【ユニクロジーンズ徹底レビュー】2万円台のレプリカジーンズと比較。

プチプラブランドといえばユニクロ。

そんなユニクロで私が注目しているのが…

ジーンズ

ユニクロが販売しているジーンズだから、まぁ普通のジーンズなんでしょ。と思った方。

実はユニクロのジーンズってすごいんですよ。数万円するようなジーンズと比べても遜色ないくらいに。

そういったことを今回は私の所有する2万円台のジーンズと比較しながら徹底レビューします。

スポンサーリンク

ユニクロのジーンズはすごい

ズバリ言います。

ユニクロのジーンズは…

2万円台のジーンズに匹敵するようなクオリティです

言い過ぎかもしれませんが、これから書くことを見ていただければあながち言い過ぎでもないと思うはずです。

そしてユニクロジーンズはすごいんです。

では、なぜすごいのか。理由を示すと…

  • 素材がすごい
  • コスパがすごい
  • 入手しやすい

単純な理由ですが、これこそがユニクロの凄さを物語るものです。

それぞれ見ていきましょう。

ユニクロジーンズのここがすごい

素材

有名な話だと思いますが、ユニクロジーンズの生地は…

カイハラデニムです。

カイハラデニムとは

1893年に創業し、デニムの紡績・染色・織布・整理加工の一貫生産を行っている名門。世界の名だたるブランドからオファーが絶えず、“カイハラデニム”が高品質の指標となっているほど。UNIQLOとのパートナーシップは1998年からスタート。ストレッチセルビッジジーンズ以外にも、様々な商品の生地開発・製造をしています。

【カイハラデニムHPより】選ばれるカイハラデニム

ハイブランドでも使われているような有名な生地。ハイブランドと全く同じかと言われると…そこまではわかりません。

そして、ユニクロはこのカイハラデニムと生地を共同開発しています。より良い生地を求めて生地開発から携わる。これだけでもユニクロが素材にいかにこだわっているかがわかります。

また、生地メーカーを公表している点にユニクロがジーンズにかけるこだわりを感じます。

3,990円なら、カイハラデニムでなくてもコスパがよく感じます。他の生地にしたら原価を下げれるかもしれません。それをせずにカイハラデニムで3,990円を打ち出す点にいいものを手に取りやすい価格にするユニクロの「ライフウェア」の考えが入っていると思います。

ではユニクロのデニム生地はどういった特徴があるのかレプリカジーンズと比較しながら見ていきましょう。

比較するのは、2020AWで販売されたユニクロユーのセルビッジジーンズとリゾルト710です。

【関連記事】【ジーンズ】UNIQLO U セルビッジレギュラーフィットジーンズ (2020AW)レビュー:セルビッジを使ってこの価格⁉︎コスパ、素材、シルエット、ディティール、全て良し。

【関連記事】【ジーンズ】リゾルト710の紹介とエイジングを見てみよう。

デニム生地の特徴と比較

まずお伝えしたいのが、今回のユニクロのデニム生地はセルビッジデニムであることです。セルビッジとは旧式の織り機で織られたもの。ヴィンテージジーンズやレプリカジーンズで多く使われています。

ロールアップしたときに見えるセルビッジのミミが特徴的。

そして、ユニクロのデニム生地の特徴は…

  • リジット(ノリ付き)
  • 新品では黒に近いブルー
  • 毛羽立ちがない

デニムは洗濯すると縮むと言われていますが、実際販売されているのはワンウィッシュや防縮加工がされているものが多いです。そんな中でユニクロのセルビッジデニムはリジット状態です。そのため、色も濃いブルーとなっています。最初はグレーに近い気もします。

生地表面に着目すると毛羽立ちがありません。

ユニクロのデニム

このように色のムラ感はあるもののヴィンテージジーンズ特有の毛羽立ちがありません。

そもそも毛羽立ちって?

リゾルトのデニム生地を見てみると毛羽立ちがわかります。

リゾルトのデニム生地

よくみると毛羽立ちが見えます。産毛のような感じです。

ヴィンテージジーンズなどは表面加工がされておらず、このように毛羽立ちがあります。デニム生地に表情がつくので、ヴィンテージ感や経年変化を楽しみたい方に好まれています。

では、「なぜユニクロは毛羽立ちがないのか?

