【アウトドア】mont-bell スペリオダウン ラウンドネックジャケット Review:コートやジャケットの下に着れるダウン。冬のマストアイテム。

はじめに

数年前から、秋冬の定番アイテムとなっているインナーダウン。

秋にはアウターとして、冬にはジャケットやコートのインナーとして使える万能アイテムです。

ユニクロでも販売されており、低価格で入手しやすくもなりました。

今回はそんなインナーダウンの火付け役となったであろうモノを紹介します。

スポンサーリンク

基本情報

ブランドmont-bell (モンベル)
モデルスペリアダウン ラウンドネックジャケット
素材EXダウン 800FP

雑誌などの紹介で一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

こちらは日本が誇るアウトドアブランド、モンベルのインナーダウンとなります。

ラウンドネックっとなっており、襟がないため重ね着しても首元がキツくならないのが特徴です。

ラウンドネック

アウトドアシーンにおいて重ね着(レイヤリング)は、暖かさを保つために非常に重要となっています。そのため、重ね着しやすいダウンとしてこのようなデザインが生まれたと思います。

ファッションシーンでも、コートだけでは保温性がないため寒く感じると思います。そのため、厚手のニットやスエットなどを重ね着している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このインナーダウンであれば、ニットやスエットの代わりとなり、かつ、保温性はそれらよりも上です。

ダウンと言うとモコモコして嵩張ると思うかもしれませんが、インナーダウン場合、モコモコ感はあまりありません。しかし、体を保温する機能は十分に備わっています。

その秘密はダウンにあります。次の項でダウンについて説明します。

モンベルのダウンについて

ダウンとは

そもそもダウンとは何でしょうか?

そして、皆さんが着ているその服はダウンでしょうか?

ダウンと似ているものに中綿があります。もしかしたら、皆さんがダウンと思っていたものが中綿かもしれません。ダウンと中綿は似て非なるものです。購入の時はご確認ください。

ダウンとは

ダウンとは、「グースダウン」「ダックダウン」とも呼ばれるようにガチョウ(グース)やアヒル(ダック)の羽毛のことを言います。

中綿とは

中綿とは、主にポリエステルなどの化学繊維やキュプラなどの植物由来の再生繊維で作られています。つまり、人工的に作られた綿(わた)のことです。

ダウンと中綿の違いがわかりましたでしょうか?

大きな違いは、天然繊維であるか化学繊維であるかです。用途としてはどちらも保温です。

どちらも用途は保温であるため、

「どちらを選んでもいいんじゃない?」

と思うかもしれませんが、それぞれ特徴があります。保温という用途以外にどんな場面で使うのかも考え選ぶ必要があります。

ダウンと中綿の違い

ダウンの特徴

メリット

  • 保温性が高い
  • 軽量
  • コンパクトになる

デメリット

  • 水に弱い
  • 手入れが難しい
  • 値段が高い
中綿の特徴

メリット

  • 水に強い
  • 手入れが簡単
  • 値段が手頃

デメリット(ダウンに比べると…)

  • 保温性が劣る
  • コンパクト性が劣る

ダウンと中綿で注目すべき点は、保温性と水の耐性です。

保温性ではダウンに軍配が上がります。ダウンは水鳥の羽毛です。その鳥たちが寒さの中、生き残れるのは羽毛(ダウン)の保温性能があるからです。

しかし、水に濡れるとダウンの保温性は著しく低下します。水に濡れることで暖かい空気を溜めるスペースがなくなり保温性が低下します。ダウンにとっては水(汗)は天敵です。汗を多くかかない状況で着るのがいいです。

中綿はダウンに比べ保温性は劣りますが、水に対しての耐性があります。そのため、濡れた状態でも保温性を維持できる特徴があります。つまり、汗をかく行動中に来ても大丈夫ということです。

※現在、ブランドによって様々な特徴を持つダウンや中綿があります。水に強いダウンであったり、発熱する中綿であったり。ここで述べたことは一般的なことです。

ダウンの品質を表すFPとは

こちらのダウンは800FP(フィルパワー)です。FP(フィルパワー)はご存知でしょうか?

FPとは、簡単に言うとダウンの品質を表す単位となります。数値が高ければ高いほど品質が良いです。

550〜700が良質なダウンと呼ばれています。アパレルで使われるダウンはこれぐらいだと思います。モンベルでは800〜1000FPの高品質なダウンを使っています。

では、FPが高いと何が変わるのでしょうか?

答えは、

「ダウンのロフト(かさ高さ)が変わる」

です。下図を見てください。

同じ量のダウンがあった場合、FPが高いほどロフトが高くなっています。そのため、暖かい空気を多く溜めることができ保温性が良くなります。そして、FPが高ければ少ない量でも暖かいとうことになります

出典:モンベル公式サイト(https://www.montbell.jp)

インナーダウンの場合、重ね着しても嵩張らないようダウンの量を調整していますが、それでも暖かいのは高品質なダウンを使っているからです。

また、ダウンの量が少なければ単純に重量も軽くなります。そして、小さく圧縮できコンパクトになります。携帯性もいいですので、鞄の中に入れておくこともできます。

その一方で、品質が高くなれば値段も比例して高くなります。ファッションとして、インナーダウンを購入する場合は800FPで十分な保温性があります。登山シーンで使う場合は、バッグの大きさ、全体の重量を考慮した上でお選びください。

