女性に穿いて欲しいこだわりデニムブランド7選 | インディゴから加工ジーンズまで紹介

URLをコピーする
URLをコピーしました!

THE OLD RIVER

□「月間10万pv」革靴特化のファッションブログ
「THE OLD RIVER BLOG」
□革靴インスタグラマー(毎日更新中)
(フォロワー6,700人以上)
□革靴歴7年・20足以上の革靴を所有
□理系出身
□元エンジニア&元アウトドアショップスタッフ
□経験とリサーチで「こだわりのモノ」を紹介

やはりカジュアルアイテムの定番といえばジーンズですよね。

男はジーンズにこだわりがちですが、女性はどうなんでしょうか。

正直わからないですね。

ですので、私が勝手に女性に穿いて欲しいこだわりデニムブランドを紹介します。

男性目線で選ぶので、女性からするとちょっとと思うところもありますが、是非ご覧ください。

この記事でわかること

女性に穿いて欲しいジーンズ

今回は女性に穿いて欲しいジーンズブランドを紹介していきます。

私は男ですので、男性目線から選んでいます。

こだわりの強いTHEジーンズから女性らしいシルエットのものまで、全7ブランドをピックアップしました。

是非ご覧ください。

ANATOMICA:アナトミカ

“伝統で無いものは、すべて盗作である” – ユージェニオ・ドール

ピエール・フルニエが1994年にフランスでANATOMICAをオープンしたのは、当時メンズシーンからは既に失われていた、または失われつつあった伝統的なヨーロッパのファッションを蘇らせるためだった。

そして、2008年に始まった寺本欣児とのコラボレーションにより、ANATOMICAに新たな方向性が加わった。二人のフィルターを通した、日本のものづくりによる、アメリカンテイスト・ガーメントの誕生である。

アナトミカより

618 MARILYN

アナトミカの定番ジーンズといえば…

マリリン

名前が特徴的。あのマリリンモンローが穿いていたパンツがベースになっていることから名付けられたジーンズ。

ライトオンスのセルビッジデニム生地を使用。

ふっくらとしたバルーンシルエットの感じがあります。

穿くとこんな感じ。

女性らしい丸みのあるシルエットです。

バックシルエットもきれいですね。

太めのワイドシルエットが好きな方には、ハマるジーンズではないでしょうか。

618 MARILYNⅡ

こちらはマリリンⅡ

先ほどのとはシルエットが違いテーパードのかかった細身のシルエット。

このようにスッキリした感じで穿けますね。

ボリュームが少ないので軽やかな印象もあります。

シルエットの好みで、選ばれるといいと思います。

YAECA:ヤエカ

2002年にスタート。ブランド名の八重日(ヤエカ)には、日々重ねて着てもらえる服作りがしたいという意味が込められています。日常の中で無意識に使っている日用品をつくり出すように、環境、生活、それら周りとの関係を見ることにより生まれる“必然的にシンプル”なデザインを形にしており、つくり出すということの中での一過性ではない、スタンダードな日常着としての役割を意識したもの作りをしていきたいと考えています。

毎シーズン、新しいラインナップを展開していますが、シーズン毎に全てを作り替えるのではなく、またそのまま継続するのでもなく、 どのアイテムも定番の品になるよう時間をかけて改良を続けながら製作しております。

洋服よりも着ている人がなにより素敵に見える、そんな洋服を目指し、日々着て頂くシンプルな洋服、なのに着ることに喜びがある特別な服、そんなものが作れたらと思っています。

