おすすめ革靴

海外企画のコンバースCT70 外観・サイズ感・履き心地レビュー【日本未発売モデル】

5 min 289 views

どうも、革靴好きの

THE OLD RIVERです

スニーカーの定番といえば…

コンバースではないでしょうか。

誰しもが一度は見たことがあり、履いたことがあるスニーカーだと思います。

かくいう私は…

中学生の時に一度だけ履いたことがあったかな〜…

たぶん

ということで、実はコンバースはほぼ初心者。

そして、普段は革靴を主に履いている私。

そんな私が今回はコンバースのCT70を購入しました。

知っている方も多く、ググればたくさんのレビューがあります。

しかし、私が購入したモノは意外と珍しい色味だと思います。

定番っぽくて定番ではないような色味。

なので、こんな色味もあるんだな〜といった感じで、私のレビューをご覧ください。

コンバース CT70とは?

おそらく知っている方も多いと思いますが…

日本で販売されているコンバースと海外で販売されているコンバースは違います。

いろいろと大人の事情があり、ググると詳しい説明があります。

私自身もニワカ程度の知識なので詳しいことは、他の方の説明を見たほうがいいと思います。

ただ簡単に言うなら…

  • 日本はコンバース・ジャパンが企画・販売
  • 海外はNIKE傘下のコンバースが企画・販売

していること。

そして、今回紹介するCT70は海外企画のモノ。

日本では正規での販売ができないモデルです。

日本と海外企画で何が違うのかというと、大きく異なるのが…

  • ヒールパッチのデザイン
  • あて布の有無
  • フォルム
  • クッション性

この辺りです。

これについてはレビューしながら見ていきましょう。

ではいってみよう。

CT70の外観レビュー

これが今回購入した…

CT70です。

CTとは、チャックテイラーのことで1930年代〜70年代に作られていたオールスター。

そのため、CTの後ろの70は年代を表しています。

1970年代に作られたオールスターの復刻がCT70ということになります。

海外企画のコンバースで販売されているため、日本では手に入らないモデルです。

今回は、この復刻チャックテイラーを見ていきましょう。

Front

まず、なんか違和感を感じませんか?

確かにデザイン的にはCT70なんだけど、なんか物足りなさを感じると思います。

こちらは定番カラーのもの。

見比べると違いがわかると思います。

大きな違いはアッパーとソールの間のラインがないことです。

そのため、よりシンプルでミニマルな印象があります。

個人的にこのシンプルさに惹かれて購入しました

通常のよりもよりヴィンテージ感やミリタリーのトレーニングシューズ感なある気がします。

THE コンバースって見えにくいのもポイントですね。

つま先は少し小ぶりな印象でシュッとしています。

ボリューム感のあるスニーカーが流行っている昨今ですが、個人的には細身なスニーカーが好みです。

日本企画のコンバースと比べると全体的にスマート。

左が日本企画。右が海外企画。

どうでしょうか?

