【革靴図鑑】Alden990/9901:コードバンを使ったプレーントゥ。
スポンサーリンク

Alden 990/9901

型番990/9901
デザインプレーントゥ
素材コードバン
ラストバリーラスト
アウトソールダブルレザーソール

1884年アメリカのボストンで創業したオールデン。

オールデンの良さの一つにコードバンモデルが多いことがある。

「オールデンといえばコードバン」そんな言葉が聞こえてくる。

そんなオールデンで定番モデルといえば、この…

990/9901ではないだろうか。

990と9901

990と9901の違いは簡単である。

コードバンの色が違うだけある。

990がバーガンディ

9901がブラック

ともにホーウィン社のコードバンが使われている。

どちらがいいのかと問われると、これは好みによる。

バーガンディコードバンは濃い赤。個体差があるため、色味が違うことがある。これは実際に見てみなければならない。また、経年変化が楽しめる。色が抜けて、赤みがますエイジングもあれば、濃さが増すエイジングもある。エイジングを楽しみたいのであれば990を選ぶと良い。

ブラックコードバンは黒が好きな方にいい。ブラックゆえにエイジングがわかりにくいが、そこはコードバン、輝きは増していく。お手入れ次第では、艶のあるブラックになる。よくある黒の革靴ではない。ブラックコードバンだからできる色味である。

どちらも素晴らしい色である。

どちらを選んでも後悔しない逸品である。

魅力と特徴

コードバンの輝きと皺

魅力は何といってもコードバン特有の輝きである。

プレーントゥは無駄な装飾がない。そのため、甲にダイナミックな皺が入る。

これはコードバンでしか出せない特徴だ。

さらに磨くことにより輝きが増す。

磨けば光る。

これはコードバンのためにある言葉ではないだろうか。

バリーラスト

ラストとは木型のことである。

ラストによって、その靴の履き心地が決まるといっても良い。

990/9901に使われているのはバリーラストである。1930年代には誕生していたラストで、オールデンの多くのモデルに採用されている。

特徴は幅広であることとロングノーズ気味であることだ。

そのため、サイズは大きめとなる。通常のUSサイズのハーフサイズアップで選ぶと良い。

そしてラストの特徴上、靴自体も大きく見える。ボリューム感があると言った方がいいだろうか。

足元にボリュームを出したい。カジュアルでも履きたい。

そんな時にもってこいのラストである。

また、履き心地も良い。多くのモデルに採用されているだけあって、万人に合うラストであると言える。特徴があまりなく、癖がないとも言える。

日本人は足幅があり、甲高と言われている。そんな日本人の足型にもフィットするラストである。

雨に弱い

雨に弱い。

これは魅力ではないが、知っておきたいコードバンの特徴である。

雨に弱いとは、雨染みができやすくコードバンの光沢が失われることに起因する。

コードバンは実は起毛している。毛を寝かせることで輝く。雨に濡れるとその毛が毛羽立ってしまう。そのため、光沢が失われ雨染みとなる。

雨の日に履けない。

靴を道具として考えるのであれば致命的な弱点である。

しかし、それを受け入れることで得られるオールデンの満足感を考えて欲しい。

スポンサーリンク

最後に

今回はAlden990/9901を紹介した。

プレーントゥのコードバン。

一見シンプルで地味な感じがするが、コードバンを使うことにより、この靴は唯一無二のオリジナル靴となる。それは、コードバン特有の皺によってだ。

しかし、コードバンというのは稀少素材

年々生産量が減り、手に入りにくくなっている。そのため価格も高騰している。

コードバンを手に入れたいのであれば迷っている暇はない。出会った時に手に入れるべきだ。

是非とも990/9901を手に入れ、個々のオリジナルへとして頂きたい。

ということで、Alden 990/9901を革靴図鑑へ記す。

スポンサーリンク
おすすめ記事