【何コレ⁉︎】スエードのオールデンがおしゃれ。

はじめに

タオバオや闲鱼で見つけた何だこれはと思う革靴を紹介する企画。

題して、

「何コレ?」

です。

私自身、革靴歴は浅いですので、自分の知識向上も兼ねてます笑

今回、「何コレ⁉︎」と思ったのはどんな革靴でしょうか。

さっそく見ていきましょう。

スエードのオールデン

オールデンといえばコードバン。

と、よく言われますが

コードバン以外のモデルも勿論あります。

今回はスエードに焦点を当ててみましょう。

スエードとは

スエードは皮の床面(裏面)をサンドペーパーで毛羽立たせた(バッフィング)ものである。

主に仔牛革、羊革、山羊革などが用いられます。

私の所有するスエードはビルケンシュトックのチューリッヒ。

写真でもわかる毛羽立ちが特徴です。そして、その素材感はどこか温かみがあり、秋や冬などの寒い時期に履きたくなります。

でもビルケンシュトックはサンダルだけど…
ビルケンシュトックのスエード

オールデンにもスエードモデルはあります。

通常、スエードの色は

ブラウンやベージュ系の色が主です。

今回はこれ以外のスエードを見つけたので紹介します。

白のスエード

白のスエード。

上:プレーントゥ 下:ローファー

白のスエードは日本のラコタハウスで展開があります。ホワイトスエードとブリックソールを組み合わせたモデルはホワイトバックスと呼ばれています。

出典:ラコタハウス

そして、このホワイトバックスが手に入らなくなるかもというニュースがあります。

ビギンの最新号(2019年2月号)では

「さよならAword」と題してホワイトバックスが紹介されています。

これによると、現在工場にあるホワイトスエードが最後の取り扱いとなるようです。

ラコタハウスの公式サイトでも

最後"?"と思われるALDENのWHITE SUEDE PENNY LOAFER。

※ラコタハウス

このように紹介されています。

こう言われると欲しくなる。

でもな〜

白だと汚れが目立つという懸念があります。

と言っても、スニーカーは白を履いてたことを考えると、そこまで気にしなくていいのではと思ったりします。

白スニならぬ、白オールデン。

いいな〜

ローファーならバンズやコンバース感覚で履けそうな感じがします。

悩ましい。

ここで上で紹介したオールデンの詳細を見てみましょう。

Alden 29330F

素材/カラースエード/アイボリー
ラストバリー
アウトソールシングルレザー
ウェルト360 ストームウェルト
特徴アンラインド

正式なカラーはアイボリーです。

デザインはプレーントゥ

ラストはオールデンで定番のバリー。万人に合いやすいラストです。

特徴的なのはアンラインド。前半分がアンラインドで非常に柔らかな履き心地だと思います。

私の所有するアンラインドも非常に柔らかく履きやすいです。

白なので夏場に映える一足です。アンラインド仕様なので素足で履いてもいいかもしれません。

サイズが合えば結構欲しい一足。

Alden 96960


素材/カラースエード/
ライトベージュ
ラストカプリ
アウトソールシングルレザー
備考リジェクト品

写真だと白に見えますが、調べてみるとライトベージュのようです。

そう言われると若干くすんでいるような…

ラストはカプリ。

そう、カプリラスト…

カプリラストとはなんでしょうか?

ということで、オールデンのラスト表を見てみましょう。。

出典:color8.com

これを見ると…

ありました。左から4番目です。

オールデンのローファーといえば、

「ペニーローファーに使われるバンラスト」

「タッセルローファーに使われるアバディーンラスト」

が有名です。

そして、今回のカプリラストはラスト表を見るとアバディーンラストとバンラストの中間あたりにあります。

幅が広すぎず、狭すぎといった感じでしょうか。

少し調べてみるとビギンの公式サイトで紹介されていました。

これによると、モカ縫いの位置が内よりなのがアバディーンラストに似ており、全体的なフォルムはバンラストに似ているとのことです。

確かに、最初写真を見た時はモカ縫いの感じからアバディーンラストかと思いました。

そして、ソールを見るとそこまで細くないなと…

なるほど。コレがカプリラストなんですね。

いや〜なかなかいいですよね、これ。

ライトベージュということで、実物の色がどの程度か気になります。白よりなのか、ベージュよりなのか。

写真だと完全に白寄りですが…

ローファーだとスニーカー感覚で履ける気がします。夏場だと短パンに合わせてもいいかも。

夏まで売れ残ってたら、購入検討します…

ネイビーのスエード

Alden 15770F


ネイビースエードのシングルモンクです。

型番が隠れて見えませんが、インソールに

UNIONMADE と書かれています。

これはサンフランシスコにあるセレクトショップの名前です。

そのため、これはUNIONMADE別注品ということがわかります。

調べてみましょう。

グーグルさーん
Alden UNIONMADEで検索

UNIONMADEの公式サイトがありましたが、現在(2019/12)はアクセスできません。

ということで、画像検索から地道に探すと…

ありました。

eBayで出品されています。

こちらの写真の方が鮮明です。さらにラストの情報もありました。

モデル15770F
ラストハンプトン
アウトソールシングルウォーターロックレザー
ウェルト270 flat welt

ハンプトンラストですので、オールデンの中では細身です。シングルモンクのスマートなデザインに合っていると思います。

色味も濃すぎず、薄すぎず、良い塩梅です。

デニム好きの私に取っては、この色が実にいいです。

是非、デニムと合わせたい。同系色で脚長効果も期待できます笑

Alden 29331F


モデル29331F
ラストバリー
アウトソールシングルウォーターロックレザー
特徴アンラインド

先程のホワイトスエードのネイビー版です。

バリーラストでアンラインドモデルです。ネイビーの場合、ソールの色とのコントラストが絶妙にいいですね。

ネイビーに茶色。

アズーロ・エ・マローネ

B.R.CHANNELのYouTube動画で勉強しました笑

Alden 24083


こちらは水色のスエード(たぶん)

光の当たり具合で水色に見えている可能性もなくはないです。

いや〜でもこれは水色ですよね。

型番は24083

検索しても、同じようなものが出てきません。

インソールにLEFFOTとあります。

こちらはニューヨークのショップです。

サイトを検索するとこんなモデルがあります。

おそらくこちらの色違いではないかと思います。

こちらのスペックは

ラストOrleans
アウトソールLeisure II rubber dress sole

えっと……

何ですかね?このラスト。

Orleans (オルレアン)

……何でしょうか?

The Orleans last fits similar to the Barrie but is slightly more narrow.

※出典:TRUNK

こちらのサイトにほんの少し書いてました。

つまり、バリーに似ているけどバリーよりは細身ということです。

なるほど

さらにソールも初めて見ました。

Leisure II rubber dress sole

見た目と名前から、ドレス寄りのラバーソールということがわかります。

オールデンのロゴが入っており、オールデンオリジナルのラバーソールのようです。

溝をよく見ると小さくAldenと書かれているのもいいですね笑

実物を見てみたい

おわりに

スエードのオールデンはいかがだったでしょうか?

個人的にホワイトスエードはありだなと思いました。

実はスエード靴を持っていないので、一足欲しいところです。

最初はブラウン系がいいかな〜

でも、ネイビーも結構よかったな〜

夏場は白もいいよな〜

と考えながら

私の右手がポチッと購入しないように…

今回はこの辺で

次回もお楽しみに
おすすめ記事