おそらく、一般ユーザー向けだからです。

そもそもジーンズにすごいこだわりがある方がユニクロを選ぶわけではありません。見た目がきれいだから、ユニクロジーンズの評判がいいからなどで選ぶ人が大半です。

そんな時に毛羽立ちがあったらどうですか?

よくわからない方から見たら、「不良品?」と思われるかもしれません。それを防ぐために毛羽立ちをなくす加工をし、さらにノリ付け状態のリジットにすることで光沢感を演出。きれいなジーンズとしているわけです。

ということで生地の特徴がわかったと思います。

カイハラデニム、そしてセルビッジデニムを使っている点ですごいという評価をしていますが…

正直、生地の質感は賛否あると思います。

「ヴィンテージデニムが好きなんだ」という方には物足りなさがあると思いますし、「きれいなジーンズが好き」という方には好まれると思います。

なので結局は選ぶかどうかは「好み」になってしまいます。

コスパがすごい

3,990円

ユニクロがこだわりのカイハラデニムを使用して作ったジーンズにつけた値段です。

この値段を見て、皆さんはどう思ったでしょうか?

まぁユニクロの普通の価格だよね

こう思った方が多いのではないでしょうか。もしかしら、「ちょっと高くない?」って思った方もいるのではないでしょうか。

何も知らなければこう思うのも当たり前。

しかし皆さんは先程の「素材がすごい」ことを知ってしまいました。

ハイブランドでも使われているカイハラデニムのジーンズ。

それが、3,990円。

どうですか?

普通ですか?

安い

そう安いんですよ。というかコスパが良すぎるんですよ。

セルビッジデニムのジーンズを買うのに最低でも1万円はします。レプリカジーンズなら2万円。ハイブランドのロゴがつけば5万円以上。

ちなみに先程のリゾルトは2万円ほどです。

これを知れば、ユニクロのジーンズがいかにコスパに優れているかがわかります。

ですがコスパが良いのが正義かというと、一概にそうとも限りません。

どこに価値を見出すかは人それぞれ。

コスパに着目する人もいれば、こだわりに着目する人も。もちろんブランドに着目する人もいます。

ですが客観的に言えることは、ユニクロはコスパがよく、素材にこだわり、世界から認められいる有名ブランドということです。

入手しやすい

欲しいけど手に入らない。どこにもない。

そんな経験をしたことは何度もあると思います。

その点において、ユニクロの入手性の高さは魅力的です。皆さんの街にもユニクロはあると思います。さらにユニクロはオンラインストアもあります。

さらに海外にも店舗があります。私は中国在住ですので、海外店舗のあるブランドはありがたいです。

対してレプリカジーンズは取扱店が少ない場合があります。オンラインで販売していることも多いですが、数万円するジーンズは一度は試着してみたいところ。入手性の悪さから、決めかねている方も多いのではないでしょうか。

しかし…

ユニクロジーンズにも欠点が。

人気のジーンズは意外と欠品してしまうことです。話題性の高いものやセルビッジデニムを使ったものは早い段階で無くなってしまうこともあります。特にオンラインストアでは在庫がなくなることが多いと思います。

