【革靴図鑑】Alden 54321/54331:Vチップと言えばこのモデル
スポンサーリンク

Alden 54321/54331

出典:なとりや
型番54321/54331
デザインVチップ
素材コードバン
ラストモディファイドラスト
アウトソールシングルレザーソール

1884年アメリカのボストンで創業したオールデン。

オールデンの良さの一つにコードバンモデルが多いことがある。

「オールデンといえばコードバン」そんな言葉が聞こえてくる。

そしてもう一つの良さが…

ラスト

オールデンには様々なラストがあり、それぞれ履きやすい。

そんな中で、特に有名なのが、

モディファイドラストではないだろうか。

そしてこのラストを使った人気モデルが…

54321/54331である。

54321と54331

54321と54331の違いは色である。

両モデルともホーウィン社のコードバン。

54321がバーガンディ。

54331がブラック。

となる。

コードバンは馬の臀部の革。

その特徴は…

光沢と履き皺だ。

光沢と履き皺

コードバンはこのように全体が輝く。

そして、甲に入る履き皺はもこっとした皺になる。

これに魅了されコードバンを選ぶ人は多い。

しかし雨に弱く水シミが出来やすい。そのため雨の日に履くのは避けたい。

特徴と魅力

ラスト

54321/54331のラストはモディファイドラストだ。

この特徴は土踏まずの部分のアーチサポートにある。

アウトソール側から見るとその特徴がわかりやすい。

土踏まずに注目すると、えぐられたように土踏まず部がくびれている。

これにより、足を入れると土踏まずを押されるようになる。

これをアーチサポートと呼ぶ。

本来はハイアーチの人のために、作られたラストのようだ。

アーチサポートがあることで、足に安定感が生まれ、長時間歩いても疲れにくくなる。スニーカーのようなクッション性に頼ることなく、歩行の安定性で疲れにくくしてくれる。

矯正靴を作っていたAldenならではのラストではないだろうか。

これを求めAldenを購入する人も少なくない。

私もその1人だ。

コードバン

Aldenといえば…

コードバンではないだろうか。

前述したとおり、コードバンは特有の輝きと履き皺が入る。

コードバンのタンナーは、Aldenと同じくアメリカ企業のホーウィン社。

Aldenとホーウィン社には深い関係があり、それにそり優先的にコードバン素材を使えるようだ。

コードバンの中で定番の色は…

バーガンディ

ブラック

この2つである。

これ以外の色はレアカラーと呼ばれている。

特にVチップでモディファイドラストのレアカラーに出会えることは少ないだろう。

レアカラーでなくとも、コードバンの輝きは他のレザーとは一線を画すような魅力がある。

その魅力は履かずともわかり、そして履いてしまうと、その魅力に引き摺り込まれてしまう。底無し沼のような魅力で、一度嵌ってしまったらそこから抜け出すのは容易ではないだろう。

最後に

54321/54331の魅力は伝わっただろうか。

このモデルは日本では、よく目にする定番モデルである。しかしながら、海外では定番ではない。というのも、海外ではモディファイドラストのコードバンモデルがほとんど出回っていない。そのため、購入する場合は日本に限定される。

基本的に革靴は海外の方が価格が低い。日本は関税が高く、日本で販売される海外ブランドのほとんどは海外定価の数十%増しになる。

Aldenも例に漏れず、日本での定価は高い。

特にコードバンモデルになると約13万円となる。

そして、値引きもほとんどされていない。

中古市場に目を向けて見ても、コードバンモデルは値段が張る。未使用品であれば、ゆうに10万円は超えるだろう。美品でも10万円前後ではないだろうか。

数年使用モデルでも5万円以上はするだろう。

価格を考えると、購入には決断が必要だ。

一生モノと捉え、購入を決めるべきだ。

しかし、コードバンは希少素材。

購入の決意をしたとしても、マイサイズと出会えるかは運次第。

手に入れたくても、手に入らないことが多々ある。

出会ったときに手に入れる。

これがベストである。

ということで、Alden 54321/54331を革靴図鑑へと記す。

スポンサーリンク
おすすめ記事
update記事