよく、安定した歩行ができます。

990v1 40周年記念モデル

出典:https://www.fashionsnap.com/article/2021-06-08/nb-990v1/

1982年に誕生した990。

2022年に40周年を迎えるにあたり、40周年記念モデルが販売されます。

記念モデルということで、通常の復刻版とは違い、タグやシュータンのデザインが異なります。

出典:https://www.fashionsnap.com/article/2021-06-08/nb-990v1/

サイドのロゴ付近には…

Version1と書かれた赤いタグがつきます。

ロゴ近くで赤色ということもおあり、一際目をひきます。

出典:https://www.fashionsnap.com/article/2021-06-08/nb-990v1/

シュータンのデザインも異なります。

赤色のNBロゴMADE IN U.S.Aと書かれています。

出典:https://www.fashionsnap.com/article/2021-06-08/nb-990v1/

さらにインソールにも何やら色々と書かれています。

履いたら見えない部分ではありますが、こういった部分も限定モデルらしいディテールを盛り込んでいます。

全体のカラーは990モデルらしいグレーカラー。

そこにレッドをアクセントして入れた配色となっています。

グレーもレッドもニューバランスらしい色。しかし、990シリーズではグレーにレッドをアクセントとして入れているのは珍しいです。

この辺は40周年の特別モデルだからできた配色ではないでしょうか。

40周年記念モデルは2021年6月17日販売です。スニーカーダンクに販売リンクがありますので、気になる方は下記からチェックしてみてください。

 

\ 990v1を探す /

990v1と他モデルの違い

ここでは最新モデルの990v5と人気モデルの996を比較して、何が違うのかを見ていきましょう。

購入の参考にしてください。

初代990v1と最新990v5の比較

初代990v1
最新990v5
誕生年1982年2019年
テクノロジーACTIVA LITE / ABZORB / ENCAP
生産国アメリカアメリカ

初代と最新モデルを比べると990の進化がよくわかります。

特にアッパーデザインとソールユニットの違いが大きいです。

アッパーデザインは

  • 990v1:シンプルでクラシカルな印象
  • 990v5:メッシュの切り替え、プラスチックパーツなどハイテクな印象

となっています。

メッシュの切り替えは990v5が多く通気性にも優れています。さらに履き口にはプラスチックパーツを入れ、強度をましているなど、最新モデルに相応しいハイテクな装いを見せています。

また、Nのロゴも990v1は大きめで白ということで野暮ったさがあります。

対して990v5は同系色のグレーで細身のN。スタイリッシュさがあります。

ソールユニットも異なり、990v5は…

  • ACTIVA LITE
  • ABZORB
  • ENCAP

最新テクノロジーを採用しています。

やはり初代と最新モデルではテクノロジーに大きな差が生まれています。

しかしながら、ファッションで履く場合は、そこまでテクノロジーは関係ないようにも感じています。

アッパーのデザインを重視し選ぶ方が多いはずです。

クラシカルな990v1か?ハイテクな990v5か?

好みは大きく分かれそうですが、皆さんはどちらが好みでしょうか?

990v1と996の比較

990v1
996
誕生年1982年1988年
テクノロジーENCAP / C-CAP
生産国アメリカアメリカ or アジア

この2つはともに1980年代に誕生したモデル。

996は900シリーズの3代目にあたるモデルです。

996は人気が高く、長年愛されています。現行ではアメリカ製のM996、アジア製のCM996、レディース用のWL996タイプがあります。

正面からのデザインは割と似ているものの、ソールユニットやヒールデザインに違いがあります。

990v1
996

アッパーデザインについてはメッシュの切り返しとNのロゴが違います。

  • 990v1:正面から見た時のメッシュ部が3つ
  • 996:正面から見た時のメッシュ部が1つ

990v1はメインのメッシュ部とサイドの小さなメッシュがあります。

対して996は大きなメッシュが1つあるだけです。

そして、大きく違うのはソールユニットとヒールデザイン。

996は…

  • ENCAP
  • C-CAP

この2つは現在でも使われているテクノロジー。996以降のモデルはハイテク感がプラスされるため、クラシカルなアッパーデザインにハイテクを盛り込んだ996は不動の人気となっています。

ヒールのデザインも特徴的で、斜めに入ったステッチワークが印象的。

996のアイコン的なデザインだと思います。

996は比較的手に入れやすいモデルであるため、ニューバランスの入門モデルとして最適です。まずは996でニューバランスの世界観を感じ、よりクラシカルなものが欲しければ990v1、ハイテクが欲しければ996以降のモデルを選ぶのがおすすめです。

まとめ

990v1はいかがだったでしょうか?

990シリーズの初代モデル。ニューバランス好きには手に入れたい一足ではないでしょうか。

40周年モデルは赤いタブやシュータンのロゴがアクセントとなったスペシャルなモデル。

しかしながら、個人的にはよりクラシカルな通常の復刻モデルの方が好みです。

復刻モデルは2020年に海外で販売されていました。そのため、海外通販やネットなどを探せば見つかるはずです。

気になった方はぜひ探してみてください。

また、その他のモデルについては下記の記事で解説しています。参考にご覧ください。

ということで今回はこの辺で。

\ 990v1を探す /

この記事が気に入ったら
Let’s share the post!!

アイテム一覧は楽天ROOMで見れます。

楽天ROOMではブログ内で紹介したアイテムをリストアップしています。

価格や在庫の確認等にご活用ください。

\ 紹介アイテムの価格をチェック /

YouTubeチャンネルを見る

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事が気に入ったらシェア‼︎
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事でわかること
閉じる