おすすめ革靴

アメリカ製の白ソックス「レイルロードソック」レビュー | 革靴と合わせたい靴下

3 min 641 views

どうも、革靴好きの

THE OLD RIVERです

皆さんは靴下にこだわりがありますか?

3足1000円とか、セール品の靴下ばかりではないですか?

まぁ私もそんなところです。

ですが、革靴を履くようになってから靴下も気を使うようになってきました。

そんな中で今回紹介するのは…

ただの白ソックス

某YouTubeチャンネルで存在を知り、気になって購入しました。

その名も…

レイルロードソック

どんな靴下なのか詳しく見ていきましょう。

RALLROAD SOCK(レイルロードソック)とは?

レイルロードソックとはその名の通り、鉄道員が履いていた靴下のことです。

ブランドの歴史は古く、アメリカで最も古い靴下企業の一つです。

1901年にレイルロードソックというブランド名が誕生し、現在までアメリカ製を貫いています。

個人的にはアメリカ製というのに惹かれました。

昨今、アメリカ製は少なくなっている印象があります。特別、アメリカ製の品質がいいとは言い切れませんが、何か雰囲気を感じるというか、魅力を感じてしまいます。

しかも、100年以上続く靴下専業ブランド。

老舗のアメリカブランドというだけで、手にしてみたい欲求に駆られてしまいます。

ということでここからはどんな靴下なのかを見ていきましょう。

レイルロードソックのレビュー

パッケージ

こちらが今回購入したレイルロードソックのCREW SOCKSのパックです。

全部で6ペアが入っています。

色は見てわかる通りホワイト。

パッケージにはMADE IN USAとアメリカの国旗がプリントされています。これだけでもテンションが上がり気味です。

レイルロードソックのロゴは名前の通り鉄道のイラスト。これもいい感じです。

全体的にパッケージの印象はドンキホーテなどで売られているような印象はあります。これはこれでありだと思っています。

裏は靴下の説明が書かれています。

近くで見るとこのように書かれています。

サイズ感やフィット感は後述します。

レイルロードソックの外観

これがレイルロードソックの靴下です。

靴下のタイプとしてはチューブソックスに近い感じです。

チューブソックスは踵の部分で折り曲がらない形状のこと。

レイルロードソックもそれに近く、踵の部分はほとんど折り曲がっていません。少しだけ曲がっています。

そして足が入る部分は…

フワフワしています。

タオル地のような感じです。

ちなみに素材は…

コットン85%

ナイロン15%

肌触りはよく伸縮性もあります。

このように伸びてくれます。ですがあまり締め付けはないので、サイズが合ってないと靴の中でズレたりします。

履いた感じそこまで気になるズレではありません。

次にリブの部分。

こちらも伸縮性があります。

こんな感じで伸びてくれます。

締め付けは強くないです。むしろ他の靴下に比べると緩い感じがあります。

ずり落ちてくることもあるので、ずり落ちが嫌な方にはあまりおすすめできません。

しかし、締め付けが苦手な方にはありだと思います。

そして、写真を見てもわかる通り、メッシュ状になっています。そのため、通気性がよく蒸れにくいです。

サイズ感とフィット感

サイズ表記はこのようになっています。

正直よくわからないですが、推奨としては足のサイズが26cm以上の方がいいそうです。

ちなみに私の足のサイズは25cmくらいです。

履いてみるとこんな感じ。

25cmの私でもそこまでルーズな感じはしません。

踵の位置は少しズレている感じがあります。

この辺はアメリカサイズということもあり、やはり足が大きめの人の方がフィット感がいいと思います。

履き心地とコーデ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

THE OLD RIVER BLOG(@the_old_river)がシェアした投稿

履き心地はいいです。

やはりクッション性があり、革靴と合わせた時に、革靴の硬さを和らげてくれます。

ですが若干靴のサイズ感が変わるため、タイトフィットな革靴だと圧迫感が強くなります。

その辺は革靴との相性も考えて組み合わせる必要があります。

また、白色のため色移りも気になります。

革靴の場合だと、靴内部のライニングの染料がついたり、革靴表面のクリームがついたりすることがあります。

その点は注意してください。

価格

レイルロードソックはネットで購入可能です。

アメリカ製の靴下のため、高いと思いきや意外と…

お手頃です。

靴下の数で価格は変わります。

3足セットは1,000〜1,500円

6足セットは2,000〜2,700円

1足あたり約400円

どうでしょうか?

靴下は安いものを探せばいくらでも安いものは出てきます。

しかし、アメリカ製で100年以上続く老舗ブランドの靴下。

これが1足あたり400円。

アメリカ好きの方なら買って損はない価格ではないでしょうか。

色は白色の他にブラックやグレーなどがあります。

ブランドロゴもラインも色の切り替えしも入っていない靴下。

探すと意外と見つからない。

シンプルな白ソックスをお探しの方は是非とも手にとって見てください。

まとめ

レイルロードソックはいかがだったでしょうか。

白ソックスは子どもっぽい印象がありますが、革靴と合わせるとドレスとカジュアルのバランスが良くなります。

靴とパンツの間でチラッと見える白が抜け感となってくれます。

また、靴下って不思議なことに片方だけどこかいく時があります。たまに左右を間違えて履いてしまうこともあります。

ロゴも何も入ってないシンプルな白ソックスなら、そんな煩わしさはなくなります。

なので、めんどくさがりな方にもおすすめです。

ということで、今回はレイルロードソックの白ソックスについてでした。

白ソックスに関してはヘルスニットもレビューしています。気になる方は下記からご覧ください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です