見比べるとなんとなく違いますね。

フォルムは好みですが、スニーカーにスマートさが欲しい方は海外企画のCT70の方がいいと思います。

Side

サイドはこんな感じ。

ここでもちょっと違和感。

通常のものと比べると…

ソールの間にあるラインがありません。

なので、全体的にワントーンになっています。

大人っぽい印象があります

ラインがあるとガジュアル感とコンバース色が強い気がします。

それはそれでありなのですが、コーデのバランスを考えるとライン無しの方が合わせやすいと思います。

そして、CT70は前足部に特徴があります。

それがあて布です。

このように赤丸で囲った部分にステッチがあり、もう一枚布が縫い付けられています。

元々バスケットボールシューズということもあり、耐久性を向上させるための補強となっています。

細かい部分ではありますが、コンバース好きから見ると「おっ」と思われる部分です。

ちなみに日本企画版ではあて布はありません。

日本企画のオールスター

やはりオリジナルに忠実な海外企画のCT70の方が男は好きかもしれませんね。

そして、あて布は内側にもあります。

親指と小指が当たる部分はしっかりと補強されています。

また内側の土踏まず部分には、穴が2つ空いています。

ベンチレーションの役割があり、中の蒸れを逃してくれます。

役に立っているのかは良くわかりませんが…

Back

踵の部分にはパッチがついています。

これがCT70かどうかを見分ける時に重要になってきます。

通称「3つ星」と呼ばれ、大きな星の左右に小さな星が2つあります。

さらにブロック体でCONVERSE ALL STAR

筆記体でChuck Taylor と書かれています。

日本企画なモノは…

日本企画のオールスター

大きくALL STARと書かれています。

全く違うので見分けるのは簡単ですね。

Inside

シュータンの裏にはこんな感じで名前が書けるようなっています。

なんかスクール感があって面白いです。

そして、海外企画と日本企画で大きく違うのが履き心地と言われています。

なぜ履き心地が違うのか、その理由はインソールにあります。

インソールは取り外し可能。

青く見えるところもクッション性があります。

そして、取り外したインソールは…

これくらいの厚み。

結構厚みがありますよね

伝わるかわかりませんが、押してみるとこんな感じ。

結構弾力がある感じです。

履いてみるとフワフワっとした感じ。

ローテクスニーカーとしてはクッション性が高いのではないでしょうか。

普段は革靴ばかり履いている私にとっては十分過ぎるほどのクッション性に感じました。

Outsole

アウトソールはこんな感じ。

意外とグリップ力もあります。

また、アウトソールを見ると結構細身なのかなって印象です。

サイズ感

サイズは26cmを選びました。

実寸のサイズは25cm前後で、約1cm大きめ。

感覚としてはちょうど

狭くも広くもない感じです。

ちなみに26.5cmも試着しました。

こちらは少し長い印象。なので、踏み込んだ時に前足部の感覚がちょっと違和感。つま先の位置が合ってない感じでした。

普段はジャストの革靴を履いていることもあり、どちらというとジャスト目のものが好みなので26cmにしました。

人によってはデカ履きする方も多いと思いますが、実寸の足のサイズから1cm以上大き目を選べばいいと思います。

どこで買えるの?

冒頭で、日本では正規で販売されていないと書きました。

どういうことかというとコンバースのショップに行って買えないということです。

では、どうすれば良いかというと3つの買い方があります。

  • 古着屋で買う
  • 楽天で買う
  • 海外通販で買う
  • 海外で買う

古着屋では、海外買付を行っていることが多く、海外企画のコンバースを販売している可能性があります。しかし、サイズや色など求めているものがあるかはわかりません。

楽天で探すと海外企画のCT70が見つかります。ネットだと偽物かを疑う人がいますが、基本的に楽天は偽物の販売ができないようになっているため、本物です。

しかし、価格が15,000円くらいするので結構お高めです。

ネットだと海外通販サイトを利用する方法もあります。

有名なのはSSENCE。

日本からでも比較的簡単に利用できます。海外で販売されているモノが買えるため、コンバースも海外企画となります。

価格も楽天に比べると安く1万円前後で購入可能です。

最後に海外で買う方法。海外で販売されているモノは全て海外企画。なので、海外のコンバースショップに行けば容易に買うことができます。

私は中国在住。なので、普通にコンバースショップで購入しました。

価格は定価で約9,000円。

割引などがあると約6,000円ほどで購入できます。

定番のブラックやホワイトは割引対象外になることが多いですが、その他だと比較的割引になっていることが多いです。

海外旅行や出張等がある場合はついでに購入するのをおすすめします。

まとめ

CT70はいかがだったでしょうか。

おそらく知っている情報も多かったと思います。

それだけ良く知られているモデルなので。

私よりも詳しい方はいくらでもいると思うので、物足りなさを感じた方はググってみるといいと思います。

正直、私はニワカなので…

まぁコンバースはこだわると沼にハマりそうです。

今回紹介したのは復刻版ですが、その他にもヴィンテージや別注、コンバースアディクトなど、様々なコンバースがあります。

探し出したらキリがないかと…

あまりこだわりはないけど、シンプルでシュッとしたスニーカーが欲しい方は今回紹介したCT70がいいと思います。

これで十分です。

ということで今回はこの辺で。

関連記事
the_old_river

the_old_river

中国在住の革靴好き。
月間8万pv達成の「THE OLD RIVER BLOG」を運営。
主に革靴、ファッションアイテムを紹介しています。時々、中国ネタも。
Instagramでは毎日革靴の写真をアップ中。

商品のレビュー・お仕事依頼はお問い合わせから。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です