【プーマ✖️メゾンキツネ】ホワイトレザーにガムソール‼︎きれいめに履ける爽やかなスニーカー

URLをコピーする
URLをコピーしました!

THE OLD RIVER

□「月間10万pv」革靴特化のファッションブログ
「THE OLD RIVER BLOG」
□革靴インスタグラマー(毎日更新中)
(フォロワー6,700人以上)
□革靴歴7年・20足以上の革靴を所有
□理系出身
□元エンジニア&元アウトドアショップスタッフ
□経験とリサーチで「こだわりのモノ」を紹介

  • プーマとメゾンキツネのコラボが気になる
  • 白スニーカーが欲しい

2021年3月27日にプーマとメゾンキツネのコラボアイテムが発売されました。

スニーカーをはじめとして、Tシャツやジャケット、小物までさまざまなアイテムが展開されてました。

その中で、今回紹介するのは…

プーマのROMAをベースとしたスニーカーです。

ホワイトレザーにガムソール。そして、ヒールにはキツネの刺繍が施されたデザイン。

細身のフォルムも相まってきれいめな印象で履けるスニーカーです。

大人の休日ファッションにハマるようなスニーカー。コラボというのも特別感があり、所有欲を刺激してくれます。

この記事では、プーマとメゾンキツネのコラボスニーカーについて詳しくレビューしていきます。

また、このアイテムはプーマとメゾンキツネのオンラインストアでは完売しています。

スニーカーダンクやメルカリなどの2次流通で手に入れることはできるので、気になる方は探してみてください。

この記事でわかること

プーマとメゾンキツネのコラボについて

2021春夏シーズン PUMA x Maison Kitsuneコレクション

Maison Kitsuneの美学である”PARIS-MEETS-TOKYO (パリ・ミーツ・トーキョー)”とプーマの伝統的なスポーツスタイルが融合したMaison Kitsuneとの初のコラボレーション。Maison Kitsuneのルーツをベースに、日仏のデザイン要素とプーマのDNAを巧みにミックスしたデザインが特徴的です。クラシックなシルエットを再解釈し、ヴィンテージ感を漂わせながらもモダンなルックに仕上がっています。全体的なカラーパレットは、素朴な印象を与えるアースカラーやトーナルカラーが中心。また、随所に施されたMaison Kitsuneのロゴはフランス語で家を意味する「メゾン」と日本の「キツネ」に由来しており、インスピレーションの赴くまま自由に変化するブランドスピリットを象徴しています。