ですが、地方のユニクロに行くと意外と残っていたりするので本当に欲しいものがある場合はユニクロのHPから各店舗の在庫を調べてみると意外と見つかります。

スポンサーリンク

ユニクロジーンズのここがイマイチ

ここまでは良いことを書いてきましたが、ユニクロにもイマイチな点があります。

それは…

  • ディティールがイマイチ
  • デニム生地のオンスがイマイチ
  • なんとなくイマイチ

レプリカジーンズと比べるとという前置きもありますが、イマイチな点が3つあります。

それぞれ順に見ていきましょう。

ディティールがイマイチ

ユニクロのジーンズはオーソドックスな5ポケットジーンズです。

ジーンズにあまり興味のない方からすると、ジーンズなんてどれも同じ、ディティールもクソもないなんて思うかもしれません。

ですが、ジーンズ好きからすると…

ディティールこそがジーンズの価値を決めるもの」と感じます。

例えば前たて

ユニクロではフロントが全てジッパーフライとなります。これに関してはレプリカジーンズでもあるので一概に良い悪いとは言えません。

ですが、経年変化を意識する方からするとジッパーフライではなくボタンフライの方がアタリが出て良いという方もいます。

ボタンフライのアタリ

写真でもわかる通り、ボタンの跡がうっすらとついています。これはボタンフライならではのアタリです。

またボタンフライは昔のヴィンテージジーンズに見られる仕様。昔はデニム生地が大きく縮んでしまいジッパーフライだと洗濯後に噛み合わなくなることから、ある程度調整のきくボタンフライが使われています。

そんな昔ながらの仕様があるのが「良い」と思う方も少なくありません。これは単に「男のロマン」です。

パッチと飾りステッチがない。これもユニクロジーンズの特徴です。

紙パッチ
革パッチ

普通なら右上にパッチがつきます。

ブランドロゴやサイズが表記されたパッチ。紙パッチや革パッチがあり、この部分も経年変化するため、ついていた方が良い人もいます。さらにはブランドをアピールできる箇所でもあります。

リーバイスのアーキュエイトステッチ

また、バックポケットには飾りステッチがありません。飾りステッチはブランドによって特徴が出る部分。特にリーバイスのアーキュエイトステッチは有名です。しかし、ブランドによっては飾りステッチがないこともあるのでこの部分は好みですね。

他にも、ジーンズは年代によってディティールが異なります。隠しリベットがあったり、サスペンダーボタンやシンチバックがついていたり、シルエットが太かったりなどなど。こだわりをあげればキリがないです。

こういったディティール面に目を向けてしまうとユニクロジーンズでは物足りない方も多いと思います。そういった方にはユニクロジーンズはおすすめできません。

逆にシンプルな5ポケットジーンズをお探しの方からするとユニクロジーンズは求めているジーンズだと思います。

デニム生地のオンスがイマイチ

ユニクロのデニム生地は公表されているもので13.5オンス

これは一般的にもよくあるオンスです。私の所有するリゾルトやオアスロウもこのオンスです。

【関連記事】【ジーンズ】リゾルト710とオアスロウ107を比較する。おすすめはどっち?

ですがなぜイマイチなのかというと、実際に触ってみると…

なんか「ぺらい」感じがあるんです。

これはあくまで私の感覚なのですが、生地が薄い感じがします。だから何ってこともないのですが、肌に直接触れる部分でもあるデニム生地なので、ちょっと気になったりします。

薄いのがダメというわけでもありません。夏場はむしろ薄い方が良いですし、履き心地は薄い方に軍配が上がります。

ですがジーンズ好きからすると「厚みがあって硬いデニムを履いてこそ男」って方もいるので…

私は暑い地域に住んでいるので、むしろユニクロジーンズのオンスは気に入ってます。

ちなみに私は15オンスのジーンズも所有しています。15オンス以上だとだいぶ厚みを感じ、夏場に穿くのはおすすめできません。しかし、厚みがありしっかりした生地のため、アタリやヒゲ、ハチノスといった経年変化をより楽しむことができます。

【関連記事】【ジーンズ】Fullcount 1108xxの紹介とエイジングを見てみよう。

なんとなくイマイチ

もはや感覚的なこと。

服って機能性やデザイン性、こだわりはもちろん重要なのですが、もう一つ重要なのが…

着た時、履いた時に気分が上がるかどうかです。

結構重要なことですよね。

その点でユニクロのジーンズって…

穿いても特に気分が上がるわけでもないです。正直なところ。

どちらかといえば、道具って感じですかね。どこにでもあるものを使っている感覚です。

なのでレプリカジーンズとユニクロジーンズを比べたときに今日はどっちを履こうかなと見比べたらレプリカジーンズを選びます。

でもユニクロジーンズは気軽さがあります。肩肘張らずに穿ける気軽さ。汚れたって破れたって良い。そんな気軽さを持っています。もしかしたらこれが本来のジーンズのあり方で「ライフウェア」を打ち出すユニクロの考えなのかもしれません。