https://people-boutique.com/onlineshop/brand/yaeca/

デニムワイドテーパード

12オンスのセルビッジデニムを使用したモデル。

シルエットはワイドですが裾に向かってテーパードしているので、意外とスッキリした感じです。

腰回りにゆとりがあるため、タックが入った感じに見えます。

ジーンズだと男っぽい感じいなりそうですが、このシルエットなら女性らしさを残してきれいに穿けると思います。

CIOTA:シオタ

CIOTAは、岡山に本拠を構える縫製工場・生地製造販売会社、
株式会社シオタが立ち上げたアパレルブランドです。私たちCIOTAの特徴は、原料の選別から、生地のデザイン、生地織り、洋服のデザイン、縫製仕様の考案、縫製まで、洋服作りにおけるすべての工程を自社で行えること。
そして、すべての工程に徹底的にこだわること。例えば、コットン生地は、すべて自社開発のオリジナルです。
原料にしているのは、インド南部でのみ栽培され、世界の綿の生産量においてわずか数パーセントしか収穫できないという最高級の貴重な超長繊細綿、スビンコットン*。
CIOTAのコットンには、必ずスビンコットンが使用されていて、これは私たちのエクスクルーシブ生地です。
その光沢はシルクのようで、肌触りのなめらかさはカシミアに引けを取りません。良質な生地は、ひらめきをもたらします。
CIOTAのデザインはトレンドではなく、生地からのインスピレーションに従ったもの。
シンプルなデザインは、生地の個性を際立たせるため。
自社工場での縫製によって、素材を活かした、ベーシックなコレクションを製作しています。

シオタより

本藍 11.5oz ハイウエストデニム レディース

比較的新しいブランドながら、素材にこだわったブランドとして、人気が出ています。

その中で、シオタのジーンズは完成度が高いです。

素材にはスビンコットンと呼ばれる最高級のものを使っています。

スビンコットンの特徴はシルクのような光沢、カシミアのような肌触りと言われています。

デニム特有のゴワゴワ感が少なく、女性でも穿きやすいです。

素材にこだわったジーンズが欲しいならこのシオタがおすすめです。

Shu jeans:シュージーンズ

Shu jeansは、デニムの生地からオリジナルで作り込んでいます。セルビッチ(耳付き)の、かっこいいストレッチデニムを作りたくて、Denime からRESOLUTEという日本のベーシックジーンズを作り続けてきた林芳亨と、そのパートナーシップとして長年生地作りに関わってきた鶴田氏に依頼したのは、12年前のことです。お願いしたのは、よくあるストレッチデニムのようなペタッとしたゴムっぽいイメージのものではなく、力織機本来の立体感のあるデニム生地にしてください、ということ。

そして、洗うとシュリンク(縮む)して地の目が斜めに歪むもの。ヴィンテージのリーバイスのように、脇線が斜めになって欲しいです、と。鶴田氏は、微妙な調整でテストをくりかえしました。

ストレッチの生地は、縮ませて伸びるように作るんですが、縮んだ状態ではデニムの綾目の縦糸の白が消えてしまうので、それ以上縮まないように、生地に形態安定加工をかけたのです。

そうして何度かの試織の後、ストレッチ性は少ないけれど、立体感のあるデニムができました。それが、現在 Shu jeans に使っているデニムです。

Shu jeansより

Peggy:ペギー

すごくベーシックなジーンズ。

シュージーンズの中では、少し太めですが、裾に向かってテーパードしています

穿いてみると、そこまで太さを感じませんね。

いろんな服装に合いやすいシルエットです。

素材はコットン98%にポリウレタン2%が含まれたストレッチ性のあるもの。

これも女性には嬉しいポイントなのではないでしょうか。

また、経年変化も楽しめます。加工ジーンズもあるので、最初から色落ちしたものも選べます。

このように、濃いネイビーから爽やかなブルーに変わっていきます。

季節やコーデによって、色違いを持つのもいいですね。

WESTOVERALLS:ウエストオーバーオールズ

西から昇ったそれは東へ降りてきた。 

かつて反逆者のシンボルとして、または労働者の勲章とされてきた。 

まさにそれは自由の象徴として世界の中心で佇んでいる。 

ファッション界に多くの革命をもたらしたデザイナーがこう言った。 

「それを私が世の中にだすことができなかったことが残念でならない」 

偶然ではなく必然に、 そして必然として偶然生まれたそれはたくさんの人々を魅了している。 

西から昇ったそれは東へ降りてきた。 

いつの時代も無くてはならない存在として、未来永劫存在し続けるであろう。 人間とは切っても切れない関係なのだ。 

西から昇ったそれは東へ降りてきた。 

西洋の田舎町から誕生し、産業革命により進化し、世界で一番大きな国で繁栄し、今では世界中の人々が知っている。 それは「JEANS」。 

長い歴史の中で創造されてきたそれは、瞬間と循環のなかでそっと進化してきた。 

西から昇ったそれは東へ降りてきた。 

かつて反逆者のシンボルとして、または労働者の勲章とされてきた。 

まさにそれは自由の象徴として世界の中心で佇んでいる。 

そんな「JEANS」に魅了された人々の物語。 

19 世紀の終わりにはじめて創造されたそれは、WAIST OVER ALL と名付けられ、 これからも瞬間と循環のなかで、そっとかたちに変わるであろう。 そう、未来を目指して創造するそれは、「WESTOVERALLS」である。

