【革靴】オールデン(中古靴)を買ってしまった…

はじめに

我慢できませんでした…

まぁちょっと早いクリスマスということで自分を納得させ、そしてボーナスにも期待して…

買ってしまいました。

オールデン 

しかも、コードバン

しかも、よくわからないやつ

ということで、今回は開封の儀を行います。

スポンサーリンク

開封の儀

オールデンの靴箱から

オールデンといえばこの緑色の靴箱。ちょっと角が潰れてますが、そこはご愛嬌。中国の配達状況を見ると潰れても仕方ないかと思います。

ここからでは、モデル名がわかりませんので角度を変えてみましょう。

ここから見ると、左下にモデル番号、そして右下にサイズとウィズが表記されています。

今回ですと…

モデルD7507F
サイズUS 7.5
ウィズD

こうなります。

私の場合、オールデンのサイズはUS7かUS7.5です。ラストによって変わります。

今回は細身のラストなのでUS7.5でいいかなと判断しました。

そして気になるのはモデルです。

D7507F ???

って皆さん知ってますか?

いや〜私は知らないです。

まっ箱だけ見せられてもつまらないので次にいきましょう。

開封

最初に見えたのはオールデンのシューバック。意外とこれいいですよね。旅行する時はこれに入れて持って行きます。

でも、肝心の靴が見えません。

じゃこれをどかして…

おおっ

でました。ビニールに包まれたオールデンが…

これはなんでしょうか?

プレーントゥ?Vチップ?ロングウイング?ストレートチップ?

買う前から私は知ってますけど…

では、箱から出してみましょう。

箱から出しました。まだちょっとわからないですね。

オールデンの金色の文字がチラッと見えます。

では、開封も終わりましので今回はこの辺で

次回もお楽しみに
………
おいおいおい。
ちょっと待て🤏

そうですよね。

ここでは終わらないです笑

じゃビニールも取っ払っちゃいましょう。

ドーン
👏👏👏👏👏👏👏👏

ということで今回購入したのは、外羽根式パンチドキャップトゥです。

しかも、バーガンディのコードバンです。

キャップトゥといえば、ラコタハウスから展開されているのがこのモデル…

出典:ラコタハウス

でもこれは、56201。そして、モディファイドラスト

あれっ番号が違う。D7507Fじゃない。ということはモディファイドラストでもない。

ということで、モデル名から少し調べてみることにしましょう。

どんな靴なのか調べる

まずは、再確認。

番号はD7507F。靴内部と靴箱に書かれたものは一致します。

この番号から読み取れることはなんでしょうか。

@shogo.rさんのブログ「前略、物欲が止まりません。」にヒントがありました。

こちらの記事を読むと

先頭のアルファベット「D」の意味がわかります。

アルファベットは別注した国を表すようです。

そして、Dはアメリカです。つまり、アメリカのどこかの店が別注したということです。

次はグーグル先生に聞いてみましょう。

D7507Fで検索。

続々出てきました英語のサイトが……

……………

そりゃそうですよね。アメリカの別注品なんですから。

ということで、サイトを見ていくと…

ええっと……

うーんと………

ないですね………販売サイトが

ということはオンライン販売がないか、もう販売していないかですね。販売サイトが見つかれば、靴の説明が見れると思ったのですが。

しかし、海外のフリマ?サイトにありました。

おおっ〜だいたいの情報が書いてありますね。

ラストはプラザです。少し細身のラストです。そして、ソールはシングルソール。

また、こんなのも見つけました。

英語ですけど……

でもご安心を、わたくし英語がまぁまぁできます。TOEICは620点です(びっ微妙)

ということでざっくり翻訳すると

翻訳文

オールデンの外羽根式ストレートチップ、コードバンNo.8、アンラインドのUS10.5を売っちゃうよ。これはシングルフレックスソールでプラザラストなんだよね。プラザラストってのは普通のUSサイズよりちょっと長いかな〜(まっフィット感はサイズ通りだからいいっしょ)。

オールデンの型番はD7507FでAlden of Carmelの別注品なんだよ。

ジーンズとかチノパンに合うし、タイドアップしても大丈夫っす。

オリジナルの靴箱とシューバッグも付いてるよ。でもシューツリーは無理〜。支払いはPayPalね。送料は35ドルでーす。

こんな感じで翻訳できました。

つまり、別注したのはAlden of Camelです。アメリカのショップですね。別注した国がアメリカですので、このショップ別注品で間違いないかと。でも今はAlden of Carmelのサイトにはありませんでした。

もう一つ特筆するのはアンラインドということです。これは後々見ていきましょう。

続いては製造年をみてみましょう。

先程の写真から

7E08X014

この番号があります。先頭2文字が製造年を表すそうです。

ということで、

7E 

数字は完成した時の西暦の下一桁ということですので、これは…

2017年、2007年、1997年ということになります。うーんどれでしょうか。

そして、アルファベットは靴が完成した月を表すようです。Aは1月、Bは2月…と言う風にです。

Eですと5月ですね。

10年以上経ってる感じもしませんので、これは

2017年5月に製造された(たぶん)と言うことになります。

調査結果

調べた結果をまとめると以下になります。

モデルD7507F
素材コードバン No.8
ラストプラザ
ソールシングルソール
ウェルト270 flat welt
製造年月2017年5月
別注ショップAlden of Camel
特徴アンラインド

なかなかいい感じに情報が集まりました。これぐらいで十分ではないでしょうかね。

次に外観を見て行きたいところですが、今回は特にコメントをしないようにします。

今後レビュー記事を書く予定ですので、そちらで外観には触れていきます。

と言うことで今回はギャラリー形式で写真を見てください。

今回は写真を見せるだけ〜〜笑

追記

こちらの記事で、新たな事実がわかりました。

デザイン、製造年、オーダー番号を見ると…

Brick+Mortarの別注品かもしれません。

詳しくは上記の記事をチェック。

D7507F 開封したての姿

こんな感じです。最後の写真はちょっと、おぉ〜ってなりました。

では、今回はこの辺で

次回もお楽しみに
次回は中古靴メンテ編です。
スポンサーリンク
コメントを残す

関連キーワード
おすすめ記事
update記事