そんな感覚的なことなので、ここでは「なんかイマイチ」と表現しました。

買いなのか否か

冒頭でも言いましたがクオリティの面でいうとユニクロジーンズは2万円台のジーンズにも匹敵します。しかし、より深くジーンズを知っている方からすると2万円台のジーンズに匹敵するほどの魅力は感じません。

ということで、買いなのか否かについては2つの答えがあります。

とにかくコスパがいいセルビッジジーンズが欲しい方は絶対に買い

ジーンズにこだわりを持っている方は買うほどのものでもない

これが私の答えです。

でも私はユニクロのジーンズを所有しています。

どうしてか?

それはセルビッジデニムにデザインという付加価値がついたジーンズだったからです。ユニクロユーから販売されたこともあり、セルビッジデニムを使っているのにヴィンテージ感がない。このギャップ、オリジナリティに惹かれてい買いました。

【関連記事】【ジーンズ】UNIQLO U セルビッジレギュラーフィットジーンズ (2020AW)レビュー:セルビッジを使ってこの価格⁉︎コスパ、素材、シルエット、ディティール、全て良し。

ということは3つ目の選択肢もあります。

好きなら買い」ってことです。

元も子もない答えを最後に持ってきました。これが結論になると怒られそうなので、2つの答えを用意しましたが、結局は好きかどうかです。

ユニクロジーンズのあとはレプリカジーンズに目を向ける

ユニクロジーンズはコスパが高く、手に入りやすい。それ故、満足感という点ではイマイチな印象があります。

これで十分って方はそれで良いのですが、より満足感を得たい方にはレプリカジーンズがおすすめです。

レプリカジーンズの価格帯は2万円前後。

ユニクロ価格からすると5倍。

では5倍の魅力があるかというと…

あります

だから私は持っています。

「じゃあ具体的にその魅力は何?」と聞かれると…

実は具体的に伝えるのが難しいです。デニム生地がユニクロの5倍優れているかと言われればそうでもないです。

ですが所有していることに関する満足感でいうと、間違いなくレプリカジーンズの方が優れています。

穿くと気分が上がりますし、経年変化していく姿はまるで子供の成長を見ているようです。(子育て経験はありませんけど…)

愛着が持てる。こう表現するとわかりやすいでしょうか。

では「どんなブランドのジーンズがいいのか?」というと、これもまた人それぞれ。どの点に重きを置くかでブランドの選び方は変わってきます。

私の場合は、革靴との相性を考えジーンズを選んでます。どんなジーンズなのか参考までに下記の記事をご覧ください。

【関連記事】革靴好きが選んだデニムブランド4選【革靴と相性のいいおすすめジーンズ】

ジーンズを1本おすすめするのであれば…

リゾルトをおすすめします。全部で4種類の型しかなく、そのどれもがヴィンテージジーンズの復刻的なディティール。さらに現代的でモダンなシルエットです。最初のレプリカジーンズとして強くおすすめしたいです。

【関連記事】【ジーンズ】RESOLUTE (リゾルト)のモデルは全4型。購入前に知っておきたいそれぞれの特徴と違い。

まとめ

ユニクロジーンズはいかがだったでしょうか。

クオリティでいえば3,990円の価格に収まっているのがおかしいと思うようなジーンズ。特に素材に関しては数万円出してもいいと言えるのではないでしょうか。

ユニクロだから買うのをやめとこうと思っていた方も今一度ユニクロジーンズに目を向けてはいかがでしょうか。

また、ユニクロジーンズは色々な型があります。その中で私がおすすめしたいのが…

セルビッジジーンズです。

シーズンによって多少変わりますが、セルビッジデニムを使ったジーンズは販売されていたら要チェックです。私が持っているものもセルビッジジーンズです。

さらにジーンズが好きになった方にはレプリカジーンズをおすすめします。愛着を持って穿けるジーンズですので、皆さんの良き相棒になってくれるはずです。

ということで今回はこの辺で

スポンサーリンク
コメントを残す

関連キーワード