WESTOVERALLSより引用

801S

ウエストオーバーオールズは少しジーンズっぽくないディティールです。

ポケットの端につくリベットが排除されていたり、サイドが巻き縫いで縫製されていたりします。

シルエットがきれいなるようなパターンで作られており、ジーンズ特有の直線的なシルエットとは一線を画すようなジーンズです。

ジーンズ野暮ったい感じが苦手な方におすすめしたいです。

こちらの801Sは定番のストレートシルエット

厳密にはテーバードしているようですが、穿くとストレートシルエットになります。

その辺りも計算されて作られています。

817F

こちらはフレアのジーンズ。

フレアは裾が広がっているパンツのこと。

こちらは僅かなフレアということで、穿いてみるとストレートって感じです。

先程のストレートよりは少し太め。

センタープレスが入っているので、スラックスのようなきれいさがあります。

大人っぽいコーデにどうでしょうか。

ちなみにウエストオーバーオールズはほとんどのモデルがユニセックス。

カップルでお揃いのジーンズにしてもいいかもしれませんね。

女性っぽい色だと白もあります。

清潔感があってきれいですね。

RED CARD:レッドカード

リアルヴィンテージのように立体感が感じられるウォッシュ加工とアタリやヒゲのユーズド加工に、

日本の繊細なクオリティーが随所に見える佇まい。

単なるワークウェアとしてのデニムとは真逆の発想をもつRED CARDは、機能面ばかりを追求するのではなく、

きめ細やかな日本の感性が生み出した発想“進化版REAL DENIM”を提案します。まさにファッションリテラシーが高く、

シンプルだけれどちょっとしたエッセンスがあることを楽しむことが出来るオシャレな人をターゲットとしています。

レッドカードより

ANNIVERSARY:アニバーサリー

レッドカードの得意としているのが、加工デニム

こちらはだいぶ履きこまれたような色落ちとアタリがついたモデルです。

これ以外にも色味や加工の仕方が違うのもあります。

色味や加工具合は好みですね。

シルエットはテーパード。

脚が長く見えるようなシルエットです。

カジュアル感の強い加工デニムですが、シルエットがきれいなので、きれい目な服装にもマッチしそうですね。

orSlow:オアスロウ

originalityのある服を吟味しもの創りする。
めまぐるしい速さで流れていくファッションの世界で、ゆっくりと進みながら自分らしさを見つめ直していく。19〜20世紀に誕生した衣類、特にワーク・ミリタリーから派生する衣類は、作業着に限らずファッションとして多くの人たちに愛され、今現代もなおベーシックウェアとして支持され続けています。そういった永遠の定番服を私たちのフィルターを通してslowにデザインしていく。手から生み出されるぬくもりを大切に、細部に至るまでこだわったクオリティーの高いもの造りを目指しています。

オアスロウより

JASMINE

ハイライズでライトオンスのデニム生地を使ったモデル。

少し太めでストンと落ちるようなシルエット。

トレンドライクで、このようにタックインしてジーンズのシルエットを見せるのもいいですね。

オアスロウは素材にもこだわったブランドなので、穿いていくことで経年変化も楽しめます。

107

こちらはTHEジーンズって感じの5ポケットジーンズです。

細めのシルエットで、シャツなどと合わせてきれい目に穿くことができます。

男性用と女性用があり、私も愛用しているジーンズです。

色落ちも素晴らしく、淡い色味に変化していきます。またムラ感もあり、独特の風合いに変わっていきます。

育てるジーンズが欲しい方におすすめです。

まとめ

女性に穿いて欲しいジーンズはいかがだったでしょうか。

素材にこだわりを持ったもの。シルエットがきれいなもの。ヴィンテージのような加工がされたもの。

などなど。

皆さんが気になったものはあったでしょうか。

ジーンズはカジュアルウェアの代表格。

いろんな人が穿いているので、他の人とはちがったこだわりを持つといいと思います。

今回、紹介したのものは男性目線で選んだジーンズにこだわりを持ったブランド。

プチプラブランドもいいと思いますが、是非こういったこだわりジーンズも試してみてください。

ということで今回はこの辺で。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事が気に入ったらシェア‼︎
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事でわかること
閉じる