プーマ

プーマはピューマ。

メゾンキツネはキツネ。

どちらもロゴが動物のコラボとなっています。

このコラボでは、スニーカーが4型展開されています。

【国内3月27日発売予定】メゾン キツネ × プーマ ラルフ サンプソン 70 ラバー & ラルフ サンプソン 70 ミッド ラバー & ローマ

プーマのラルフサンプソンをベースにしたローカットが2型、ミドルカットが1型。

そして、ローマをベースにしたモデルが1型となっています。

ラルフサンプソンをベースにしたモデルは上部と下部で異素材を組み合わせたセンスのあるデザインに仕上がっています。

対して、ローマをベースにしたモデルはクラシックな装いを残した使いやすいデザインです。

今回紹介するのはローマをベースにしたモデルとなっています。

ディテール紹介

こちらがプーマとメゾンキツネのコラボスニーカーです。

ローマというモデルがベースとなっています。

ローマは1968年に誕生したトレーニングシューズ。

他ブランドでも見るようなTHEトレーニングシューズといったデザインです。

詳しく見ていきましょう。

ホワイトレザーにガムソール

まずアッパーに使われている素材は牛革です。

最近のトレンドとしてはサステナブルを掲げ、天然の革を使わず、エコレザーといった合皮を使うブランドも増えています。

そういった中で、天然皮革を使っているのは個人的に好きなポイント。革の素材感を楽しむことができます。

カラーはホワイトということで、夏に映えるような爽やかさがあります。

そして、ソールはガムソール。色が茶色となっています。

どことなくジャーマントレーナーを彷彿とさせるような配色ですね

アッパーとソールでの色のコントラストがアクセントとなっています。

ヒールにキツネの刺繍がコラボの証

ヒールにはメゾンキツネのトレードマークであるキツネがいます。

意外とリアルなキツネです。

このさりげないロゴが個人的にはGood

またシュータンにもコラボの証があります。

PUMAの文字の上にキツネのマークがあります。

こちらもさりげなさがGoodです

そして、内部に目を向けると踵の部分にメゾンキツネとプリントされています。

さらにインソールにも…

プーマとメゾンキツネのロゴがプリントされています。

全体的にロゴはさりげなさがあり、パッと見ただけではコラボスニーカーと気づかないかもしれません。

ですが、それが個人的には好きなポイント。

よく見ると違うってのが、なんか所有欲を満たしてくれます

コラボとして見るなら物足りなさがあるものの、普段使いするなら、これくらいがちょうど良く、長く履くことができそうです。

価格は15,400円

プーマのスニーカーは大体1万円前後で買えます。そしてメゾンキツネは大体2万円前後。

コラボスニーカーは15,400円なので、両ブランドの中間くらいの価格になっています。

プーマを普段から買っている方からすると、ちょっと高く感じ。メゾンキツネを買っている方からすると、ちょっとお得に感じるような価格です。

しかしながら、現在では公式サイトでの在庫はありません。

なので、購入する場合はスニーカーダンクやメルカリ、ヤフオクなどで探す必要があります。

参考までに…

スニーカーダンクですと価格は13,900円〜となっています。(2021年7月現在)

しかし、需要のある25cm〜27cmと女性サイズの23cm前後は2万円〜3万円という価格で、定価の1.5倍以上の値がついています。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

\ プーマ✖️メゾンキツネを探す /

その他の大手ECサイトでも売っていますが、サイズ欠けがあったり、定価よりも高い値段で売っています。サイズや価格は販売サイトによって違うので、ぜひチェックしてください。

サイズ感と履き心地

コラボスニーカーのサイズは…

26.5cmを選びました

私の足の実寸は25cm前後。

革靴は…

  • 25cm or 25.5cm
  • us7 or us7.5
  • uk6 or uk6.5

を選ぶことが多いです。

スニーカーは…

26cm〜27cmで選びます。基本は26.5cmが多いです。

革靴の場合はサイズはシビアになりますが、スニーカーはちょっとアバウトに決めます。

今回は在庫の関係もあり、25.5cmと26.5cmの2サイズを試着しました。

25.5cmだと長さは大丈夫でしたが、幅が狭くタイトフィットでした。そのためこのサイズは見送りました。

26.5cmは幅の窮屈感はなく、快適に履けるサイズ感でした。

そのため、26.5cmを選ぶことにしました。

基本的には、いつものスニーカーサイズを選べばいいかと思います。

履き心地は、意外とクッション性があります。

フワフワという感じではなく、弾力感のあるクッション性です。

革靴を主に履く私だと、スニーカーとしてちょうど良いクッション性に感じました。ローテクスニーカーという括りでいえば、クッション性は結構いい部類に入ります。

まとめ

プーマとメゾンキツネのコラボスニーカーはいかがだったでしょうか。

初コラボということもあり、期待していた方も多かったのではないでしょうか。次回はいつになるのか、はたまたこれが最初で最後になるのかはわかりません。

気になった方は早めに購入するのをおすすめします。

定価は15,400円ですが、発売から4ヶ月ほどたった現在(2021年7月現在)だと、需要のあるサイズは1.5倍〜2倍の価格になっています。この価格なら出せるという価格で折り合いをつけて購入検討をしてください。

私はというと…

セールに実店舗でセールにかかっていたのを偶然見つけて衝動買いしました。20%引きでしたので結構お得に買うことができました。

もしかしたら、実店舗に在庫が残っている場合もあるので、探してみるのもおすすめです。

ということで今回はこの辺で。

白スニーカーをお探しの方は下記の記事もご覧ください。

履き心地を重視する方は下記のオールバーズがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事が気に入ったらシェア‼︎
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事でわかること
閉じる