【古着】1970年代スウェーデン軍のユーティリティパンツ:キレイ目な軍パン。

はじめに

様々な国のミリタリーパンツがあります。

アメリカ軍、フランス軍、イギリス軍…

今回紹介するのは…

スウェーデン軍のパンツです。

どんなパンツなのか?

早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

スウェーデン軍のミリタリーパンツ

スウェーデン軍のパンツはデザイン性が高いのが有名のようです。

M59

こちらのカーゴパンツは人気があります。

テーパードがかかっており、裾にはベルトが付いています。

軍パンの無骨な感じをあまり感じさせず、スタイリッシュな感じがします。

ですが…

今回紹介するのはM59ではなく、他のパンツです。

それが…

1970年代のユーティリティパンツです。

ユーティリティパンツ

購入した販売サイトにはM68と記載されていましたが、ネットで同じようなパンツを探してみると、ユーティリティパンツと明記されていたので、ここではユーティリティパンツと呼びます。

どんなパンツなのか詳細を見ていきましょう。

Front

こちらがユーティリティパンツです。

発色の良いオリーブカラーです。

カーゴポケットはなく、ワークパンツのような雰囲気です。

シルエットは太すぎず、細すぎず。穿いた時のシルエットは野暮ったさがありません。チノパン感覚で穿けます。

ワンタック

ワンタックが入っています。

タックが入ることでキレイ目な印象が出るように思います。昨今のトレンドでもあるので、個人的にいいと思うディティールです。

ボタンフライ

ボタンフライ仕様になります。

慣れないと開閉が面倒ですが、慣れてしまえばボタンフライの方が早く開けれます。(個人差があります)

ボタンはプラスチックのような感じで、安っぽい感じは否めません。閉めると全く見えなくなるので、見た目的には問題ないと思いますが…

Back

後ろ姿はこんな感じです。

右手側にポケットがひとつ付いています。

ポケットはボタンで閉められる仕様になっています。

財布などの貴重品を入れる場合はボタンを閉めた方がいいかもしれませんね。

盗られる心配を軽減できます。

まぁ入れるかどうかはわかりませんが…

全体的にシンプルな作りです。

カーゴポケットも付いていないので、軍パンだけど無骨な印象は少ないかと思います。

スポンサーリンク

シルエット

では実際に穿いてみましょう。

こちらのパンツは裾上げをしておらず、裾が長いためすでにロールアップしています。

穿いてみるとシルエットがキレイな感じがします。

横から見るとすとんときれいなストレートシルエット。

カーゴポケットもないので無骨な印象はなく、チノパンやスラックスに近い感じで穿けると思います。

結構合わせやすいパンツではないでしょうか。

生地はそこまで厚くなくオールシーズン穿けます。

足元は革靴にしてみました。

軍パンと革靴の相性は個人的に好きです。相性抜群だと思います。というか革靴が好きなだけかもしれませんが…

まとめ

スウェーデン軍のユーティリティパンツはいかがだったでしょうか。

カーゴポケットがなくスッキリした軍パンです。

カーゴパンツの「THE 軍パン」がちょっと苦手な人には、こちらのパンツをおすすめできます。

値段もそこまで高くなく、デッドストック品でも5,000円程度であります。

私もデッドストックで手に入れました。

最初の軍パンとしても手に入れやすいモノだと思いますので、是非ともチェックしてみてください。

ということで今回はこの辺で

次回もお楽しみに
スポンサーリンク