【中国】広州の革靴事情 part.1
スポンサーリンク

はじめに

自己紹介でも書きましたが、現在(2019年)私は中国の広州に住んでいます。
広州って皆さん知っていますか?
北京、上海、広州と大都市として知られる街です。
場所は南で香港に近いところです。
※旅行のとも、ZenTechより
 
飲茶(やむちゃ)が有名で、食と言えば広州とまで呼ばれています。中国は辛い料理というイメージですが、広東料理は辛くなく、日本人でも食べやすいです。
簡単に広州の説明でした。
 

中国広州の革靴事情ってどうなの?

はっきり言って、ほとんどの人が革靴を履いてないです。ほぼスニーカー。例えば、ナイキのAJ、アディダスのイージーブースト(偽物も多い)、コンバースなどなど。
革靴を履いている人は、おそらくお堅い職業の人。スーツを着る職業の人です。
そして、その革靴はおそらく合革とか、数千円で買えるようなものなど。
いわゆる高級靴を履いている人はほぼ見ないです。たまに見る人は、日本語を話しています。つまり、日本人です。
 
スポンサーリンク

どうして革靴を履かないのか?

それは、気候が関係してと思います。1年を通して比較的暖かい、温暖な気候。このブログを書いてる11月でも、半袖が着られます。
そんな気候で革靴を履きますか?履きませんよね?

私は履きますけど

次に働き方。広州ではスーツを着て働いている人は日本に比べて圧倒的に少ないです。暑いから基本的にジャケットを着ません。ほとんどの人は日本で言うオフィスカジュアルか単にカジュアルな服装。私自身もジーパンにシャツスタイルです。
カジュアルな服装ならスニーカーを履きますよね?
私は革靴を履きますけど
スニーカーブームも理由の一つだと思います。世界的にスニーカーブームの昨今。中国もスニーカーはマストアイテムだと感じます。街中の人の足元を見ると(特に中心地の街)、高級ダッドスニーカーのバレンシアガ、アディダスのイージーブースト、ナイキAJシリーズ、名のあるスニーカーをよく見かけます。
その中には、えっこれって本物?と疑いたくなるものも多数あるのが中国っぽいですが。
スニーカーブームなら革靴よりもスニーカーを履きますよね?

私は革靴を履きますけど

 
ということで、革靴を履いている人はほとんどいないという結論です。もし、広州に遊びに来てオールデンやパラブーツを履いてる人がいたら、それはきっと私です。
 
以上、中国広州の革靴事情の話でした。
次回は、中国での革靴の買い方をお送りしたいと思います。
需要があるかわかりませんが。
 
スポンサーリンク
コメントを残す

関連キーワード
おすすめ記事