パラブーツの定番ローファー3選と各モデルの特徴 【ランス / アドニス / コロー】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

THE OLD RIVER

□「月間10万pv」革靴特化のファッションブログ
「THE OLD RIVER BLOG」
□革靴インスタグラマー(毎日更新中)
(フォロワー6,700人以上)
□革靴歴7年・20足以上の革靴を所有
□理系出身
□元エンジニア&元アウトドアショップスタッフ
□経験とリサーチで「こだわりのモノ」を紹介

  • パラブーツのローファーが知りたい
  • 何を選べばいいかわからない

パラブーツといえばシャンボードが有名です。革靴好きの方からファッション好きの方まで数多くの方に知られています。

そんなパラブーツ。シャンボード以外にも多くのモデルを展開しています。

その中で、今回はローファーに絞って3つのモデルを紹介していきます。

  • パラブーツのローファーはボリュームがありカジュアルで使えるランス
  • オンオフ兼用で使えるアドニス
  • 気兼ねなく爽快に履けるコロー

この記事ではこの3つのモデルについて徹底解説していきます。

ローファーが気になっている方はぜひ参考にしてください。

この記事でわかること

パラブーツのローファー3選

今回はパラブーツのローファーを4つ紹介します。

その4モデルは…

  • REIMS(ランス)
  • ADONIS(アドニス)
  • CORAUX(コロー)

です。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

パラブーツについては下記で解説していますので、気になる方は下記をご覧ください。

パラブーツにつてい知る

REIMS(ランス)

モデルREIMS(ランス)
素材リスレザー
製法ノルヴェージャン製法
アウトソールMARCHE Ⅱ SOLE
参考価格71,500円

パラブーツを象徴するような厚めのラバーソールに存在感のあるモカ縫いが施されたペニーローファーです。

ローファーの華奢なイメージを変えてくれるボリューミーなフォルムに仕上がっています。

昨今流行りのワイドパンツにも負けないボリューム感があるため、ゆったりシルエットのパンツとの相性が抜群。スニーカーライクな厚めのラバーソールがカジュアルな服装ともマッチします。

さらに製法はノルヴェージャン製法。これは登山靴にも使われている製法で防水性が高いのが特徴。

そのため、雨の日に履くのにも適しています。

使い勝手がよく、スニーカーの延長で履ける感じがあるので、スニーカーから革靴に挑戦したい方の第1足目の革靴としておすすです。

ADONIS(アドニス)

モデルADONIS(アドニス)
素材リスレザー
製法グッドイヤーウェルト製法
アウトソールGALAXY SOLE
参考価格77,000円

ランスに比べるとスタイリッシュに見えるのがアドニス。

品がある大人のローファーって感じがします。

使われているソールはGALAXY SOLEという厚みが抑えられたもの。パラブーツのドレスラインでよく使われているソールです。

製法はグッドイヤーウェルト製法ウェルトの色は黒になっているため、ノルヴェージャン製法のモデルよりもスッキリとしています。これも品の良さに繋がっています。

ローファー自体はカジュアルなデザインですので、カジュアルスタイルにマッチします。特にきれい目なスタイルが好きな方におすすめ。

また、ジーンズスタイルにもおすすめ。ジーンズのカジュアル感をドレスアイテムの革靴が中和してくれて、大人の休日スタイルにしてくれます。

アドニスは30代以上の方が選ばれると活躍の幅が広いのではないでしょうか。

CORAUX(コロー)

[パラブーツ] コインローファー メンズ靴 ブラック 黒 オイルドレザー CORAUXモデル coraux-093612 国内正規取扱
モデルCORAUX(コロー)
素材リスレザー
製法ブレイク製法
アウトソールMARINE SOLE
参考価格29,700円

