【鞄】吉田カバン/ポータータンカーのウエストバッグ:財布、スマホなど小物を入れるのに便利なボディバッグ。

はじめに

はじめに

鞄といえば、個人的には吉田カバンは外せません。

日本製で職人さんが丁寧に縫製している鞄です。

私も高校時代から愛用し、いくつか所有しています。

今回紹介するのは、タンカーシリーズのウエストバッグです。

では早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

タンカーシリーズ

吉田カバンでは様々なシリーズがあります。

そんな中で、私が1番好きなのは…

タンカーシリーズです。

1983年に発表されて以来、PORTERの代名詞である「TANKER」シリーズは、アメリカ空軍のフライトジャケット「MA-1」をモチーフに開発したオリジナル生地を採用しています。ナイロンツイル(表面)+ポリエステル綿(中間層)+ナイロンタフタ(裏面)という3層構造の生地はとても軽く、ボンディング素材の柔らかな感触と裏面の鮮やかなレスキューオレンジが魅力です。裁断から縫製・パーツに至るすべての工程で、徹底したこだわりを表現しています。

生地はナイロン製で光沢感があり、とても柔らかいです。

さらに、内側はオレンジで目を引く色味をしています。

私はこの色味と素材感が好きで、いくつかこのシリーズの鞄を持っています。

今回はウエストバッグを紹介します。

ウエストバッグ(ボディバッグ)

Front

こちらがポータータンカーのウエストバッグです。

ウエストバッグとして販売されていますが、実際はウエストバッグとしては使用していません。

肩から斜めに掛けるようにしてボディバッグとして使用しています。

そこまで大きくないので、財布やスマホなどの小物を入れるのに便利です。外出時になるべく荷物を持って行きたくない方やズボンにモノを入れたくない方にはおすすめです。

私はジーンズを穿く時にはポケットにモノを入れたくないので、そんな時はこのバッグを使うことが多いです。

では詳細を見て行きましょう。

Back

こちらは背面です。

背面にはジッパーのついたポケットが付いています。

こんな感じで開きます。

タンカーシリーズの代名詞であるオレンジ色が目を引きます。

マチがあまりないのと体に当たる部分ですので、薄い財布やカードケースを入れるのがいいと思います。

私は交通機関のカードを入れています。

Inside

メインポケットを開けるとこのようになっています。

メインポケットは表地と同じく黒色です。

そしてそしてもうひとつ仕切りがあります。

仕切りを挟み、オレンジ色と黒色の部分にわかれています。

オレンジ色の部分には小物を入れるのに適しています。

そして黒色の部分には大きめのモノを入れるといいと思います。スマホやモバイルバッテリーなどが入ります。

また、500mlのペットボトルも入ります。これを入れると他のものがほとんど入らなくなりますが…

Strap

ストラップは長さ調整が行えます。

またバックルで開閉もできます。

ロゴ&生地感

使い始めて10年近いので、ロゴは消えかかっています。わずかにPOTERの文字が判別できるくらいです。

生地はナイロンツイル(表面)+ポリエステル綿(中間層)+ナイロンタフタ(裏面)という3層構造です。

写真からもわかると思いますが、柔らかな生地です。ふにゃふにゃして破れやすいと思われるかもしれませんが、耐久性もあります。10年近く使っていても、破れたことはありません。光沢感も失われず、汚れも目立ちません。

普通に使っていけば、何十年と使っていけるモノだと思います。実際に私は10年近く使っていますし。

まとめ

タンカーシリーズのウエストバッグはいかがだったでしょうか。

最近は女性でもボディバッグが流行っているようですね。妻もボディバッグを購入し使っています。ポーターではありませんが。

今回紹介したボディバッグは小さめですので、男女で使っていけます。夫婦やカップルでシェアして使うのもいいと思います。

カラーはブラックの他にグリーンとグレーがあります。

お好みの色をお選びください。

また、一回り大きいサイズのモノもあります。もう少し容量が欲しい方にはそちらをお勧めします。

ということで今回はこの辺で

次回もお楽しみに
スポンサーリンク
おすすめ記事
update記事