ダウンボールとフェザー

ダウンと一言で言っていますが、ダウンジャケットに入っているのはダウン(ボール)とフェザーです。下図を見るとわかりやすいです。

出典:https://www.nishikawa-store.com

ダウンボールは芯の無いフワフワしたものです。暖かい空気を溜め込み膨らみます。

フェザーは羽根ですので芯があるもので、膨らみません。こちらは型崩れを防ぐためにあります。

フェザーで骨組みを作り、そこにダウンボールが付いてダウンジャケットのモコモコ感になります。

ダウンボールとフェザーの内訳はブランドやモデルによって異なります。確認するようにしましょう。高品質ダウンに多いのはダウン90%、フェザー10%やダウンボール80%、フェザー20%です。

質の良くないダウンを使っているとフェザーの量を増やし、厚みを出している場合もあります。

ジャケットになると厚みがあり、暖かそうに見えますが性能としては…と言うこともあります。基本的にタグに内訳が書いてありますので確認するようにしましょう。

ダウンのまとめ

ダウンについてまとめると以下のようになります。

  • ダウンは保温性が高い
  • 水に弱い
  • FPが高ければ品質が良い
  • 軽量
  • コンパクトになる

モンベルのダウンの詳しい内容はモンベル公式サイトで解説されています。下記よりご覧ください。

スポンサーリンク

写真で見るインナーダウン

Front

襟のないラウンドネックとなります。

そして、スナップボタンです。ボタンは留めるとパチっと音が鳴ります。留める力は強くはないので、脱ぐ時はひとつずつ外す必要がなく、勢いよく開くと外れます。着脱が簡単です。

ラウンドネックとスナップボタン

胸元にはmont-bellのロゴマークがあります。こちらはプリントではなく、刺繍です。

首元にはタグとループがあります。ハンガーが無い時でもフックにループをかけることができます。まぁあまり使うことはありませんが…

Back

後ろには特に何もありません。バックプリントも反射版などもありません。インナーダウンですので特に必要もないですが…

表と同様、ボーダーのような仕切りがあります。ダウンジャケットの良く見られるものです。

モンベルではシングルキルト構造と呼ばれています。これはダウンの偏りを防ぐためにあります。仕切りがない場合、1箇所にダウンが溜まり全体の保温性が低下します。

ちなみに女性用ではキルティングパターンが異なります。

出典:モンベル公式サイト

女性用ですと、菱型のようなキルティングパターンとなります。mont-bellのロゴも下の方になります。また、シルエットも異なります。

男性で身長が低い方が女性用を選ぶことが稀にあります。モンベルの場合、男女でシルエットが異なるため男性が女性用、または、その逆をするのもオススメしません。

シングルキルト構造とは

表地と裏地をつぶし縫いで縫製。ダウンの片寄りを防いで保温効率を高め、軽量コンパクト性にも寄与します。

※モンベル公式サイトより

ラウンドネックジャケットのダウン

こちらのラウンドネックジャケットは800FPとなります。その内訳はダウンボールが90%、フェザーが10%です。モンベルのダウンジャケットはこの内訳が多いです。

ちなみにタグに書いてある、#1101503はモンベルの品番になります。お電話で商品の問い合わせをする場合はこちらの番号を言うとスムーズに対応してくれます。

ラウンドネックジャケットの良さ

中間着として素晴らしい性能を持っています。そして、着回しもしやすいです。

私は春と秋ではアウターとして使います。ロンTやシャツの上から羽織るだけで暖かいです。

日中は暑い時もありますので、その際はカバンに入れておきます。コンパクトになるのでカバンの中でもそれほど場所はとりません。500mmペットボトルくらいの大きさです。

冬にはシェルジャケットやコートの下にきます。シャルジャケットは防水・防風ではありますが、保温性はほぼありません。

外温が低ければ、寒いです。そこで、保温のあるインナーダウンを着るとすごく暖かくなります。

防風のジャケットですと暖かい空気を逃がさず、冷たい空気を入れないため、保温性能が抜群に良くなります。魔法瓶のようです。

真冬にコートだけですと実際寒いです。インナーダウンを着るだけで劇的に暖かくなりますので、お試しください。

おわりに

モンベルのインナーダウンはいかがだったでしょうか?

1枚持っておくだけで、着回しできますのでとてもオススメです。モンベル以外でも、様々ブランドから販売されています。キルティングパターンが異なっていたり、ダウンの品質や特徴が違ったりします。お気に入りのデザインがあればそちらでもいいと思います。

ですが、今回紹介したように、ダウンであるか中綿であるか。そして、ダウンの品質と内訳はどうなっているかなど確認してから購入することをオススメします。

インナーダウンはここで買える

モンベルの店舗・オンラインショップで買う

モンベルは全国各地に店舗があります。お近くのモンベルストアでご購入ください。また、モンベルストアが近くにない場合、オンラインショップがありますのでそちらでお買い求めください。

その他で買う

基本的にモンベルの商品はモンベルストアでの販売です。自社のブランドを自社の店舗で販売することで卸による価格上昇を抑え、高品質でありながら、他ブランドより価格を抑えているというのが背景にあるようです。

ということで、他のアウトドアショップでモンベルの商品は少ないです。

しかし、インナーダウンに関してはファッションアイテムとして認知され、セレクトショップに陳列されていることもあります。有名なお店で言うとZANOUです。こちらは大阪と東京に店舗のあるセレクトショップです。お店の詳しい情報は下記のリンクよりご覧ください。また、Instagramでは着こなし方も見れますので併せてご覧ください。

では、今回はこの辺で

次回もお楽しみに
スポンサーリンク
おすすめ記事