【チノパン】BUZZ RICKSON’S ORIGINAL SPEC CHINOS:少し細身にしたアメリカ軍のチノパン。

はじめに

チノパンはミリタリー由来のパンツです。

軍モノのパンツを探していくと、アメリカ軍やフランス軍のチノパンを見つけることができます。

そして今回紹介するチノパンは、アメリカ軍のチノパンを復刻しているブランド「BUZZ RICKSON’S」がオリジナルとして作ったモノです。

アメリカ軍のチノパンをベースとして、現代的に少し細身にしたモデルとなっています。

では早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

BUZZ RICKSON’S

まずはじめに、どのブランドのチノパンを紹介するのか気になりますよね。

今回紹介するチノパンのブランドは、タイトルにもあるように…

BUZZ RICKSON’S(バズリクソンズ)です。

バズリクソンズとは

BUZZ RICKSON'S(バズリクソンズ)とは、1993年に誕生したフライトジャケットの歴史と誇りを追求するブランド。その復刻作業は当時のMIL SPEC(軍用という過酷な環境に耐えうるよう定められた規格)に基づいたもので、糸の紡績から織り、生地の素材、各部の軍用パーツ、全体のフォルムに至るまで徹底的にこだわり、一着一着にクラフツマンシップを込め、ヴィンテージのフライトジャケットが持つ魅力を再現している。

※https://www.buzzricksons.jp/news/37/

フライトジャケットを主に復刻しているブランドです。

そのほかに、軍で使われていたジャケットやパンツなども復刻しています。

そのひとつが今回紹介するチノパンです。

ORIGINAL SPEC CHINOS

バズリクソンズでは、アメリカ軍のチノパンを復刻しています。

1942年モデル

1945年モデル

復刻モデルはこの2つです。

この2つの内、私は1945年モデルを所有しています。この2つは細かなディティールが違うのはもちろんですが、大きく違うのは太さ。1942年モデルの方が太いシルエットです。1945年モデルでも十分な太さがあります。下記の記事で詳しく紹介しているので、よければご覧ください。

そして今回紹介するのは…

ORIGINAL SPEC CHINOSです。

ミリタリーを知り尽くしたバズリクソンズが、それらのいいところ取りをし、少し細身にした穿きやすいモデルとなっています。

Front

こちらがオリジナルスペックのチノパンです。

正直、どこにでもあるチノパン。

「THE 普通」

というのが私の第一印象です。

しかしディティールを見ていくと、随所にこだわりを見られます。

見ていきましょう。

コインポケット

コインポケットがつきます。

正直コインポケットの使い道がよくわかりませんが、アメリカ軍のチノパンに採用されていたディティールです。

ジップフライ

ジップフライ仕様です。

1942年、1945年モデルではボタンフライですが、こちらのオリジナルスペックはジップフライです。

ジップフライの方が開閉しやすく、使い勝手がいいと思います。

ジップフライなので、一見すると普通ですが。ここにこだわりポイントがありました。

それが、ジップのブランド。

一般的にジップのブランドといえば、YKKです。

しかし、こちらのジップは…

TALONです。

TALONは1893年に世界で初めてファスナーを発明した米国の会社であり、長きに渡り世界のトップ企業として君臨してきた。現在、日本を含め数多くのファスナーメーカーがTALONの規格に基づいて複製した商品を供給していることを鑑みても、TALONのファスナーが発売当初から完成度の高いものであったことが証明できる。第一次世界大戦の飛行服にTALONのファスナーが採用されたことを契機に服としての機能性が飛躍的に向上し、ファスナーが一気に世に広がることとなった。戦後のマーケットにおいてもTALONファスナーは圧倒的なシェアを世界で誇り、特にアメリカンビンテージウェアにとっては、TALONはすべての服のブランドにおいて象徴的な存在である。

※https://www.clix.co.jp/talon/

ヴィンテージ品の服などでみるようなジップブランドです。

普通は見えないところなので気にならないと思いますが、こういった細かいディティールが男心をくすぐってきます。

Back

後ろ姿はこんな感じ。

こちらも普通な感じがします。

ここで見て欲しいのはバックポケットです。

Pocket

このようなポケットを…

玉縁ポケットと言います。

手間がかかり、技術も必要な仕様となっています。

アメリカ軍で使用されていたチノパンにも玉縁ポケットが採用されています。

生地

生地は…

高密度ウエストポイントになります。

ウエポンと略されることもあります。

これは、米国陸軍ウエスト・ポイント士官学校の制服に由来する生地ということで、ウエストポイントと呼ばれています。

ウエポンは一般的なチノクロスと違い、単糸ではなく双糸の綾織りです。そのため、丈夫で光沢にも優れています。

実際にハリがあり、光沢感も少しあります。

洗っていくと光沢がなくなっていくと思います。チノパンでもジーンズのような経年変化を楽しむことができます。

縫製

裏返してみるとこんな感じになります。

縫製を見てみると…

このように巻き縫いとなっています。

また、サイドもダブルステッチとなっています。

洗っていくと、パッカリングが出そうです。

経年変化が楽しみです。

しっかり縫製されているので、生地と併せて丈夫で長く履いていけると思います。

そして、腰の部分にはバズリクソンズのロゴがあります。

1945年モデルは復刻モデルということもありロゴがありませんでしたが、こちらはオリジナルということでロゴがあります。

ディッキーズのように外側にロゴがないので、穿いている時にはどんなブランドかわかりません。匿名性があります。

シルエット

ここでは実際に穿いてみてシルエットを見ていきましょう。

裾上げ済みです。靴にかかるくらいの長さです。

シルエットはバズリクソンズのチノパンの中では細身です。スキニーほどの細さはありません。

ちょうどいい感じの細さでストレートシルエットです。

靴に裾がかかっていると野暮ったく見えるので、ロールアップをしたほうがいいです。

いかがでしょうか。

生地に少し光沢感があるので実際には上品に見えます。シャツやジャケット合わせて着るのもいいと思います。

そして、革靴に合わせるのもいいですよね。

まとめ

バズリクソンズのオリジナルスペックチノパンはいかがだったでしょうか。

復刻チノパンを手がけるバズリクソンズならではのディティールだったと思います。

チノパンは定番中の定番パンツ。

定番だからこそ、ディティールにこだわるのもいいかもしれませんね。

そして今回のオリジナルスペックは少し細身になっているので、着回しやすいパンツになっていると思います。

ミリタリー系のチノパンが欲しいけど、軍モノだと太すぎて抵抗がある方にはおすすめできます。また、すでに軍モノを持っていて、それと差別化したいチノパンを探している方にもおすすめできます。

そして気になるお値段ですが…

12,980円です。

少しお高めな感じもしますが、こだわりのあるチノパンで長く穿けます。いいチノパンが欲しい方は是非。

ということで、今回はバズリクソンズのチノパンでした。

ではこの辺で

次回もお楽しみに

スポンサーリンク
おすすめ記事
update記事