比較的低価格なモデルのコロー。

デッキシューズBARTHを原型に作られたモデルです。

そのため、使われているソールは水で滑りやすい甲板(デッキ)でも滑りにくいMARINE SOLEが採用されています。

製法はブレイク製法。聞き馴染みがあまりない製法ですが、聞き馴染みがある言い方だとマッケイ製法です。

ヨーロッパではブレイク製法。アメリカや日本ではマッケイ製法と呼ばれているそうです。

マッケイ製法はウェルトを介さないでアッパーとソールを縫い付ける方法。パーツが少なくなるため、グッドイヤーウェルト製法よりも最初から柔らかな履き心地となります。

なので、楽にローファーを履きたい方におすすめです。

価格も3万円以下ですので、パラブーツの中でも比較的手に取りやすいのも魅力ですね。

また、RAID SOLEという厚めのソールを使ったモデルもあります。

太めのパンツなどを合わせたい方はこちらのモデルの方がいいかもしれませんね。

価格は35,200円で通常のコローより5,000円ほど高くはなります。

パラブーツをおすすめする理由

パラブーツをおすすめする理由は…

  • 長く履ける堅牢性
  • 雨にも強い革と製法、ラバーソール
  • カジュアルでも使いやすいボリューム感

この3点です。

長く履ける製法

パラブーツの定番モデルであるシャンボードやミカエル、アヴィニョンなどは登山靴でも採用されているノルヴェージャン製法で作られています。

ソール交換が可能な製法で、ソールが減ってきたとしても交換して長く愛用することができます。

今回紹介したローファーだとランスに採用されています。

ノルヴェージャン製法で作られたモデルは7万円ほどするため、初期投資としては高めです。しかし、長い目で見れば5年、10年と履けるため、結果的にはコスパがいいのではないでしょうか。

また、革靴は流行の移り変わりが緩やかであるため、5年先、10年先でも履いていけます。

良いものを長く使いたい方に非常におすすめです。

雨にも強い革・製法・ラバーソール

パラブーツは雨に強いとよく言われます。

その根拠となっているのが…

  • 革:リスレザー(オイルドレザー)
  • 製法:ノルヴェージャン製法
  • ラバーソール

この3つからです。

パラブーツの多くに採用されている定番の革はリスレザーです。これはオイルが含まれた革で水を弾きやすく浸透しにくい革になっています。

製法は先ほども述べた通り登山靴にも使われているノルヴェージャン製法。防水性に優れた製法でウェルトの部分からの水の侵入を防ぐような作りになっています。

パラブーツの名前の由来にもなっているのがラバーソール。ラバーソールの原料を輸入する「Para港」からパラブーツとなりました。そのため、パラブーツはラバーソールにもこだわっています。

そのこだわりがわかる理由として、革靴ブランドとしては唯一、ソールを自社で生産しています。

モデルによってラバーソールの種類も変えており、カジュアルラインなら厚みのあるソール、ドレスラインなら薄いソールを採用しています。

ソールについては下記を参照してください。

ソールの種類を知る

ラバーソールは言わずもがな水を通しません。さらにグリップ力もあるため、雨の日でも安心して履くことができます。

以上から…

  • 水に強いリスレザー
  • 防水性のあるノルヴェージャン製法
  • 雨でも履けるラバーソール

があるため、雨でも安心して履くことができます。

一応、本当に雨に強いのか検証した記事もあるので、本当に雨に強いかどうかを知りたい方は下記をご覧ください。

雨に強いのか検証

カジュアルでも履きやすいボリューム感

革靴はどうしてもビジネスシューズのイメージが強いです。

なので、私服に革靴を合わせるのが苦手な方もいると思います。

しかし、私服に革靴は意外と合います。そして簡単に大人っぽさやきれい目な印象がでます。

ですが、革靴を私服に合わせる時はちょっとした注意点があります。

それがボリューム感です。

簡単に言うとビジネスシューズのような細く長いフォルムではなく、ぽってりとしたフォルムがカジュアルな服装に合います。

その点でパラブーツの革靴は最適です。

アウトドアブーツをルーツに持つパラブーツは、結構ぽってりとしたフォルムをしたモデルが多いです。また、厚みのあるラバーソールも相まってボリュームかんがあります。

これがカジュアルな服装にマッチします。

ローファーではありませんが…参考までに。

こんな感じでジーンズとの相性もいいので、カジュアルでも革靴を履きたい方にパラブーツはおすすめです。

他ブランドのローファーをもっと見る

カジュアルに履ける革靴をもっと見る

まとめ

パラブーツのローファーはいかがだったでしょうか。

定番の3つをここでは紹介しました。

簡単にそれぞれの特徴とおすすめしたい人をまとめると…

ランス

ボリューム感があるのでワイドパンツなどと相性が良い・

カジュアルメインで履きたい方におすすめ。

アドニス

品のあるきれい目なローファー。

ジャケパンスタイルや細身のジーンズとの相性が良い。きれい目なファッションが好きな方におすすめです。

コロー

比較的手に取りやすい価格のローファー。

マッケイ製法なので履き始めから履き心地が良いのが特徴。楽にローファーを履きたい方におすすめです。

是非ともお気に入りのローファーを見つけてください。

また、パラブーツはセレクトショップとの別注も多いです。定番だけどちょっと違う感じが欲しい方はセレクトショップの別注をチェックしてみるといいと思います。

思わぬ掘り出し物に出会うこともあります。

ということで、今回はこの辺で。

この記事が気に入ったら
Let’s share the post!!

アイテム一覧は楽天ROOMで見れます。

楽天ROOMではブログ内で紹介したアイテムをリストアップしています。

価格や在庫の確認等にご活用ください。

\ 紹介アイテムの価格をチェック /

YouTubeチャンネルを見る

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事が気に入ったらシェア‼︎
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事でわかること
閉じる