【orSlow 105と107徹底比較】 定番ジーンズ2型の違いと特徴を詳しく解説‼︎

URLをコピーする
URLをコピーしました!

THE OLD RIVER

□「月間10万pv」革靴特化のファッションブログ
「THE OLD RIVER BLOG」
□革靴インスタグラマー(毎日更新中)
(フォロワー6,700人以上)
□革靴歴7年・20足以上の革靴を所有
□理系出身
□元エンジニア&元アウトドアショップスタッフ
□経験とリサーチで「こだわりのモノ」を紹介

  • 105と107は何が違うの?
  • 買うならどっちがおすすめ?

オアスロウで定番として展開されているジーンズが105と107。他にもありますが、この2つは比較されやすいです。

皆さんはこの2型の違いがわかるでしょうか?

2型で大きく違うのはシルエットと前立てのディテール。

  • 105は少し太めのストレートシルエットでボタンフライ仕様
  • 107は細めのテーパードシルエットでジッパーフライ仕様

となっています。

105の方がヴィンテージ感が強いため、ヴィンテージジーンズが好きな方におすすめ。

107はシルエットが細身できれいなため、ジャケットやシャツとの相性がいいです。

好みに応じて選ばれるといいでしょう。

この記事では105と107の違いを徹底解説します。購入時の検討材料としご活用ください。

この記事でわかること

orSlow(オアスロウ)とは

originalityのある服を吟味しもの創りする。
めまぐるしい速さで流れていくファッションの世界で、ゆっくりと進みながら自分らしさを見つめ直していく。

19〜20世紀に誕生した衣類、特にワーク・ミリタリーから派生する衣類は、作業着に限らずファッションとして多くの人たちに愛され、今現代もなおベーシックウェアとして支持され続けています。

そういった永遠の定番服を私たちのフィルターを通してslowにデザインしていく。手から生み出されるぬくもりを大切に、細部に至るまでこだわったクオリティーの高いもの造りを目指しています。

※オアスロウ公式HPより

オアスロウには…

BASICSEASONのプロダクトがあります。

今回の105と107はBASICシリーズになり毎シーズン展開されているモデルとなります。

オアスロウ105と107の違い

105と107の大きな違いは…

シルエットとボタンフライかジップフライかです。

  • 105が少し太めのストレートでボタンフライ仕様。
  • 107が細身のストレートでジップフライ仕様。

基本的に両モデルとも13.5ozのセルビッチデニムを使用しワンウォッシュされています。

また、セルビッチでないものや加工されたもの、ブラックやホワイトなどもシーズンモデルとして展開されています。

105と107はどちらがいいのか?

これは好みの問題です。

昔ながらのヴィンテージデニムが好きな方は105の方が好きそうですし、細身のシルエットでキレイめに履きたい方は107が好きそうです。

私は後者でしたので107を選びました。

次は各モデルのディティールを見ていきましょう。

オアスロウ105について

13.5ozのセルビッチデニムを使ったストレートシルエット

旧式のシャトル織機で織られたデニムで、独特の色落ちを楽しむことができます。エイジングしたらどうなるのか楽しみな一本です。

シルエット

若干太めのシルエットですが太すぎません。

ヴィンテージデニムが好きな方ですと手に取りやすいシルエットです。

男らしいストレートシルエットでアメカジにスタイルにマッチしやすいモデルです。

ボタンフライ

105はボタンフライ仕様となります。

ボタンフライは初めて使うと戸惑いますが、使っていくうちに慣れてきて無理なく開閉できます。

また、ボタンによって独特のアタリも出てきます。単純な構造ですので壊れても修理しやすいのもポイントですね。

バックポケット

バックポケットには見えにくいですが、波打ったステッチが下の方に一本入っています。これがオアスロウの証です。

レプリカデニムにはリーバイスのアーキュエイトステッチに似せたステッチを入れるブランドもあります。しかし、オアスロウは見えるか見えないかのステッチを入れています。

ブランド力で勝負するというよりは、素材感やディティールで勝負しているような感じがします。

セルビッチのミミ

セルビッチデニムはロールアップすると通称「ミミ」が見えます。

オアスロウはステッチが薄いピンクのため「ピンクミミ」です。ちょっと言いにくいです。そしてほとんど白です。

先ほどのバックポケットのステッチ同様、主張しすぎていません。だけど個性を出してきています。

2 years wash

2年履き込んだのを想定して加工された2 years washモデルです。

エイジングが進むと淡いブルーになるようです。

ヒゲやアタリなど、バキバキに現れている感じはありません。控えめな感じがします。

ヒゲやアタリが強く出過ぎるとゴリゴリのアメカジになりそうなので、このようなエイジングの方が着回しが効くと思います。

もちろんバキバキのアタリが好きな方もいるので一概にこのエイジングがいいとは言えませんが…

オアスロウのエイジングは割とのっぺりした感じですので、ジャケパンスタイルなどきれいめなコーデにマッチします。

オアスロウ107について

107は105に比べて細身のストレート。そしてジップフライです。

IVYフィットと呼ばれるシルエットです。

IVYと名のつく通り1960年代のアイビーリーガーをモチーフにして作られたモデルです

シルエット

細身のストレートシルエット。スキニーほど細くなく、ちょうどいい細さです。

シャツスタイルやジャケットと合わせても良さそうです。着回しがしやすいシルエットです。

ジップフライ

107はジップフライ仕様です。

やはりジップフライの方が開閉はしやすいです。

ですが、ボタンフライのようなアタリは出なくなります。

この辺は個々人の好みにもよりますが…

バックポケット

107も105と同様に、一本のステッチが入っているだけです。

セルビッチのミミ

ミミも105と同様の仕様です。

2 years wash

107にも2 years washモデルがあります。

こちらも淡いブルーに色落ちし、ヒゲなどのアタリも控えめな印象です。

淡い色がクリーンな印象を与えてくれます。

夏場は白Tなどと合わせると爽やかな印象になると思います。

濃い色のトップスと合わせてもコントラストを楽しめるはずです。

また細身のシルエットということもあり、トップスにシャツやジャケット、足元に革靴を履くと大人のカジュアルスタイルが完成します。

休日でもきれいめなコーデを楽しみたい大人におすすめです

まとめ

105と107はいかがだったでしょうか。

個人的には…

  • ヴィンテージライクな105
  • モダンな107

といった印象があります。

どちらも素敵なジーンズですが皆さんはどちらのモデルが好みですか?

個人的には107が好きです。すでに持ってますし。

しかし、実は105も気になってきているんです。最近、ワイドパンツが流行っており、少し太めのパンツもいいなと思い始めました。ルーズに穿くのではなく、レングスを短めに裾上げするかロールアップして穿いてみたいです。

つまり、どちらもいいってことになるんですが…

どちらを選ぶかはあなた次第です。

ということで今回はオアスロウのジーンズについてでした。

ではこの辺で

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事が気に入ったらシェア‼︎
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事でわかること
閉じる